FC2ブログ

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会


隠された毒ガス兵器


小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎






森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           

※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!


  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    関東大震災と朝鮮人虐殺「なかった」ことにしたい集会、誰が参加するの か?   

                   

 

    歴史改ざん(「風を読む」)


           被服支廠キャンペナーズと喋ろう

   被服支廠キャンペーン

                 【日航機墜落事故の真相】

今の日本の実態!!



9月24日に行われた「731部隊と人権ー裁判から考える」を下記のアドレスからダウンロードできます。
11月24日までダウンロードが可能です。
録画
 
パワーポイント資料

 



 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る

 




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??

 

10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)












 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日


 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



 おわりに


    私はいくつになっても事実を追究する。

 私は、わが国で初めて、文献に基づき背蔭河の生体実験の内容を解明し、さらに満州伝研(満州国衛生技術廠) についても光を当てることができたと確信している。

 戦前日本の医学者が中国大陸で行った許しがたい膨大な生体実験の裏には、常に伝染病研究所の宮川米次と陸軍の小泉親彦がいた。

 彼らは自国の結核病解決のために、背蔭河、満州国衛生技術廠で中国人を実験動物とした生体実験を行い、自国の結核問題を解決に導こうとした。さらには新しい病原体の発見にも生体実験を行った。

 「同仁会」の宮川米次は、軍と協力のうえ、1938年から始まった細菌戦(731部隊)では細菌戦に使用可能 な細菌の選択、細菌戦の実践を行い、中国の「同仁会」支部では、細菌製剤の製造、改良を、中国人を実験動物として行ってきた。これらは人類史上かつてない暴挙である。

 今まで中国での生体実験の責任者は、陸軍の石井四郎といわれてきたが、私が今まで述べてきたように、これは大きな間違いで、彼は宮川米次や小泉親彦から委嘱された現場責任者であったといえる。




 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。


2部

第1審判決に対する原告団、弁護団の怒りの声と控訴審の決意

 

第1章 原告団から

「前事不忘、後事之師」の実現

楊大方(原告、浙江省衢州市)

今回、日本の裁判所で何十年前も前の細菌戦が事実だと認めさせることが出来たのは、皆さんの熱心な取り組みのお陰です。裁判所に細菌戦の事実を認めさせたということは、今後の闘いにとても有利だと思います。

 しかし、今回の裁判の判決については、非常に落胆しました。怒りの気持ちでいっぱいです。事実は認めるけれども、謝罪もしないし賠償もしないというのは、非常に遺憾であり、不公平な裁判だと思います。今後も皆さんの支持を受けて最後まで闘いたいと思います。



731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 


二月二十日

鞍山の街も変わりこそしないが私たちの心をしっかりつかんでくれる。小学校の生徒は元気に飛んでいる。ゴルフ山からはひばりが鳴きそうな気がする。和やかな春が、目を出す春が目前に来た。並木の一枝一枝に青黄に燃えるような葉がでたらどんなにうれしいだろう。青いものといえば鐘をたたいて回らねば見つからないような所に・・・このような森・・・御伽噺に出るような平和になるだろう。蝶ちょの飛ぶ満州だもの矢張りうれしさは 冬の悲しみの長いだけに内地の桜以上であろう。正午中隊に帰る。早くも二十日、二月もおさらばだ。

 

    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 



挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 

1  広島への最初の旅


  昨日死んだ若い娘の死体が解剖を待っている部屋の回りの様々な部屋を僕はぐるぐるまわってゆく。ライト・ステインという名の染色剤で染めた血液を顕微鏡でのぞき、白血球の数を片手に握った計算器に記録している娘たち。顕微鏡の中で染められた白血球は葡萄の粒々のようだ。僕は1立法ミリについて9万個も白血球のある血液を載せたスライド・ガラスを覗く。責任者の若い女医はは83万個の白血球のある血液を持った老人に出会った。いうまでもなく老人は死んだし、今僕が見つめている血液の持主も既に死者となっている。

 

 

  日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行


Ⅰ 731部隊


ノミの大量生産

細菌の毒力試験の生体実験を行った


篠塚良雄

731部隊・少年隊




毒力試験

 当時、731部隊でペストの“エンペロープワクチン”を開発したと言われていました。その効力、他の国のペストワクチンとの比較、またそれに勝る細菌を作り出そうとする意図のもとでありました。5名の方々に対してそれぞれの方法でワクチンを注射し、あるいはワクチンを注射しないで、それぞれの反応を見ました。

 ワクチンを注射しない方が、一番早く発病しました。私はその方を最初から知っていました。インテリ風で頭脳明晰といった感じの方でありました。睨みつけられると目を伏せる以外に方法がなかった人です。この方が一番最初に感染しました。ペストの進行に従って、真っ黒な顔、体になっていきました。まだ息はありましたが、特別班の班員によって裸のまま解剖室に運ばれました。

 

 


 

 ・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」

 



上坪鉄一供述書(1954年5月19日)

 
問:引き続き3たび中国に渡り鶏寧憲兵隊長就いたあとの犯罪行為について述べよ


答:1944年9月、鶏寧憲兵隊長に異動になったのち、強制的に逆スパイとして使われていた中国抗日地下工作員の報告がすべて嘘であったことを発見、よって「特移扱」処理とすることに決め、私から憲兵隊司令官に申請し、輸送命令に従って、部下に命じハルピンの特務機関へ移送させた。さらに特務機関から石井部隊に移送し、細菌研究実験用に供した。石井細菌部隊送りとなって殺害された者については、すべてこのような手続きがとられた。1944年11月頃、勃利憲兵分隊長木村光明少佐に命じ、中国抗日地下工作員李東昇を偵察、逮捕させた。李の自供により、 平陽、鶏寧地区には関係者が多数いることが判明した。



●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

第1章毒ガス兵器の製造と教育

 

2 日本陸軍の毒ガス兵器製造工場

 

忠海兵器製造所と曽根兵器製造所


  陸軍は、1940(昭和15)年4月に、陸軍造兵廠と陸軍兵器廠(兵器・弾薬・資材などの補給機関)を統合して陸軍兵器本部が両者を統括することとしたので、各製造所は同部長の直属となり、毒ガス関係でも東京第2陸軍造兵廠忠海兵器製造所・東京第2陸軍造兵廠曽根兵器製造所と改称された。また、42年10月に陸軍兵器行政本部が設置されると、造兵廠は陸軍兵器行政本部長の直属となった。

 

 



 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)



訳者あとがき

 

 満州事変による植民地支配体制の確立と共に、毒ガス実戦訓練の場はやがて中国東北地区に移り、ソ連を標的に、効果測定のための人体実験の要素を加えながらより大規模に展開して、731細菌部隊と連携していく。この間の経緯も本書で初めて解明された。そしてここで大量に蓄積された毒ガス弾と毒剤は、日本の敗戦によって山河に遺棄され、戦後50年の悲惨な被害者と環境破壊を生み出し、増大させてきた。黒竜江省の歴史家として著者はこの問題から出発して、80年の歴史に対決されたのだ。日本軍の毒ガスは、日中戦争中万里の長城以南の中国本土で、戦闘員、非戦闘員を問わず、大量、無差別に凄惨な被害を引き起こした。勿論本書でも、中国側資料に基づき詳細に記述されている。

 

 







 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題

 

●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

釘うち拷問

残忍極まりない取り調べ

 

原田左中(はらださちゅう)

憲兵軍曹

〈旧部隊名〉

元関東軍第一特別警備隊第五大隊第一中隊

 

全身に身震いを感じ、脇の下に冷たい汗が流れた。兵隊も立ち止まって銃を構えた。黒い山鳥が1羽雑木の間から飛び出し、頭の上を飛び去って行った。「チェッ」やっと胸の動悸が収まった。「畜生ッ、おどかしやがらあ」兵隊が呟いた。

私は再び黙って歩き出した。大樹峪(たいじゅこく)村を通り抜け2㎞も南に進んだと思われる頃、前方150m位のところに人影の動くのに気が付いた。私は今度こそは高橋伍長に負けないぞと、手で彼を制して側のくぼ地に身を伏せ、じっと様子をうかがった。人影は1つ、こちらに向かって歩いてくる。時計を見るともう12時を回っていた。



 


 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)


第3 『化学学校記事』裁判の問題点と争点


  私達は、被告国の主張を覆す証拠として、上記の藤井治夫氏が収集した資料の保管者から提供を受けて『化学学校記事』16号(1970年発行)の写しを法廷に証拠として提出しました。

 しかし被告は、『化学学校記事』16号が1970年1月に発行された事実を指摘されながら、不合理にも認否を拒否し続けました。

 私達が被告の不誠実な訴訟態度を強く批判した結果、ようやく被告は2020年2月の準備書面で、『化学学校記事』第16号に関与した人物1名に接触し、『化学学校記事』16号の発行の事実を初めて認めました。しかし、その一方で「高齢であって体調面にも大きな不安があることから陳述書作成に協力を得られなかった」と弁明し『化学学校記事』がいつまで発行されていたのかを調査しようとしません。


 

DEMO RESE TV「731部隊の真実part1」



 

・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判は(第16回)東京地裁?号法廷(未定)は

12月16日(水)11:00~になりました。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

1、生物・化学兵器を告発する

 

禁止への努力

ウ・タントは、報告書の中で、「化学兵器の使用についての我々の知識は、ほとんど第1次世界大戦での経験によるものである」とし、次のような認識の必要性を強調している。

「それは第1次世界大戦で惨禍をもたらしたイペリット、ホスゲンなどの毒ガス兵器以上に強力な化学兵器が出現したためである。第2次世界大戦中、ドイツが殺虫剤を開発していた時に発見された神経性ガスなどがそうである。この神経性ガスは現在米ソが強力に開発を進めている。また一時的に戦意を喪失させる精神錯乱ガスも出現した。さらに、細菌遺伝学の進歩により、どのような薬剤も効かない生物兵器も生まれた。第2次世界大戦当時のように既存の伝染病菌を利用するものと異なる“新しい伝染病菌”の出現も見るようになった。

 そして化学兵器は一般の農薬、医薬品の研究開発・生産と全く同様の施設で造られる。生物兵器も普通の微生物研究機関で大量に製造できる。ある程度の科学水準の国なら、秘密裏にいくらでも高性能の生物・化学兵器を製造できる。従って、『いかなる生物。化学兵器も、ひとたび戦争で使用されると、同種の、より危険な兵器や、他の大量殺戮兵器の使用という深刻なエスカレーションの危険が出てくるだろう。端的に言えば、生物・化学兵器と、それに対する防衛手段の開発は、必ずしもそれに見合う安全保障の利点を伴うことはない』からである」という。

 

●昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

2001年ピュリッツァー賞受賞

 

 


※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

 皇室の命運に対する偏見にとらわれ、対ソ外交を楽観視していたこれら指導層は負け戦を終結させる機会を何度か見過ごした。昭和天皇とその非公式の戦時内閣である最高戦争指導会議は、19452月には、現実を直視し、講和を求めるために決定的な行動をとることができたはずである。このとき、近衛上奏文が提出され、近衛と重光外相はともに、日ソ中立条約はなんら日本を守ることにはならない、ソ連はヨーロッパの情勢が好転すればためらうことなく極東に軍事介入するであろうと天皇に警告していた。陸軍情報部も、同じく夏にはソ連の対日参戦があると警告していた。その時点で、本土では小規模な空襲ばかりだったが、そのうちに都市爆撃は回を追うごとに激化する一方になるだろうということを、彼らは確かに知っていたのである。


 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

 

電力とエネルギー論


 2003年8月14日にニューヨーク大停電が起こると、自動車王国だから交通は問題ないと思うのだが、大群衆が道路一杯にあふれてぞろぞろ歩いて帰宅するという珍妙な光景が見られた。停電になれば、現代人はパソコンに依存しているので、仕事が全く何もできなくなるが、それはタバコで一服すれば済む話だ。しかし、電車・列車、エレベーターが動かなくなり、信号が消えるので交通が渋滞して消防車が火災に出動できず、手術中の病院では自家発電機で短時間は乗り切れても、深刻である。浄水場でポンプに頼っている水道も出なくなる。冷蔵庫が長時間消えれば、食品が全滅する。現代人は、極めて危うい電気器具に頼り切っているのである。

 


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリート(アスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 


核兵器禁止条約

署名国と批准した国

2020年8月5日現在の署名国と批准した国。

署名国            署名日              批准日 (締約日)

 パラグアイ         2017年9月20日        2020年1月23日

 ペルー          2017年9月20日

 フィリピン        2017年9月20日

 セントルシア         2018年9月27日        2019年1月23日

 サモア                                   2017年9月20日                          2018年9月26日

 

 


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について






なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!




















 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
http://ping.blogram.jp/rpc/75299
ブロとも一覧
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード