fc2ブログ

この世の地獄!731部隊・南京大虐殺

ノブの雑感のタグをクリックしてください!!

「日の丸」・「君が代」反対!!

●民主党の相原久美子議員が平頂山事件の現場に行き、国会議員24人の署名のある謝罪状を手渡しました。中国通信社の記事
●国家的犯罪:731部隊の実験で亡くなった多くの方々に対して、日本は謝罪も補償もしていない。犠牲者のご遺族の精神的ショックはいかほどのものか?大変なものだろう!!
●私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!


731部隊の足跡

中国侵略日本軍第731部隊罪証陳列館 編纂
『中国侵略日本軍第731部隊』(日本語版)より

5、細菌兵器を実戦に

大規模な細菌戦実施は、731部隊の細菌の研究と生産の目的である。1939年、731部隊はノモンハン戦争で細菌兵器を使用し、その後、1940年に浙江省(せっこうしょう)の寧波地域、1941年に湖南の常徳地域、1942年には浙贛鉄道沿線など地域にて、日本軍の侵攻戦に呼応して細菌攻撃を行い、多くの罪無き庶民に被害を与えた。その他、南京1644部隊(細菌戦部隊)の協力の下に、日本軍華北方面軍第12軍は1943年の8月から10月にかけて山東省西部衛河流域で「方面軍第12軍18秋魯西作戦」と呼ばれる細菌戦を実施した。第二次世界大戦終了後、この細菌戦に参加した当時日本軍第12軍軍医部長だった川島清を含む多くの戦争捕虜の自白と中国側の計算によれば、魯西の聊城、臨清を含む18の県だけで少なくとも20万人がこの細菌戦で惨死している。これら細菌戦に参加し、なおも生きている一部者どもは、その罪状を否定しているが、被害地域に健在する被害者たちは弁護士の協力の下に日本政府に訴訟を起こしている。

細菌戦訴訟

主な細菌戦

731部隊による細菌戦
 ノモンハン細菌戦寧波細菌戦常徳細菌戦浙贛細菌戦
作戦期間1939年8月1940年7月~12月1941年11月1942年7月~8月
作戦地点ノモンハン杭州ー寧波(にんぽー)南昌杭州金華
参加人数200人100人40~50人160人
現場指揮官石井四郎大佐石井四郎大佐太田澄大佐石井四郎少将
碇常重大佐太田澄大佐碇常重大佐村上隆中佐
使用細菌腸チフス菌ペスト菌ペスト菌ペスト菌、腸チフス菌
 腸チフス菌 パラチフス菌、コレラ菌
 コレラ菌 炭疽菌
投与法河に投入高空投下高空投下高空投下
731部隊は遠征隊を常に派遣し、各部隊に協力し侵略戦争に参加していた。


日本軍細菌戦部隊

日本陸軍軍医学校(東京)
関東軍第731部隊(ハルピン)・・・関東軍各師団防疫給水部
華北方面軍甲1855部隊(北京)・・・華北方面軍各師団防疫給水部
華中方面軍栄1644部隊(南京)・・・華中方面軍各師団防疫給水部
華南方面軍波8604部隊(広州)・・・華南方面軍各師団防疫給水部
南方方面軍岡9420部隊(シンガポール)・・・南方方面軍各師団防疫給水部
関東軍第100部隊(長春)

   
516部隊

   
731部隊

  
  
731部隊は天皇の直接命令によってつくられた。


  
化学兵器CAREみらい基金ブログ

  
大久野島(毒ガス島)

  
中国人戦争被害者の要求を支える会

  
中帰連

  
ハイナンネット
 
  
南京への道:史実を守る会

  
根津公子さんのページ
  

南京大虐殺     

「この事実を・・・・」

(「南京大虐殺」生存者証言集:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/編 加藤 実/訳)

2、日本軍の狂暴な個人的虐殺

本人の受けた害

朱錫生(男、74歳)の証言

 私の生まれた家は安徽省(あんきしょう)の寿県で、ちょうど満1歳の時に母が死にました。民国20年くらいかに、生家では生活していけなくて、父が私を連れて南京にやって来たのですが、父は天秤棒で大きなかごを担いで廃品を回収したり、その廃品を売ったりし、私はそれについて歩いてくずやぼろを集め、何とか暮らしを立てていました。
 民国26年(1937年)には、私は22歳でした。日本兵が南京を攻めに来て、陰暦の冬月11日に入って来たのでした。入ってくる前に、私は父と一緒に難民所に行きましたが、そこはそのころ福音堂と呼ばれた所で、今の19中学です。何日もしないある日の午後4時くらいでしたか、日本兵が人を捕まえにやって来たので、私は病気の振りをして地べたに横たわり、布団をかぶっていて、難民所の証明の紙を取り出して見せましたが、日本兵は見もしないで破り捨てました。私を入れて3人捕まりましたが、他の2人は知らない人でした。捕まってから、日本兵は私たち3人を河岸の方へ連れて行き、河岸まで来た時に、その2人は日本兵に刀で斬り殺されました。1人の日本兵が私を斬ろうとするので、私は家に80過ぎの年寄りがいて私に頼って生きているので・・・などと哀願したのですが、聞いてもわからないと思い、手まねを加えて、老人のひげが長くて長くて、などとやったりしたのです。そこへ、不意に又3人日本兵がやって来て、まだ私にははっきりとは見えない内に、その内の1人に後ろから刀で首の後ろを斬り付けられ、ばったり地に倒れました。その時そうだと思い付き、着ていたのが破れたオーバーだったので、歯でしっかり衿をかんだまま、息が口から漏れないようにし、既に斬り殺された振りをしました。何分かたって、日本兵が脚で私を何度もけりましたが、死を装ったまま動かないでいたら、「スーラスーラトィ(死了死了的=死んじまえ、しんでしまえ)」と言うのが聞こえ行ってしまいました。それがもう夕方5時くらいになっており、暗くもなって来ていて、痛くてたまらなく、着物が何処も血でべとべとでした。暗くもなり、日本軍の行ってしまったら、すぐに逃げ出してやろうと思いました。(明日に続く)


憲法9条

「Imagine9」【合同出版】より

武器を使わせない世界

核兵器を全面禁止することこそ必要です。世界のNGOは、「核兵器禁止条約」をつくることを提案しており、国連で交渉を始めることを呼びかけています。
 生物・化学兵器は、国際条約ですでに全面禁止されています。もちろん禁止しても、隠れて開発する国や人々が出てくる可能性はあります。その時には国際機関が査察を行い、科学技術を用いて調査し、法に従って解決すべきです。

 ノルウェーは2006年、地雷や核兵器といった非人道兵器を製造している企業に対しては、国の石油基金からの投資を止めることを決めました。日本は、「核兵器をつくらない」「もたない」「もちこませない」という「非核三原則」をもっています。
 原爆を投下された日本は、「やり返す(報復)」のではなく「この苦しみを誰にも繰り返させたくない。だから核兵器を廃絶しよう」という道を選びました。私たちは、この考え方をさらに強化して、世界に先駆けた行動をとることができるはずです。



第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

ノブの雑感のタグをクリックしてください!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
http://ping.blogram.jp/rpc/75299
ブロとも一覧
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード