fc2ブログ

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

blogram投票ボタン

日本政府は、731部隊の資料を速やかに全面公開せよ!!

731部隊の犯罪(生体実験、生体解剖、細菌戦等)は、アメリカ政府が免罪しても、世界の目が許さない!!

戦後マッカーサーと昭和天皇の極秘会談は11回行われ、その中で沖縄や731のことも話し合われたのだろう。GⅡと731部隊幹部との話し合いは鎌倉で行われ、731部隊員の戦犯免責と引き換えにアメリカに情報を提供するということで合意した。
東京裁判では、天皇と731部隊員は戦争犯罪人から外されたが、その人たちの行った中国をはじめとするアジアでの加害行為は、消し去ることはできず、子々孫々まで語り継がれるだろう!!
今の安倍自民は、過去の史実をことごとく消し去ろうと必死になっている!!

「731部隊展開催20周年記念シンポジウム」



極東での勢力拡大を目論んで日本参戦を決断したスターリン。
スターリンは大戦で疲弊した国土復興のために戦争捕虜を労働力として利用することを決定した。
スターリンから極東軍司令官に宛てた極秘電報
「50万人の捕虜を確保せよ。」

スターリンは終戦直後早くも日本軍捕虜を抑留し、国内各地で労働力に使役する具遺体的な計画を命じている。
ソビエト軍に抑留された60万人近くの日本軍捕虜は続々とシベリアの奥地に移送されていった。
彼らが送られたのは、多くは寒さをしのぐすべも無い未踏の原野だった。
この抑留者の中には、ソ満国境に置かれた731部隊支部の兵士も数多く含まれていた。
ソビエトは戦前から諜報活動を通じて、731部隊の存在に注目していた。
ソビエト内務省は抑留者の中から細菌戦部隊の割り出しを開始したのである。

極東の軍事拠点ハバロフスク。
各地の収容所を統括する抑留政策の中心ともなった。
抑留者の調査を担当したのは、ソビエト内務省のハバロフスク支部であった。
ここには日本軍捕虜の資料や調書などが残されていた。
「日本軍捕虜は1945年以降各収容所に収容されていました。この資料は大部分が元731部隊員に関するものです。」
内務省では各収容所で得られた捕虜1人1人の個人情報をハバロフスクに集めモスクワへ送っていた。
ソヴィエト側が身元割り出しを急いだ兵士の前歴は憲兵隊、特務機関、そして731部隊であった。
部隊名を慎重に隠して収容されていた元731部隊の兵士たちも徐々に割り出されていった。
ソビエトは捕虜取調べの為に数多くの日本語を話す人を集め、各収容所に配置した。
キムさんもその1人である。
「ハバロフスクから、手製って言いますか、ハバロフスクの通訳が作ってくれたタイプライターで打った小さな辞書みたいなものが送られてきまして、いろんな医学用語とかとにかく731部隊に関係のある用語をかなり送ってもらって助かった訳ですけれども。そういうことで、731部隊に関してかなり大がかりな調査が行われていました。そういうことで731部隊のいろんな人たちを捜し出してその後は1人出て来れば『お前と一緒に勤務したのは誰だと、どこにいる。このラーゲにいるか』とだんだん、だんだん、わかってきます。」

ソビエトは抑留者の中からある重要人物を発見した。
731部隊第4部課長柄沢十三夫軍医少将である。
1946年9月、柄沢は自らの軍歴と731部隊の活動を告白した。
そこには中国での細菌使用実験と細菌の大量生産についての記述が含まれていた。
ソビエト側はこの柄沢の告白に注目した。
ハバロフスクの内務省からモスクワへ連日のように情報が送られている。
「柄沢の供述
石井は中国で細菌兵器の使用実験を行った。柄沢の製造部門では腸チフス菌70kg、コレラ菌50kgを製造できた。
この尋問調書を東京裁判のワシリエフ検事に送付することを検討されたし。」

日本の戦争責任が問われた東京裁判。
裁判はアメリカの主導で進行していた。
一方ソビエトは日本軍のソビエトに対する戦争行為を強調し、日本への影響力を行使しようとしていた。
しかし、ソビエト側の主張は、決め手を欠いていた。

1946年秋、検事スミルノフがモスクワの期待を担って、ソビエト検事団に加わった。
スミルノフは、ニュルンベルグ裁判でナチスドイツの毒ガス実験などを告発した辣腕検事である。スミルノフは、731部隊の存在に注目した。

ハバロフスクではさらに柄沢が供述を進めていた。12月末には自ら人体実験の事実を書き記した。
スミルノフは直ちにウラジオストクに飛んだ。
柄沢をハバロフスクから呼び寄せ、自ら尋問を行ったのである。
そしてスミルノフは、日本国内に潜伏している人体実験の責任者の名前を改めて聞き出した。

ソビエト検事団は、1947年1月8日、G2代表ウィロビー宛に一通の覚書を送った。
「我々は関東軍が細菌戦の準備をしていたという確証をつかんだ。人体実験の事実について石井たち731部隊幹部3名の尋問を要求する。」

ソビエトの要求にワシントンは混乱に陥った。
アメリカはこのとき、まだ人体実験の事実を知らなかったのである。

ソビエトは証拠となる柄沢の尋問調書を送りつけてきた。
この調書によってアメリカは石井たちが人体実験のデータを持っていることを確信。
ソビエトに先駆けこのデータを入手することを目論んだ。

3月、ワシントンの国務省と陸海軍からなる三省調整委員会は次のような方針を決定した。
「ソビエトの尋問には応じる。ただし、石井たちへの再調査を行い、ソビエト側に対して明らかにすべきでないことは言わないように指示する。
石井たちへの再調査のために1人の人物が選ばれた。ノーバート・フェル博士だった。
4月に来日したフェルは、元731部隊幹部への接触を開始した。
ノーバート・フェルは、アメリカを代表する生物化学戦の専門家であった。
フェルはソビエト側の尋問に先立ち、元731部隊幹部たちと連日精力的に面会を重ねた。

私達はこのときすべて尋問調査に同行した情報将校Yが健在であることを知り、接触をはかった。
彼はワシントン近郊に住んでいた。
一旦はインタビューに応じる約束をしたものの直前になって断ってきた。
私達の再度の申し入れに対して彼は匿名を条件に声だけの取材に応じた。

「私が選ばれたのは、これが最高機密だったからでしょう。私はマッカーサー司令部で最高機密に触れる立場にありました。
私達は部隊員に柄沢が供述したことを告げました。日本人たちは多かれ少なかれその事実を認めました。
私達と日本人との関係はとても友好的なものでした。
なぜなら、私達は情報を得るための協力を『依頼』していたのですから。
私達が関心を持っていたのは戦争犯罪ではなく科学的調査だったのです。
一番重要なことは、日本人のやったこのような人体実験は世界中の他の誰もかつて試みたことは無いという事実でした。」

フェルは石井たちに対して次のことを指示している。
ソビエト側に対しては以下のことを認めてはならない。

・人体実験の事実
・中国での使用実験
・そしてアメリカ側との事前の接触の事実


スミルノフを代表とするソビエト側検事団による石井たちへの尋問はアメリカ側の立会いの下で行われた。

東京裁判のソビエト検事団とモスクワとの間で交わされた往復書簡。
この中にスミルノフが731部隊幹部1人を尋問したときのメモが残されていた。
「菊池との会見 柄沢の尋問調書を見せたが菊池は人体実験の事実を否定した。それらはすべて動物で実験されたと言う」

731部隊の幹部たちにソビエト側が尋問した日付が記録されている。
いずれもフェルの尋問日の直後である。
アメリカ側はことごとく先回りをし、口封じをしていたのである。
石井に対するソビエト側の尋問は、石井が隠れ住んでいた新宿区若松町の旅館で行われた。
この尋問にはアメリカの情報将校Yも立ち会っている。
「最初に石井を訪ねたとき、、彼は病気で寝てました。尋問ができないほど病気は、悪くありませんでした。
ソビエト側には、実際より悪く見せるよう言っておきました。
石井がスミルノフに何もしゃべらないことが私達には重要でした。
私達は、スミルノフの尋問の技術には舌を巻きました。彼は真っ直ぐに相手の顔を見据えー「吐け、ボンバ」とロシア語でまくし立てました。ボンバとは爆弾のことです。
しかし、彼はこの尋問が負け戦であることも気付いたようでした。
最後にスミノルフは吐き捨てるようにこう言ったのです。
『我々がもっと前に石井たちを捕まてさえいれば、必ず彼らを吐かせることができたはずだ』」

ソビエト側の尋問が控えた5月初め、石井はフェルに次のような申し出をしていた。
「私はロシア人には情報を明かさない。もし、戦争犯罪人として訴追しないことを文書で約束してくれるならば、すべての情報を与えることができる。私は細菌戦の専門家としてアメリカ軍に雇われたい。
来るべきロシアとの戦争に備え、私が20年に渡って培ってきた細菌戦の研究成果と経験をあなた方にすべて提供しよう。」


東京裁判はその後もアメリカが主導権を握ったまま推移した。
石井たちから人体実験の裏付けを得られなかったスミルノフ。
ソビエト検事団は731部隊の行為を暴露しその責任を追及することを遂に断念した。

1948年秋、東京裁判は結審した。

こうして人体実験のデータはすべてアメリカの独占するところとなった。
元731部隊の幹部たちは各自の専門分野の報告をまとめ、アメリカ側に提出していくのである。

1947年12月12日。731部隊の調査を終えた生物戦研究所は、アメリカ国防総省に最終報告書を送った。
そこには次のように記されている。

「これは日本の科学者が数百万ドルの費用と長い歳月をかけて得たデータである。
このような情報は我々自身の研究所では得ることができなかった。なぜなら人体実験には良心の呵責があるからである。
これらのデータは総額25万円で得られた。研究にかかった実際の費用に比べれば微々たる額である。自ら進んでこの情報を提供してくれた人たちには迷惑がかからないように望みたい。
そしてこの情報が他に渡ることがないようにしなければならない。」

アメリカに提出された人体実験のデータの数は400人分にのぼった。
旧満州で日本軍が行った人体実験の記録はアメリカの軍事目的のために貢献する結果となったのである。

戦後間もなく731部隊をめぐってアメリカとソビエトとの激しい駆け引きが行われた東京。
アメリカに協力して情報を提供した731部隊幹部たちは、その後、731部隊について堅く口を閉ざした。

731部隊の記録とその罪は闇に葬り去られようとしていた。

しかし、東京裁判結審の翌年ソビエトは独自の軍事裁判を開き、日本の細菌戦部隊の罪を告発した。

代表検事席に座ったのはスミルノフ。
被告席には東京裁判の舞台裏でその名が行き交った柄沢の姿もあった。

人体実験のデータはアメリカが独占したが、ソビエトには数百人に及ぶ細菌戦部隊が抑留されていたのである。

ソビエトが細菌戦部隊を裁いた26冊に及ぶすべての裁判資料が40年の歳月を経て初めて公開された。

ハバロフスク軍事裁判。(1949年12月25日~12月30日)

厚いベールに包まれてきた裁判の実像が明らかになろうとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊前編〕より)

・・・・・

1950年2月1日、ソビエトはアメリカのアチソン国務長官に裁判結果をまとめた文書を渡した。
ソビエトはその文書で「日本の細菌戦部隊の行為は天皇を頂点とする日本軍部の組織的な犯罪であることを指摘し、改めて国際軍事裁判を開くことを要求している。そして、直接人体実験を行った科学者である石井たち731部隊幹部を新たに訴追し、これを裁くことを求めた。
アメリカはこの時までハバロフスク軍事裁判に表面上は無関心を装っていた。
しかし、その裏で裁判の情報を盛んに集め、分析を進めていた。
ソビエトのアピールを受け取った2日後アメリカ国務省は記者会見を開き声明を発表した。
「今回のハバロフスク軍事裁判は37万人の日本人抑留者の問題から目をそらすためのソビエトのカムフラージュに過ぎない。」

731部隊の行為を国際軍事法廷で改めて裁くことを求めたソビエトのアピールは無視された。
アメリカは、このときすでに人体実験の詳細なデータを入手していたのである。

731部隊の人体実験の事実を世界に初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
この裁判には、戦後世界の主導権を握りつつあったアメリカを牽制するという政治的意味合いも込められていた。 
しかし、その政治性ゆえに、ハバロフスク軍事裁判は黙殺され、幻の裁判として忘れ去られていく運命をたどったのである。

こうして米ソ対立のはざまで日本の細菌戦部隊が行った人体実験の罪は闇に葬り去られた。

当事者である日本はその責任を自ら問うことなく半世紀が過ぎようとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)



この墓地の一角に柄沢が眠っていた。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
告白を始めるとき、柄沢はその心境をこう語っている。

「このことは、いずれ誰かが語らねばならないと思って、苦しい思いをしてきた。今、私は医者としての良心をかけてすべてを語ろう!!(柄沢十三夫軍医少佐:731部隊第4部細菌培養課課長・・・帰国前自殺)



良心の呵責を起こし、苦しんで自決したのは柄沢だけではない!!
優秀な医学者の中には、自分の犯した罪に苦しみ、自決した人もいた!!


天皇はもちろん731部隊の人体実験を知っていただろう!!
(3:30あたりから)
unit 731 3

2013年 731部隊シンポジウム1  単長清女史(陳列館書記)、


2013年   731部隊シンポジウム 2  張可偉氏(731部隊被害



731部隊は中国各地で細菌戦を行った!!

2013年 731部隊シンポジウム3 李宏華氏、易友喜氏(常徳細菌戦被害者)







2013年 731部隊シンポジウム 4 山田朗氏(明治大学教授、登戸研究所資料館館長)


2013年 731部隊シンポジウム5  吉中丈志氏(京都民医連中央病院院長)



2013年 731部隊シンポジウム 6 奈須重雄氏(細菌戦資料センター理事)、伊勢弘志氏(明治大学講師)

731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)

731細菌戦部隊 1(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 2(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 3(前編、後編、プライム10)


731細菌戦部隊 4(後編、プライム10)

731細菌戦部隊 5(後編、プライム10)

・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
731細菌戦部隊 前編 (1992年)

731細菌戦部隊 後編 (1992年)

unit731  1

unit 731 2

unit 731 3

731部隊・元部隊員の証言 1

満州医科大学及び731部隊での生体実験


731部隊・元部隊員の証言 5

今も続く細菌戦の恐怖  1 国立予防衛生研究所(現在の感染症研究所) ・登戸研究所

今も続く細菌戦の恐怖 2 日米医学会義

発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本に細菌戦生体実験場があった !?

闇に消えた虐殺 731部隊(10分版)

闇に消えた虐殺ー731部隊 1

闇に消えた虐殺ー731部隊 2

闇に消えた虐殺ー731部隊 3

語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


・・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月

知ってるつもり 731部隊



黒い太陽731部隊



2013年「731部隊パネル展」より

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊




政府は、731部隊の資料を公開せよ!!

反対!秘密保全法!!
「秘密保全法案」概要まとまる



政府は、安全保障に関する情報を厳重に保護するため、特に秘匿が必要な「特定秘密」に指定された情報を漏えいした公務員らに対し、最高で10年の懲役刑を科すなどとした、「秘密保全法案」の概要をまとめました。・・・・・・


「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」
【「荒れ野の40年」ワイツゼッカー連邦大統領演説全文(1985年5月8日) より】
ヴァイツゼッカーの演説【独語】1/4




問われる戦争責任!!戦後責任!!
戦争遺跡!「731部隊」

聞こえませんか?「マルタ」の叫びが!!
不帰の門


象徴的な事例をあげてみたい。今はもう無くなったが、数年前には731部隊遺跡の本部楼から「ロ号棟」を結ぶ回廊の一部が残されていて(それは現在も確認できるが)、「煉獄門」(「不帰の門」)と書かれた文章が壁の金網越しに中国語、そして英語、日本語、韓国語の訳が添えられてあった。
これは誰が考えた文章か、筆者は確認することができない。以下、原文のままを再掲する。

これは731部隊が設立した人生の「不帰の門」である。当時たくさんの被実験者は此処を経由して生命の終点に行った。そして生還者が1人もいない。この門の中で飽くことを知らない野心と喪失した人間性とを無情な殺戮が充満したことがある。ただ「人間」として自分の罪を反省する事だけ発見できない。「煉獄門」の前に立って誰かが何かを述べているような感じがする。誰かが悲惨な歴史と未来の平和を述べているような感じがする。

決して正確ではない日本語がここではよけいに現実的な情景として見る者に訴えかける。「被実験者」とは通称マルタのことで、ここを通ったが最後、生きて帰ることはなかった。「飽くことを知らない野心」と「人間性を喪失した無情な殺戮」とは当時の医学の倫理的破綻であろうか。彼らは人道を、罪という自覚を失した集団であった。「煉獄門」の前に立てば、そこから人間の叫びが聞こえる。私もまた耳をそば立ててみた。未来の平和ではなく、憎しみばかりが募った。・・・・・
(『戦争遺跡と歴史認識」』ー「731部隊」遺跡保存活動を通して私が学んだことー田中 寛著より)

731部隊の遺跡2

731部隊の遺跡1

731部隊の遺跡3

731部隊遺跡4


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


明治大学生田キャンパス内の登戸資料館で
パネル展示『731部隊展2013』開催
期間:9月4日(水)~10月26日(土)
10:00~16:00(日、月、火曜は休館)
★臨時休館あり大学のHPか資料館に御確認のうえご来館下さい。
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL: 044-934-7993

生田キャンパス アクセスマップ

生田キャンパス キャンパスマップ



731部隊からフクシマまで、日本医学界は何の反省も無く医療が続けられている!!

日中戦争の最中、国家総動員法が施行され、医学界から多くの優秀な人材が731部隊にも行った。そこで人体実験を繰り返しながら、細菌兵器の開発を進め、中国各地で細菌戦を行い、多くの中国人や日本人にも被害を出した!!敗戦直前に、天皇の責任が問われないよう証拠湮滅のため部隊は破壊され、部隊員はいち早く日本へ帰国した。上級幹部は、アメリカに研究データを引き渡し、戦犯免責を受け、アメリカの細菌兵器開発に協力し、東京裁判にはかけられなかった。

1945年8月6日や9日の原爆投下後の被爆調査には、医学者が動員され、天皇制護持するためのカードとして、アメリカの喜ぶような原爆の威力を示す被害調査が行われ、患者の治療はほとんどされなかった。8月のうだるような暑さの中での原爆投下の惨状は、本当に生き地獄であった!!
医学者たちは、被害調査に没頭し、ほとんど被爆者の医療がなされていないとは驚きだ!!
その中で、治療とは関係ない人体実験が行われ、もしかしたら生体解剖もされていたのではないかと疑ってしまう!!
また、731部隊上級研究員たちは、医学界で出世し、重要なポストに坐ったため、731部隊の非人道的な行為は反省も謝罪もされなかった。 戦後も、人体実験が行われ、それが世間に知られるようになると、社会問題になることもあった。
1954年の水爆実験では、元731部隊員の宮川正が被曝した漁船800隻のうちの1隻「第5福竜丸」だけを問題視し、放射能の影響を過小評価した。
また、水俣病では、田宮委員会が、水俣病をもみ消し走った。
昭和35年に入り、医学者は水俣病の発生は止んだと発表した。こうして患者は、以後10年まったく忘れ去られた!!
(20:40あたりから)福島原発事故を想起させる!
水俣病=その20年=

「薬害エイズ事件」では、元731部隊員内藤良一の設立したミドリ十字が問題となった。

27分あたりから川田龍平さんの意見。語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


今回の福島第一原発の事故も、健康被害の調査は表面上は行われているが、治療は行われていないのではないか?
長崎大学の山下俊一を福島県立医大の副学長として派遣し、とんでも発言を繰り返し、問題を起こしている。
山下俊一トンデモ発言


731部隊を隠蔽する目的の取引!NHKスペシャル 封印された原爆報告書



資料を早く公開してほしい!!
日本の医学界は戦後731部隊での残虐な行為を反省することもなく、謝罪もしていていない!!
これでいいのだろうか?



731細菌戦部隊残党と長崎大学の放射線医学者たち 福見秀雄・青木義勇と長瀧重信・山下俊一


パネル集「731部隊展」

1993年7月~1994年12月(731部隊展より)

発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より

榊原林口支部長の証言(5:30あたりから)
発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本人中国抑留の記録7(アヘン・731・無人地区)




これまで、「証拠がない」として細菌戦の実施を認めてこなかった日本政府の根拠が、崩れた!!
生物兵器による攻撃についての新資料
発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より


アメリカ(占領軍)は帝銀事件の捜査に圧力をかけた!
やはり、犯人は特務機関(731部隊員か陸軍中野学校等)の人間か?
日本政府は、何時まで731部隊の資料を隠蔽するのだ!!

帝銀事件とは?
731細菌部隊と帝銀事件との真相1

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(1)

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(2)
"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(3)

(参考)高杉晋吾が語る「戦争・原発!!」
20130316 UPLAN 高杉晋吾 国策としての731部隊と原発




若松孝二監督を偲ぶ!!
若松監督、次作構想に「731部隊」あった…三女が明かす
「あさま山荘事件」実行犯を捜して(1)

「あさま山荘事件」実行犯を捜して(2)


若松孝二監督「17歳の光と影」(1)





IMAGINE 9
02
想像してごらん、
武器をつくったり
売ったりしない世界を。

Imagine,
A world that doesn't
make or sell weapons.

文 星川淳、河崎哲 合同出版より


●ドイツと日本の違い
ドイツの医学会の謝罪や脱原発はドイツ国民が「生命への畏敬の念」に目覚めたからか?
ドイツ精神医学会の反省


日本医師会の歴史認識
Unit 731: Japan's biological force


カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本)

現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。 

『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学

Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」 *「水晶の夜」

ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。(以上)

■「疫病にたいする戦い」
1941年10月13日から16日まで、100名近いドイツの医師が「疫病の克服」、とりわけ占領下のポーランドにおける発疹チフスの克服について討議するために、集まった。貧困化し、飢え、ゲットーに住むようになったユダヤ人について、と報告書には書かれている。

ヴァルバウム博士
「・・・もちろんこの人々に十分な栄養を与えるのが、最善でもっとも簡単な解決法である。しかしそうはいかない。ことは食糧全般と戦争に関わる問題である。そのため、ユダヤ人で許可なくしてゲットーの外に出る者があれば、射殺するという処置が今度取られる様になった。わたしはこの会議ではっきり言いたい。わたしたちのとるべき道は
餓死させるか、それとも彼らを射殺するか、そのいずれかである。最終的効果は同じであっても、餓死の方法はよりおぞましいものである。わたしたちは、他にはどうすることもできないのだ。なぜなら、ドイツ民族がこの寄生主義者によって汚染され、危険にさらされないようにすることが、わたしたちに課せられた唯一の使命だからだ。そのためにはどんな手段も正当化されるのだ。(拍手と喝采」


ドイツ精神医学会の謝罪
ドイツ精神医学会は公式に謝罪しました。では、日本の精神医学会は



●南京大虐殺
「この事実を・・・・」
(「南京」市民に仕えた宣教師証言集:章開沅/編 加藤 実/訳)
(発行:ストーク、発売:星雲社、定価2200+税)
※『日中歴史共同研究』(2010年1月31日公表)でも明らかなように、日中戦争は日本の侵略戦争であり、南京大虐殺は歴史事実である。私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!

ヴォートリン
ヴォートリン
日記の抄訳(1937年12月12日~1938年5月13日)
12月22日、水曜日
今日は難民にご飯が出せなかったが、ただ管理がうまくいかないからだった。やり方を変えていくのに時間がかかっていて、貧しくて買えない人たちに、赤い下げ札を縫って渡している―これからはこの人たちが先にもらえるようにする。それに、いつももらえないでいる人たちには、切符を用意した―渡し終える前に、ご飯がなくなってしまうーそれで次の時はその人たちがはじめにもらう。キャンパスにどれくらい多くいるのか、わたしは敢えて算定しないでいる―約10000人とある人たちは思っている。科学館に、ホールと屋根裏部屋の2つ開けているだけで、約1000人いるーだから文科館は2000人いるに違いない。その建物の屋根裏だけで1000人近いとみんな言っている。夜は渡り廊下に1000人いるに違いない。フィッチさんが今夜やって来て、彙文を開放して、ここで溢れたのを入れるのはどうかと、聞いてくれたので、是非そうして欲しいと言った。


南京大虐殺記念館館長、「日本の若者の参観者が減っている」―江蘇省南京市
XINHUA.JP 8月17日(土)6時40分配信
中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館の館長が「来館する日本の若者がどんどん減っている」と語った。16日までに現代快報が伝えた。

15日午前、江蘇省と南京市の各界代表と数十人の日本の友好人士が南京大虐殺記念館で国際平和集会を開き、30万人の被害者を追悼し、中国人民抗日戦争勝利68周年を祝った。

日本の友人たちは「日本が歴史を無視することは、南京大虐殺の被害者や生存者たちをもう1度傷つけるもの」と懸念を示した。

現地時間の午前8時30分、大阪、兵庫、長崎、東京、京都、福島、神奈川などから集まった37人の日本の友人が会場に到着した。彼らは30万人の被害者に献花し、黙とうした。

朱成山館長によると、2002年からこうした集会を開催している。だが、参加する日本の訪中団をみると、若者の姿はあまりない。朱館長は「どんどん少なくなっている。毎年、同館を参観する日本人は3万人を超えるが、青少年の数は明らかに減少している」と語った。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

ジョン・ラーベを記念するラーベ平和賞授賞式、オーストリアで開催

日本南京大屠殺泠血又殘忍殺死無辜的中國人的遭遇


档案:还原1937南京浩劫---南京大屠杀(上)





中国各紙、好意的に報道 鳩山氏の南京大虐殺記念館訪問

「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
毎日中国経済 2013年04月04日19時52分

名古屋市の河村たかし市長が再度、南京大虐殺を否定する発言をしたとの報道を受け、中国の墓参りの日である清明節の4日、南京大虐殺の生存者で84歳になる夏淑琴さんは「大虐殺を否定するというのであれば、河村を訴える」と怒りをあらわにした。中国新聞網が伝えた。
夏さんはこの日、南京大虐殺記念館を訪れ、犠牲者追悼の碑に花をたむけた。夏さんは毎年清明節にここを訪れているという。
日本の政治家がまた南京大虐殺を否定していることを知った夏さんは同記念館の朱成山館長に対して、「河村を訴える」と激しく怒りながら語った。
共同通信によれば、河村市長は1日、名古屋市長選の公開討論会の席で昨年の南京大虐殺否定発言について質問を受け、改めて「撤回する考えはない」と発言した。夏さんは「私は認めない。河村を訴える。あれだけ多くの人が死んだ事実がありながら、なぜ否定するのか」と、激しい反感を隠さなかった。
夏さんは南京大虐殺をめぐって何度も日本で証言し、2008年の裁判では日本の歴史研究者の著書をめぐって勝訴した。
日本銘心会南京友好訪中団の松岡環団長は4日、現地で行われた「清明祭」に出席。松岡氏は「河村市長は歴史的研究から南京大虐殺を否定する結果を導き出したわけではない。右派の政治家としてこうした観点が必要で、それを維持している。政治的利益のためで、これも政治の右傾化の危険な点だ」と指摘した。
(編集翻訳 恩田有紀)


脱原発


五輪決定の翌日のタイミングで原発事故「全員不起訴」という検察の姑息さ

20130909 福島原発告訴団 検察の不起訴処分を受けての記者会見

原発訴訟の不起訴処分に福島の市民が怒りを表明

小出裕章助教 原発の汚染水漏れは防ぐ事ができなかったのか?

小出裕章助教 原発の汚染水漏れは防ぐ事ができなかったのか? 後

「嘘までついて」

ドイツIPPNW医師が警告「首都圏は放射能汚染している」

#オリンピック 予定地 #東京 #瓦礫 焼却 #放射能 再上昇

非常に汚いやり方!(;`O´)o

タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は



続きは「ノブのノート」で
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
http://ping.blogram.jp/rpc/75299
ブロとも一覧
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード