fc2ブログ

1938年 南京 1月15日

「南京事件」(笠原著:岩波新書)より
1月15日・・・大本営政府連絡会議で、国民政府との和平交渉の最終打ち切りを決定。

「南京の真実」(ラーベ著:講談社)より
1月15日
上海から来た手紙、つまり昨日ドイツ大使館を通じて受け取ったものと、上海のジーメンス中国本社にあてた1月14日付けの私の返事を見れば、上海ではこちらの状況をまだ全然知らないことがわかるだろう。

 ドイツ大使館南京分室事務長シャルフェンベルグの記録

 南京の状況   1938年1月13日
 当地南京では、電話、電報、郵便、バス、タクシー、力車、すべて機能が停止している。水道は止まっており、電気は大使館の中だけ。しかも一階しか使えない。イギリス大使館にはまだ電気が通じていない。
 なぜ交通が麻痺しているかといえば、城壁の外側は中国人に、市内のその大部分が日本人によって、焼き払われてしまったからだ。そこにはいま誰も住んでいない。およそ20万人の難民はかつての住宅地である安全区に収容されている。家や庭のわら小屋に寄り集まって、人々はかつがつその日をおくっている。多い所には600人もの難民が収容されており、彼らはここから出て行くことはできない。 
 安全区は番兵によって封鎖されている。
 安全区の外の道路には人気がなく、廃墟となった家々が荒涼とした姿をさらしている。
 食料品の不足は限界にきている。安全区の人たちは、すでに馬肉や犬の肉に手を出している。・・・・・・


 ラーベ氏の率いる委員会はアメリカ人と力をあわせて目覚しい成果を上げた。1万人の命を救ったと言っても、過言ではない。
 水の問題も深刻だ。水道は正常に働いていない。洗濯もできない。沼と言う沼には死体が投げ込まれており、汚染されているからだ。
 ラーベ氏の委員会から業務を引き継ぐことになっている新しい機関、自治委員会も、日本軍の横槍で機能していない。・・・・・


 南京の進駐したときの日本軍の仕業については黙っているのが一番だ。チンギス=ハーンを思い出してしまう。要するに「根絶やしにしろ!」ということだ。ある参謀部の中佐から聞いたのだが、上海から南京へ向かった補給部隊は本隊に追いつけなかったそうだ。
それで、日本兵はベルゼルガー(北欧神話に出てくる熊の皮をまとった大力で狂暴な戦士)のように手当たり次第に襲ったのか。「戦い抜けば、南京で美しい娘が手に入る」とでも言われたに違いない。
 だから女性たちが、ここでいま目もあてられないほどひどい目にあっているのだ。それを目の当たりにした人たちとその件について話すのは難しい。話そうとすると、くり返しその時の嫌悪感がよみがえるからだ。
 部隊が統制を失ったからだ、と言うことはやさしい。だが、私はそうは思わない。アジアの人間の戦争のやり方は、我々西洋人とは根本的に違っているからだ。もし、日本と中国の立場が逆だったとしても、おそらく大した違いはなかっただろう。特に、扇動する人間がいる場合には。占領された地域では市内でも田舎でも、作物が畑で腐っている。市内の畑に近寄ることは禁じられており、田舎では住民が逃げたか、殺されたかしたからだ。野菜、ジャガイモ、かぶ。そのほかどれもこれもみなだめになって、飢えが蔓延している。             シャルフェンベルグ


「南京事件の日々」(ヴォートリン著:大月書店)より
1月15日 土曜日
 今朝6時から7時にかけて飛行機10機が南京上空を南西方向へ飛んで行った。私たちは、おそらく、2,3時間後に貴陽、漢口、長沙あたりが爆撃されるのではないだろうかと危惧した。・・・・


 午後、夫や息子が連行されたまま戻ってこないという26人の女性の事例を日本大使館に報告した。いずれの事例でも、夫がかつて兵士であったことはなく多くの場合が大勢の家族を養うただ一人の稼ぎ手だった。大量虐殺が行われた当初のあの残酷非情の時期に、このような人たちがどれほどたくさん殺害されたことだろう。当時は銃声が聞こえるたびに、誰かがーおそらくは何の罪もない者がー殺されたのだろうと思ったものだ。
 久しぶりに兵士がキャンパスに入ってきた。彼は門衛に何ら注意を払わずに入ってきたが、避難民のいる南西の寄宿舎の部屋に入ろうとしているところを私が見つけた。付き添ってキャンパスから送り出すと、おとなしく立ち去った。
・・・・・・・・・・・・・


 今夜は校門に警備兵がいない。どうか無事でありますように。


「Imagine9」解説【合同出版】より



おたがいに戦争しないと


約束した世界



 「相手が攻めてくるから、準備しなければならない」
 軍隊は、いつもそう言って大きくなってきました。でも、こちらが準備することで、相手はもっと不安に感じ、さらに軍備を増やしていきます。その結果、安全になるどころか、互いに危険がどんどん増えていきます。
 このような競争や衝突を避けるため、国々は「お互いに攻めない」という約束を結ぶ事ができます。
とくに、地域の中でこのような取り決めを行っているところは多く、ヨーロッパには「欧州安全保障・協力機構(OSCE)」が、東南アジアには「東南アジア諸国連合(ASEAN)」が、アフリカには「アフリカ聯合(AU)」が地域の平和のための枠組みとして存在します。

 日本を取り囲む東北アジア地域には、このような枠組みはありません。朝鮮半島は南と北に分断されており、中国と台湾は軍事的ににらみ合っています。日本では多くの人が「北朝鮮が怖い」と感じていますが、逆に朝鮮半島や中国の人たちの間では「日本の軍事化が怖い」という感情が高まっています。
 NGOは、「東北アジア地域に平和メカニズムをつくろう」と提案しています。
 その一つのアイデアは、東北アジアに「非核地帯」をつくることです。
日本や韓国、北朝鮮は核を持たないことを誓い、一方でアメリカ、中国、ロシアなどの核保有国はこれらの国に「核による攻撃や脅しをしない」という法的義務を負うような条約をつくるのです。すでにこのような非核地帯条約は南半球のほとんどにできており、最近では中央アジアにもできました。
 また、日本とロシアの間で争いになっている「北方領土」周辺に平和地帯をつくるとか、中国と台湾それぞれが軍備を減らし平和交流を増やすといった提案がなされています。


第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
15年戦争時、中国・日本で起こったことを書きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
http://ping.blogram.jp/rpc/75299
ブロとも一覧
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード