fc2ブログ

この世の地獄!731部隊・南京大虐殺

ノブの雑感のタグをクリックしてください!!

「日の丸」・「君が代」反対!!
●731部隊とはどんな部隊であったのだろうか?元731部隊員の告白記を見ていこう。越 定男著(元関東軍第731部隊第3部本部付運輸班員)『日の丸は紅い泪(なみだ)に』(発行所:教育史料出版会)と言う本を見てみたいと思う。

 越定男(こし・さだお)・・・1918年3月長野市に生まれる。
1934年工業高校機械科を卒業。1939年渡満、第642部隊に入隊。1941年第731部隊(石井部隊)に入隊。以後4年間細菌班をはじめ運輸班などに勤務。1945年8月敗戦により引き揚げ、9月長野に着く。戦後第731部隊員としての経歴を隠しながら苦難の日々を送り、現在に至る。

●私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!


731部隊

『日の丸は紅い泪に』(越定男著:教育史料出版会)より

Ⅱ 日の丸染めて

(昨日の続き)特別車ダッヂブラザース
試用期間3ヶ月が終ると、雇員になり、念願の第3部運輸班に入ったのは、昭和16年のかなり暖かくなってからであった。ようやく、自動車関係に入れて喜んだが、これがまたなかなかの大変な仕事だった。
 その仕事は、まず第3部部長江口中佐の送り迎え、診療部看護婦の通勤輸送、平房郵便局とハルピン郵便局間の郵送物の輸送、米・味噌を含む酒保品の輸送、それに通学バスの運転などであった。平房からハルピンの学校へ通う児童・学生は20人ほどいたが、これに便乗する家族もあった。
 ところが、それより少したつと、私の任務は隊長車、平房本部消防車の運転、特別車での「マルタ」の輸送と重要なものとなり、毎日緊張の連続であった。部隊の中枢部にかかわる仕事なので、次第に731部隊の全貌をみつめることにもなっていった。
 マルタの受領場所は3,4ヵ所あった。ハルピン駅の端にある憲兵隊分室、ハルピン特務機関、ハルピン憲兵隊本部とそしてもう一ヵ所は、ハルピン市内の石塀に囲まれたクリーム色の洋風2階建て建物の地下室であった。そこはなんとハルピン日本領事館なのだ。そして、その地下がマルタのたまり場であったことに、私はかなりショックを受けた。なぜなら、仮にも領事館といえば、戦争中といえども、日本外交の表玄関とも言うべき機関の建物なのだからだ。(明日に続く)

※ハルピン日本領事館の地下がマルタ(生体実験される人を731部隊ではマルタと呼んだ。)のたまり場とは!国を挙げて細菌兵器の開発を全面的に進めていたことがよく分かる!!大元帥昭和天皇ももちろん承認していただろう!!(ノブ)

日本軍細菌戦部隊

日本陸軍軍医学校(東京)
関東軍第731部隊(ハルピン)・・・関東軍各師団防疫給水部
華北方面軍甲1855部隊(北京)・・・華北方面軍各師団防疫給水部
華中方面軍栄1644部隊(南京)・・・華中方面軍各師団防疫給水部
華南方面軍波8604部隊(広州)・・・華南方面軍各師団防疫給水部
南方方面軍岡9420部隊(シンガポール)・・・南方方面軍各師団防疫給水部
関東軍第100部隊(長春)

   
516部隊

   
731部隊

  
  
731部隊は天皇の直接命令によってつくられた。


  
化学兵器CAREみらい基金ブログ

  
大久野島(毒ガス島)

  
中国人戦争被害者の要求を支える会

  
中帰連

  
ハイナンネット
 
  
南京への道:史実を守る会

  
根津公子さんのページ
  

南京大虐殺     

「この事実を・・・・」

(「南京大虐殺」生存者証言集:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/編 加藤 実/訳) (発行:ストーク、発売:星雲社、定価2000+税)

2、日本軍の狂暴な個人的虐殺

本人の受けた害

朱漢祥(男、67歳)の証言
 1937年には、家は科巷85号で、シャオピン焼きを生としていました。冬月11日に日本軍が南京を占領する前に、家中で難民区に入り、高家酒館に住まいました。冬月11日の日の午後3時頃、科巷に前にいた張老三というのが、その家は科巷でばら理髪店をやっていて、やはり高家酒館に住まうようになったのですが、それが自分の店を見に行くと私を誘いに来ました。華僑路に出たところで、張老三が日本兵に捕まって行きましたが、私はその機に乗じて急いで新街口の方へ逃げ、新街口銀行の入口まで逃げた時に、日本軍に見つかり、引きずられて行って馬車を御させられ、大行宮まで御して行った時に、日本兵がラオチュー(老酒)があるかと聞き、食堂を一軒教えると、その食堂に入っていったので、私は直ぐ逃げたのです。道々少なくない死体が見え、胃や腸が外に出てしまってるのがあったりで、とても大路は歩けず、小道を回り道し、避けては歩き歩いては身をかわしして夜になってやっと家に着きました。(明日に続く) (湯許が記録)
憲法9条

「Imagine9」【合同出版】より

はじめに


戦争のない世界なんて、夢ものがたりでしょうか。
いいえ。戦争は、人がつくり出すものです。だから、人は、戦争のない世界をつくり出すこともできるのです。
 世界の人たちは、長い歴史の中で、戦争のない世界をつくるために、がんがえ、行動してきました。
戦争で傷つき、苦しんできたからこそ、もうこんなことはくりかえしてはならないとかんがえたのです。
 日本は憲法9条で「戦争はもうしない。だから軍隊はもたない」と決めました。世界の多くの人たちは今、「自分たちも」と9条をえらび始めています。
 それなのに、私たち日本に生きる者が見失ってはいけません。9条を失うことは、日本だけでなく、世界にとっての損失だからです。
 世界中の国が憲法9条をもったらどんな世界になるでしょう。この本ではそのことを想像してみてください。



第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


ノブの雑感のタグをクリックしてください!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
http://ping.blogram.jp/rpc/75299
ブロとも一覧
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード