FC2ブログ
2019/03/24 (Sun) 細菌戦の系譜!!



731部隊関連行事
(戦争と医の倫理)パネル展とシンポジウム
武見太郎と金原節三の関係
第21回『衛生学校記事』情報公開裁判
日本反戦平和記憶国際シンポジウム
4月18日(木)ビザ発給拒否国賠裁判(最大の山場)
ABC企画総会・講演、「講演と合唱の夕べ」
ソビエト連邦、中華人民共和国とハバロフスク裁判の忘却1949-1956
情報公開裁判、意見交換会、細菌戦センター総会・講演
731部隊関連年表
人体実験疑い 京大調査継続せず(731部隊)
日本の核開発(加藤哲郎さん)

明仁・日本政府・日本医学会は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ
日本の核開発

「徴用工問題」とは何か


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!

●ニュース
人体実験疑い 京大調査継続せず

イージス・アショア 田岡俊次 青木理




人間爆弾・桜花を発案した男の「あまりに過酷なその後の人生」

ロシア疑惑の捜査終了 米司法省、週末にも議会報告

大韓航空労組、厚労省前課長に謝罪と賠償を要求

戦後の「闇」優生保護法 障害者らに繰り返された強制不妊手術

なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


JOC会長の後任選びは山下氏を軸に 国際的な信頼回復が課題


天皇神話はいらないのでは?
天皇皇后両陛下 来月伊勢神宮へ 最後の地方訪問



竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


731部隊員・長友浪男軍医少佐の戦中・戦後、甲第1855部隊考、他


国立公文書館で公開された留守名簿を巡る問題


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30




京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に

●横浜「戦争の加害展」感想
2月10日
・GHQだかマッカ-サ-だかが云いました日本人の精神年齢は12才だと。それから74年……進歩?して今はチコちゃん並みの5~6才ですね。歴史はそこから学ぶものでありますが、嬉しい事に特に壊憲派の人々は歴史とはつごうの悪いものは隠し改竄するものです。加害を云うと自虐だとされようともよく認識する必要が在ります。P.S.北方領土問題がそうですが、そもそも自業自得の面も在ります。日本軍の小野寺信氏(情報武官)がヤルタ密約を掴み本国に打電したが、握り潰された結果が今に至っていると思います。被害より加害を知る事が大切だと思います。(男性60代市内)



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
青年の美しい恋

だから、近江属が、その写真を見て、彼女だと気付かぬはずはない。
「はい、今戸さんの写真でありますが、・・・・」
「何!が、とはなんだ?貴様、女からもらったのだろうが」
「いいえ、拾ったのです」
浜中の答えに、私は人ごとながらひやりとした。投げやりとも思える浜中の態度には、明らかに反抗的な雰囲気があったから、それが近江属の癇に障らぬはずはなかった。
「ひろったァ?嘘をつけ!女の写真なんか眺めてにやにやしやァがって。・・・それで貴様満足な勤務ができると思ってるのか!ん?」
近江属の右手が今にも飛びそうに後方にひかれている。やられるな、と私は思った。しかし、それを察した浜中の方が機先を制するように、自分で眼鏡をはずし、
「近江属殿は、自分の言うことが信じられないのでありますか?自分は確かに拾ったのです。嘘だと思われるなら、なんとでも気の済むようにしてください」
「きさまァ!」
と、怒鳴りながらも、近江属はとうとう手を出しかねて、しばらくじっと浜中を見つめたままだった。浜中の顔は、青白い稲妻が走ったようにぴりぴりと緊張に震えている。



・陸軍軍医少佐 平澤正欣の学位授与授与の内容
(731資料センター会報28号より:西山勝夫「731部隊問題、克服への道」より)
1945年6月6日に京都大学医学部教授会で審査後纏められた平澤正欣論文要旨(国立公文書館学位授与記録より翻刻、京都大学公文書館の内容と同一)は以下の通り




京都大学は何を学位授与に値すると認定したか。【先人の見解と異なり「イヌノミ」もまた人類に対する「ペスト」媒介蚤なる新事実を発見せり】、人と獣(イヌ)、両方同じ媒体、「イヌノミ」により「ペスト」に感染すること、「ペスト」の人獣感染を新事実として評価しました。ネズミ、モルモットやサルで実験をやっていて、どうして人に感染したと言えるのでしょうか。
審査員の戸田元医学部長、木村医学部長は731部隊に教え子を送った人達です。彼らは、自らも陸軍軍医学校の嘱託研究員などを務め、戦後に戸田は金沢大学の学長、木村は名古屋市立大学学長になったことで知られています。
これらの論文を2014年から15年に検討し、15年3月の戦医研例会で紹介し、問題を、以下の4点にまとめました。
・実験対象がヒトであるにもかかわらず、「さる」と偽った
・当該対象者を治療することを目的とした実験ではなかった
・当該対象者の発症後も治療せずに死亡に至るまで経過を観察した
・死亡後の学位授与認可
・・・・・
人体実験疑い 京大調査継続せず

第45回定例研究会(公開)のご案内

日時 2019年3月24日(日)11:00~17:30
会場 京都大学医学部構内 医学部先端科学研究棟1階セミナー室(大)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_i.html (地図上の16番の建物)
ホームページ https://japan-war-medicine.jimdofree.com/ 

資料代 1000円

14:00~15:00 第19回会務総会
15:10~17:30 一般演題

1. 優生保護法強制手術に見る宮城県の状況と背景―検証する視点の模索  村口 至(坂総合病院)
2. 日中、太平洋戦争ー軍部衛生部に組み込まれていった医学生、医師たち  莇昭三(城北病院)
3. 「留守名簿」石川県内48件の訪問調査の報告         池田治夫(戦医研北陸支部)
4. 京都大学による旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証      西山勝夫(滋賀医科大学)







日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第5章 陸軍習志野学校

残酷な軍事演習
教育総監の真崎甚三郎も称賛の態度を持し、彼の日記に以下のように記した。
「5月18日 金曜日 曇り(事故発生の翌日ー筆者)
午後1時、衛戍病院に今村大佐以下今回の毒ガス患者を見舞い、その苦労をねぎらい志気を鼓舞せり。
・・・・・・・
5月21日 月曜日 雨
・・・・・・・・・・
予は校長に対し、「未経験のことは何人が行うとも若干の失策を生ずるは当然なり、患者に対しては気の毒にて何とも申訳なきも、国軍に貢献せこと頗る大なり、吾人は必ずこれをして最大の価値あらしむる如く研究せざるべからず、此れ即患者に対する最大の申訳なり」




(広島県大久野島毒ガス工場)




●登戸研究所資料館(明治大学平和教育登戸研究所資料館ガイドブックより)
第二展示室


風船爆弾の被害・アメリカの反応
1944(昭和19)年11月に放球時の事故で6名の日本の兵士が死亡したほか、1945年5月にはアメリカのオレゴン州でピクニック中の子どもと大人が不時着した風船爆弾に触れて6名が死亡するという被害がありました。
アメリカ側では、試験放球のうちから風船爆弾の飛来を察知し、海軍研究所を中心として飛来数や場所等を集計して対策に当たりました。西海岸の広範囲に警戒網が張られました。また、アメリカ国内の混乱を避けるため、新聞・ラジオに対して報道管制が敷かれましたが、オレゴン州での被害が出た後、その管制は解除されました。日本では、1945年2月の新聞に中国経由の情報として風船爆弾の戦果を伝える記事が掲載されましたが、事実ではない戦果を伝えるもので、これ以降に風船爆弾の着弾情報が日本へ入ることはありませんでした。

風船爆弾の着弾地点
地図上の赤い点が風船爆弾の着弾が確認されているところ(361か所)。
アメリカ大陸に1000発以上が着弾したと推定されている。






●特集 軍拡に走る安倍政権と学術①

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表


2、戦争医学犯罪に医学界・大学医学部はどうかかわったのか

3、戦後、日本の戦争医学犯罪は裁かれなかったのか
■隠蔽・極秘取引・タブー・無視と検証・克服
―これらのことについて、戦後の医学界・医療界、医学者・医師はどのように向き合ってきたのでしょうか。団体の動きや、個人の発言などもふくめて紹介してください。

戦中だけではなく戦後にも陸軍軍医学校防疫研究報告が医学博士の学位授与のための論文として提出されていたことも明らかにされました。さらに2012年に着手した、京大や東大の学位授与記録の調査では、731部隊と関係が深かった諸教授が戦後も学位審査委員として学位授与に関与したことなどが明らかになりました。前述した2011年に明らかになった細菌兵器による攻撃についての新資料は、元部隊員が学位授与(1949年)に際して提出した論文の一部で、主査は、戦中に東大の伝染病研究所で指導に当たった教授で当時、医学部長、日本医学会会長でした。京大の学位授与記録調査では、1959年9月になっても学位が授与されており、その主査および副査2人中1人は元部隊員で戦後京大医学部教授になった人物でした。

ということは、金子順一論文は、田宮猛雄が主査だったのか。戦後、田宮が日本医師会会長だった当時、副会長は、仁科の下で、原爆の開発に携わった武見太郎。武見は、1955年に第4代衛生学校長になった金原節三と通じていた。
戦時中は、国家総動員だったから、日本の医学界は、国家に協力し、731部隊に関与した。戦後の日本医師会は、田宮や武見が牛耳っていたから、731部隊のことに関しては、緘口令を敷いた。

田宮猛雄・・・1927年 東京帝國大学伝染病研究所教授に就任。
1931年 同大学医学部教授となる。衛生学講座を担当。
1945年 医学部長に就任。
1948年 日本医学会会長に就任、亡くなるまで務める。
1949年 東京大学を停年退官。名誉教授となる。
1950年 日本医師会会長となり、2期務める。
1962年 国立がんセンター総長となる。

武見太郎
1930年(昭和5年)に医学部を卒業、内科学教室に入ったものの、教授との折り合いが悪く退職した。1938年(昭和13年)理化学研究所に入所、仁科芳雄の指導の下、放射線が人体に与える影響を研究した。翌年には、研究活動の傍ら東京・銀座の教文館ビルに武見診療所を開業し、開業医として生計を立てながら政財界の要人とも交わるようになり、吉田茂に指示されて、高血圧症を患っていた米内光政を往診したこともあった。
戦後、中央区医師会から日本医師会の代議員となった。1950年(昭和25年)3月、日本医師会副会長、1957年(昭和32年)4月には同会長に就任し、以後連続13期25年に渡って在職した。
1973年(昭和48年)の防衛医科大学校の設立に貢献、また翌年の東海大学による医学部設置に便宜を図った。



昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)



●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?
第21回『衛生学校記事』情報公開裁判

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


衛生学校の人々
園口忠男(第8代衛生学校長 在任期間 1969.8.1~1971.6.30)

自衛隊員赤痢人体実験(当時陸佐)実施時期 1967.6.1~7.31
1、研究論文 「集団赤痢発生防止の研究」について
研究者   陸上自衛隊衛生学校副校長    陸将補   園口忠男
陸上自衛隊研究部第2研究室長  2等陸佐  時岡正十郎
指導    陸上自衛隊衛生学校長      陸将    中黒秀外之
支援    陸上自衛隊勝田施設学校長    陸将補   吉武
論文記載  「研究年報」(昭和42年度)第1分冊  昭和43年9月、陸上自衛隊衛生学校

1、研究内容概略
(イ)目的  成人集団人体実験による赤痢及び食中毒予防効果の追跡
(ロ)被験者 陸上自衛隊 勝田部隊隊員 約1600名の成人集団
(ハ)期間  昭和42.6.1~昭和42.7.31
(ニ)試験材料 「株式会社ミドリ十字」で開発した乳酸菌製剤「ポリラクトン」
(ホ)試験要領
ポリラクトン:耐性乳酸菌 乳酸菌製剤/止瀉・整腸剤 早川予防衛生研究所 KKミドリ十字 吉富製薬
部隊被験者約1600名をほぼ2分し、1群に真正カプセル(ポリラクトン)を、他群にプラセボを昭和42年6月1日より7月31日に至る2か月間連続投与、(日曜日は除く)
薬剤服用における副作用と赤痢予防効果を見ることを期待したところ、偶然投与コースの途中で赤痢患者若干の発生があり、さらに投薬終了直後、集団食中毒(細菌性)の発生があって、効果判定の好機会を得た。薬剤投与(プラセボ投与を含む)の期間と、事件発生の関係は左表の通り。(略)
勝田市衛生局(保健所)に届出がしていないのはなぜか。(法定伝染病届出義務)



第5代衛生学校長
井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年


第8章 昭和維新と統制



煽動を抑えるため、岡田内閣は35年10月15日には国体明徴に関する第2次声明を出さざるを得なくなった。〔すでに8月3日には、より穏健な内容の第1次声明が発せられていた〕。この声明は陸軍省が用意し、陸海軍次官が協議して改訂した草案に基づいて、作成された。「我国に於ける統治権の主体が天皇にましますことは我国体の本義にして帝国臣民の絶対不動の信念なり。(中略)統治権の主体は天皇にましまさずして国家なりとし天皇は国家の機関なりとなすが如き所謂(いわゆる)天皇機関説は、神聖なる我国体に悖り其本義を愆(あやま)るの甚しきものにして、厳に之を芟除(さんじょ)せざるべからず」。これがその内容だった。実際、岡田内閣は、2度にわたり美濃部の憲法理論を異端の学説として公式に禁止したのである。第2次声明が出されたのち、陸軍上層部はさらなる倒閣の試みに対する支持を撤回した。このころ、文部省は儒教的な社会規範、仏教哲学、国家神道による愛国主義に基づいた新たな倫理体系を展開させ始めていた。主要な右翼団体による共同戦線が結成され、欧米思想に「出ていけ!」と叫び、皇道派の主義主張に基づく改革に 「歓迎!」の意を表明することに挺身したのだった。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!








スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<03/24のツイートまとめ | TOP | 03/23のツイートまとめ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nobu51g.blog36.fc2.com/tb.php/5507-035b841e

| TOP |

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブックマーク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

http://ping.blogram.jp/rpc/75299

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード