fc2ブログ

この世の地獄!731部隊・南京大虐殺

ノブの雑感のタグをクリックしてください!!

「日の丸」・「君が代」反対!!

●民主党の相原久美子議員が平頂山事件の現場に行き、国会議員24人の署名のある謝罪状を手渡しました。中国通信社の記事
●国家的犯罪:731部隊の実験で亡くなった多くの方々に対して、日本は謝罪も補償もしていない。犠牲者のご遺族の精神的ショックはいかほどのものか?大変なものだろう!!
●私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!


731部隊の足跡

中国侵略日本軍第731部隊罪証陳列館 編纂
『中国侵略日本軍第731部隊』(日本語版)より

4、細菌兵器の研究開発

14世紀半ば、ペスト病が欧亜大陸を襲い、ヨーロッパでは4分の1近い人口の命が奪われた。そのため、細菌兵器の危険性は国際社会に広く知られ、ペスト菌を主剤とした細菌兵器の開発と生産は硬く禁じられていた。ヨーロッパ訪問後の石井四郎はこの事情を知っていたものの、彼の率いる731部隊はその禁令を破って細菌兵器の開発を続けた。彼は日本医学界の有能な学者を集めては細菌兵器の研究に従事させ、ペスト、コレラ、腸チフス、炭疽などの病菌を細密に研究し大量繁殖させた上、ペストウィルスを感染させたノミを用いて細菌戦を数多く行った。その他、ウィルスを持つ陶器爆弾など細菌使用兵器の設計にかかった。1940年、細菌の保存とその殺傷力増強のため、731部隊は粉末状の細菌の大量生産をはじめ、粉末状の炭疽菌とペスト菌を相次いで開発した。

2、細菌の感染ルート

野外実験

 731部隊は各種細菌兵器の野外における実践効果を試すため、数多くの野外実験場を置き、主には城子身溝、安達と陶頼昭の野外実験場がある。実験内容は被験者を実験場のそれぞれ異なった場所に固定し、空中あるいは遠い地点から爆弾を放ち、被爆した被験者からの各種効果と反応を観察すること。しかし、多くの実験場で行われたのは細菌兵器の実験だけでなく、通常兵器の実験もあった。例えば、ある地点から100メートル、200メートルと500メートルそれぞれ先に、異なる数の被験者一緒に縛りつけ、発砲して弾丸の人体貫通能力を試した。

第ニ章 症例

第1地域陣地内被験者の症状及びその後の経過
287号
9月7日、黄弾射撃後4時間、全身倦怠、口囲発赤を認め、翌8日、1時ごろより全身倦怠、脱力感を覚え、頚部発赤、顔面浮腫、眼瞼浮腫状、前臍背面部発赤、22時ごろより口囲に粟粒大水疱発生あり。
 9日22時ごろより口囲に多数粟粒大乃至米粒大の水泡蔟生。
 10日17時発熱37度。肩胛部、頸前胸、腹、四肢、陰嚢一般に発赤し羞明。眼痛、結膜浮腫、角膜混濁、眼脂を認む。鼻汁、咳嗽、咽頭後壁発熱を呈す。
 9月11日17時、全身彌漫性発赤、腫脹、陰嚢発赤、疼痛及び鼻汁、嗄声、咳嗽、頸内掻破感を訴える。
 9月12日10時、顔面腫脹、疼痛、項部諸所に痂皮を存す。肩胛部発赤、頚部水泡、一部濃泡化。四肢、腹発赤、陰嚢靡爛、陰茎諸所に痂皮に痂皮あり。眼症状も漸次増悪の傾向ありて、眼瞼浮腫、結膜充血著明なり。
 12日、水泡内容を無菌的に穿刺吸引し、次の試験に供す。
(1)479号の右上膊部に該液0.2ミリリットルを皮下注射す。12時間と24時間後、観察するになんらの発見しえず、毒力試験は陰性に終わる。
(2)479号の左角膜内に0.1cc注射し、一昼夜にして軽度の罩膜充血並び結膜充血を認むるに2昼夜にして正常となる。
(3)485号、468号、358号、372号計4の左上膊、右上膊に該液0.2の腕の前肘部からこの溶液を0.2ミリリットル皮下注射し、一昼夜観察するに、何等の反応症状を発見するを得ず。
 毒力試験は陰性に終わる。


 

日本軍細菌戦部隊
日本陸軍軍医学校(東京)
関東軍第731部隊(ハルピン)・・・関東軍各師団防疫給水部
華北方面軍甲1855部隊(北京)・・・華北方面軍各師団防疫給水部
華中方面軍栄1644部隊(南京)・・・華中方面軍各師団防疫給水部
華南方面軍波8604部隊(広州)・・・華南方面軍各師団防疫給水部
南方方面軍岡9420部隊(シンガポール)・・・南方方面軍各師団防疫給水部
関東軍第100部隊(長春)

   516部隊

   731部隊

  
  731部隊は天皇の直接命令によってつくられた。


  化学兵器CAREみらい基金ブログ

  大久野島(毒ガス島)

  中国人戦争被害者の要求を支える会

  中帰連

  ハイナンネット
 
  南京への道:史実を守る会

  根津公子さんのページ
  

南京大虐殺     

「この事実を・・・・」

(「南京大虐殺」生存者証言集:侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館/編 加藤 実/訳)
1、日本軍の狂暴な集団的虐殺

 長江北岸の浦口での集団虐殺

張福龍(男、65歳)の証言

抗戦が始まる前は、家の生活が苦しく、私は父と卵を集めて売ることで、ささやかな商売にし口過ぎしていました。1938年の旧正月が過ぎ何日もしない頃に、父が私に上の兄を探しに潘家営へ行かせ、兄に家を少し助けさせようとしました。兄が「浦口の煤炭港に油の倉庫がある。人がいっぱい油を担ぎに行って売っている。今晩俺たちも行こうや」と言いました。それもいいだろう、力が有るんだから、と思いました。まだそれほど暗くなっていない頃に、私たち桶を天秤で担ぎ、長江辺りの小道に沿って浦口へと急ぎました。
 浦口に着いたら、もう真っ暗になっていました。油倉庫の周りは人の波で、あっという間に兄とはぐれてしまい、私は人込みの中をあちこち探しまわりました。2時間余りして、岸辺の方から突然「タッタッタ」という機関銃の音がしてきて、途端に人の群れが蜂の巣を突っつかれた蜂の子のように四方八方へ逃げ走り、ある者は桶すらも構っていられないほどでした。私は走るのは速い方の1人なのですが、日本兵が2,3千人とっくに人の群れをまん丸く取り囲んでいたので、やはり逃げ切れませんでした。日本軍は私を捕まえてから、荒縄でみんなを数珠繋ぎに縛るのに、1本で12,3人ずつ縛って行き、私は右手を縛られました。日本軍は銃を構え、銃剣を着けて、私たちを岸辺の方へ追い立てました。岸辺まで来て、私は1列ずつ人が日本軍に小高い所から長江へと押し落とされているのを見かけました。長江の真ん中に並んだ艦船10何隻かの上の機関銃と、加えて岸の上の機関銃3挺とが、探照燈10何台かの光に照らされながら、水の中でもがいている人の群れを掃射し、機関銃の音と泣き喚く声とが1つとなって、何とも見るに忍びなくさせました。(明日に続く)
  

憲法9条

「Imagine9」【合同出版】より


おたがいに戦争しないと


約束した世界


 「相手が攻めてくるから、準備しなければならない」
 軍隊は、いつもそう言って大きくなってきました。でも、こちらが準備することで、相手はもっと不安に感じ、さらに軍備を増やしていきます。その結果、安全になるどころか、互いに危険がどんどん増えていきます。
 このような競争や衝突を避けるため、国々は「お互いに攻めない」という約束を結ぶ事ができます。
とくに、地域の中でこのような取り決めを行っているところは多く、ヨーロッパには「欧州安全保障・協力機構(OSCE)」が、東南アジアには「東南アジア諸国連合(ASEAN)」が、アフリカには「アフリカ聯合(AU)」が地域の平和のための枠組みとして存在します。

 日本を取り囲む東北アジア地域には、このような枠組みはありません。朝鮮半島は南と北に分断されており、中国と台湾は軍事的ににらみ合っています。日本では多くの人が「北朝鮮が怖い」と感じていますが、逆に朝鮮半島や中国の人たちの間では「日本の軍事化が怖い」という感情が高まっています。
 NGOは、「東北アジア地域に平和メカニズムをつくろう」と提案しています。
 その一つのアイデアは、東北アジアに「非核地帯」をつくることです。
日本や韓国、北朝鮮は核を持たないことを誓い、一方でアメリカ、中国、ロシアなどの核保有国はこれらの国に「核による攻撃や脅しをしない」という法的義務を負うような条約をつくるのです。すでにこのような非核地帯条約は南半球のほとんどにできており、最近では中央アジアにもできました。
 また、日本とロシアの間で争いになっている「北方領土」周辺に平和地帯をつくるとか、中国と台湾それぞれが軍備を減らし平和交流を増やすといった提案がなされています。



第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

ノブの雑感のタグをクリックしてください!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
http://ping.blogram.jp/rpc/75299
ブロとも一覧
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード