FC2ブログ

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

細菌(生物)戦争

米中の生物兵器開発?

謎の感染拡大ー新型ウィルスの起源を追う―


20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

私が背負った昭和の業(731部隊員の父と過ごした戦後)

ひとさらい(731部隊員の父と過ごした戦後 野崎忠郎)

父は獣医師だった

ツベルクリン反応検査方法について 美馬聡昭(医師)




731細菌部隊と帝銀事件との真相1


犯人像

・毒物の取り扱いに慣れていた人物

・毒物は、青酸カリではなく、青酸ニトリールではないか。(伴繁雄が証言を覆す・・GHQの圧力?

・もし、この犯人が変装にたけていたなら、731部隊とか、研究者関係は除外されるのではないか、むしろ特務機関とかの謀略活動をやっていた人物ではないのか?

・旧軍関係者の虐殺行為はGHQと繋がっていた有末機関によって隠蔽された。

・警視庁は敗戦から3年で、日本の秘密戦部隊の残虐性を把握したが、国民には全く伏せていた!!

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【後半】質疑応答

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【前半】講演本編


明治大学平和教育登戸研究所資料館 10周年を迎えて








自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学課より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊は731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。



「人骨問題と731部隊」
講師:鳥居靖さん(軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会事務局長)

入所者479人の遺体解剖 ハンセン病療養所が報告書―熊本


ハンセン病 文書が明らかにした“遺体解剖”の事実




終戦から75周年の今、新たな動きを受けての改訂新版!

『長き沈黙【増補版】父が語った悪魔の731部隊』 
2020年11月10日初版第1刷発行 1000円+税

父は自らが隊員であった旧日本軍731部隊の罪状をマスコミに告白し、その2年後に世を去った。
父の遺志を受けて、485回にに及ぶ「語り継ぐ活動」を行ってきた著者。
「憲法改正」が声高に叫ばれ、70年間守られてきた平和憲法が脅かされる今、学び取ってほしい戦争の真実を伝える。

第1章 関東軍防疫給水部731部隊員になる
第2章 731の亡霊 私たちは何を学び取るか
第3章 悲劇を繰り返さないために 教育・学校を考える
混声合唱組曲『悪魔の飽食』



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)


悪魔の飽食:復号731


「許すな憲法破壊!院内集会」-日本学術会議会員任命拒否は憲法違反ー


「菅政権の暴走を許すな!」緊急講演:藤田高景(「村山談話を継承し発展させる会」理事長) 「攻撃型軍隊に変貌する憲法違反の自衛隊」 前田哲男さん(軍事ジャーナリスト)


中国侵略史から学ぶもの


『スパイの妻』黒沢清監督 ヴェネチア銀獅子賞に輝いた最高傑作!

映画『スパイの妻』

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した、黒沢清監督最新作『スパイの妻』。

731部隊が行なった生体実験、細菌戦を世界に訴えようとした勇気ある行動!!

世界は、もう事実を知っているのに、なぜ日本政府は、

きちんと事実を認め、謝罪しない??


PTSDの日本兵と家族の交流館

NHK「おはよう日本」

黒井秋夫講演会

PTSDの日本兵と家族の交流館







パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」

―医学と人権を考える―

(以下、パネル展の内容)

終わりに

 日本は、戦時中、人体実験を通して、毒力の強い細菌兵器を作り、国際法を無視して、細菌戦(生物戦)を行った。

その実行した731部隊は、アメリカとの取引により、全員が免責され、データはアメリカに渡った。その後、アメリカはその731部隊の研究データを日本に返却したということで、市民団体が公開するよう、防衛省に交渉したり、情報公開請求をしたが、未だ出てこない。自衛隊の機関誌の有無をめぐっては現在裁判も進行中だ。

 一方、中心的な研究をした元731部隊員は、国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)や大学、製薬会社、自衛隊等に就職し、戦後、医学界でも大きな力を発揮し、原爆調査、水爆の影響、原発推進、ハンセン病、イタイイタイ病、水俣病、薬害エイズ事件、原発事故等に深刻な事態をもたらした。

 731部隊で行われていた、優性思想に基づく人権無視は、戦後、全隊員が戦犯を免責されたため、改まることはなかった。

 細菌(生物)が兵器になると知ると、アメリカだけでなく、世界各国で生物戦の研究が進んでいると思われる。

 現に、自衛隊では、2015年に改訂された新「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」で、「作戦支援活動」として「CBRN(化学・生物・放射線・核)防護」が重視され、自衛隊が米軍と結託して北朝鮮や中国に対して謀略的な生物戦や実戦展開する危険性が指摘され、2018年には「中央即応集団」は「陸上総隊」に改変され、現在の自衛隊には、陸上自衛隊三宿駐屯地に所在する「陸上総隊」隷下には衛生課部隊として「対特殊武器衛生隊」が設けられている。

 このように、731部隊の亡霊は、現代の日本に生きている。

いま世界は、新型コロナウィルスの感染爆発で大変な状況にある。

これは、自然発生的なものか、謀略的なものか、はっきりしないが、これからは、新たなウィルスが人工的に開発される可能性は大きい。

 1969年の国連のウ・タント事務総長の「生物・化学兵器報告書」にもあるように、ひとたび生物テロのようなことが起きれば、防御や治療の方法はないし、自然のバランスは崩れ、計り知れぬ費用がかかり、環境への影響は予測不能になる。
 まず、憲法9条を持つ日本は、731部隊の情報を国が公開し、きちんと謝罪、反省し、世界に向けて、武力ではなく外交で、世界平和を推進していく努力が必要ではないか。

 

 




隠された毒ガス兵器


小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           





※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!


  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    歴史改ざん(「風を読む」)


     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置



10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)









 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日


 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 







 1929(昭和4)年 実験医学雑誌第13巻雑報


雑報

学術集談会

10月20日午後1時より当所内講堂に於いて学術集談会を開催した演題下の如し

1.コレラバクテリオファージに関する研究

        吉積泰君

2.人体に於ける寄生虫の原虫病に於ける

興味ある2.3の近業  宮川米次君

(宮川君の講演の内容は総説蘭に掲出せり)

吉積君のコレラファージに関する実験成績を左の如く総括す

本誌前号の誤植訂正

1069頁左方中頃

4、バクテリアファージの精製法

         細谷省吾君

         長瀬亀吉君

とあるは細谷省吾、長瀬亀吉、吉積泰、三君の名によって発表されたるものなるに就き右訂正す。

1070頁左方 下より10行目

(但しAgglutinosskop%にて検す)とある%を削除す。


  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。


3部

 

第1審判決に対する中国の各界の支援の声

2章 湖南省常徳の支援者から

中日の真の友好に向けて

 

楊 万柱(常徳師範学院院長)

 

常徳は日本の中国侵略によって非常に大きな被害を受けました。1941年、731部隊が常徳で細菌戦を行い、ペスト菌を撒布し、大流行させました。当時の被害者は1万₅000人にも上りました。1943年、日本軍10万人が常徳を包囲し、常徳会戦という戦いをしました。常徳の8000人の軍は最終的に300人しか残らず、常徳25万の市民も3万人程しか生き残りませんでした。1949年の建国当時、常徳の人口は約5万人でした。この侵略による被害は極めて大きいのです。実際、日本軍が去ったあと、2000年の歴史があった城は残骸しか残りませんでした。

  



731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われて
いるのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

四月八日~十二日

 

軍隊挙国一致 吾国の為にささげし体同志にしても 技術的向上競争心の要請上に必要としむる競争はしなければならない 林軍曹は心から敗れた悲しみと 来るべき日に悲しみを避けん為に必要なる覚悟を声涙共に語られた

鬼の眼に涙でもあるまいが 之にこたえて咳一つする者もいない。「作戦上の更新には思わぬ軽機の飛び入りに 勝つべき最後の一歩と云ふべき所で逸した 此のあきらめきれないこの日の涙」を心から語られた。負者の悲しみを遺憾なく味わった。射撃の澄んだ午後四時頃であった。寝てしまう者、酒保で暴れる者 早駆、撃銃・限りない予行演習 一週間位で完全に日焼けする位の猛練習が生んだのは あまりに皮肉な悲しい結果であった 予行演習の割合に楽をした軽機で負けたー思っても腹が立つ


大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 







挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 

Ⅲ モラリストの広島

 しかし、だからと言って確実な原爆症患者として国のもっと手厚い援護を受けることはできない。被爆迄はいささかの病気にもとられる体質ではなかったのに、あの日以後、どこという目立った兆候はないものの、確実に健康体ではない、という打ち明け話を、僕は幾たび耳にした事だろう。広島には、それらの症状について、あのような人類未曾有の体験のあと、如何なる症状も原爆に関係なしとは言えない、という考え方と、実際に致命的な原爆症を発してからでなければ、国庫の補助を期待できない、という現実の抵抗が共存しているのである。

 

唯一の戦争被爆国 日本政府は核兵器禁止条約に署名・批准してください!

  日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行


Ⅰ 731部隊


小笠原 明(おがさわら あきら)

731部隊・少年隊

〈経歴〉

1928年生まれ。

1943年4月 731部隊少年隊に入隊

1944年4月 第2部(実験部)第2課田中班に配属。ペスト菌などを宿らせ伝染させるためのノミ増殖に従事。

1945年8月 日本への撤退途中で中国人民解放軍に入隊、4年間従軍

1949年 帰国。

■この証言は石川(金沢)731部隊展(1993年11月)、栃木(宇都宮)同展(94年9月)、沖縄(那覇)同展(94年1月)、広島同展(94年3月)の『報告集』よりまとめたもの

 

 細菌研究

私は人の血、つまり材料として収容されておった“マルタ”の血を、毎日2000ccから3000㏄を受け取りに行って、それをノミに吸わせたらどうようにノミが育つかという観察をさせられました。

 私はよく第1部の方へ行きました。第1部にはいろいろな細菌の研究室がありました。私が行ったのは二木班という所で、表向きは結核の研究ということになっており、BCGという結核のワクチンを作る研究をしていたところです。そこに同期で大分県出身の谷口というのがおりました。結核菌はぜいたくなバイ菌で、鶏卵培地を主体にしてどんどん菌を増やしていきました。だからそこの研究室に行きますと、鶏の卵がたくさんあって、コッホの蒸気釜に入れて蒸してもらって、ゆで卵を食べたものです。


 


 『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳


六 第731部隊の各支隊

榊原秀夫供述書(1955年324日)

問:162支隊で支隊長をしていた際、別の支隊へいったことがあるか。

答:1945年3月、孫呉支隊へ1度行ったことがある。孫呉支隊における白鼠培養の成果を視察するためであった。19456月には731部隊へ行って帰る途中、牡丹江支隊に寄って視察したこともある。



●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

4章

毒ガス使用禁止をめぐる国際的な動向と日本軍の対応

 

1、毒ガス使用禁止を定めて国際法


第1次世界大戦以前の国際法
近代以降、兵器の技術の飛躍的な向上により戦争の大量破壊化が進展する一方で、戦争や兵器にもルールや規則を設けようという取り組みも行われた。ここでは、毒ガスをめぐる国際法と、それに対して日本はどのような態度を示していたのかを確認し、合わせて日本軍が実戦で徐々に毒ガスを使用していく経過を、軍部の国際法に対する認識の変化を確認しながら検討してみよう。また、外国軍の毒ガスについても言及してみたい




 


 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)




 

2章 地図から消えた神秘の大久野島

 最初の毒ガス被害者


「被害者」はまた「加害者」でもある

 

 当時徴用された学生たちは、現在もう60過ぎの老人になっている。彼らは当時のことをどの様に見ているのだろうか?

 豊田郡瀬戸田町に住んでいる、松井忠子さんは『当時の私達小学生を鼓舞するためのスローガンは、『戦争のために!勝つために!お国のために!』。毎朝5時半には家を出て、帰宅の時にはすっかり暗くなっていた。冬は寒くて足が痛いほどだった。島では休む間もなく働いて、便所に行くにも午前と午後に一回ずつだけだった。まさに発育過程にある子どもたちにとってこれは何と残酷なことだったろう」と、話している。







 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題







 

●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

謀殺(ぼうさつ)

予防注射を口実に毒殺

 

中島宗一

属官

〈略歴〉

本籍 長野県下伊那郡

出身階級 農民

最終学校名 南信学院2部卒業

学校卒業後の職業 農業

最後の所属 旧竜江省警務庁特務科

被捕日時場所 1945年10月8日 旧斉斉哈爾(チチハル)市白済工廠

 

「荒木君、科長殿がそう言われるんだから、早速やってしまおう」河野は意気ごんだ口調で荒木をかえりみてこう言ってから、「やるとなったら、どうやっていいかなあ・・・」誰にともなく計るように言った。

「どうですか例の注射を使ってみては」荒木は前々から考えていたのを持ち出した。「注射が、うん、それも面白いな。元吉科長から担当宣伝を聞いていたが、どれだけ効き目のある代物か、ひとつ試してみるのもいいなあ」春口の賛同で話は簡単に決まった。





2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?


2020年12月16日に『化学学校記事』の情報公開裁判があった。防衛省は、「衛生学校記事」と違って「化学学校記事」は、公文書として管理していないという。同じ自衛隊の中の機関誌でありながらなぜこうも扱いが違うのか?防衛省は最初「化学学校記事」は12号まではあったと主張していたが、原告が16号を提出すると、2年間も回答をしなかった。そしてやっと存在を認めた。そして20号まではいっていないと思う。何号まで発行されていたかは分からないとの曖昧な回答。

なぜ、防衛省という公的機関の機関誌の存在を、防衛省はきちんと把握できていないのだろうか?

何を隠そうとしている??


次回「衛生学校記事」情報公開裁判 2月5日(金)15:00~

419号法廷

「化学学校記事」情報公開裁判 3月3日(水)11:00~

法廷未定

自衛隊におけるCBRN対応
         長岡大学教授  兒島 俊郎

3 陸上自衛隊内部におけるCBRN研究
(1)核兵器・戦闘用放射性物質
上記のような教範は自衛隊内部における研究を前提としている。核兵器とミサイルに関しては、『戦争責任研究』への連載「核とミサイルに関する新妻誠一関連資料」(1)~(4)を参照されたい。
 また以下2点は、核兵器、化学兵器、生物兵器全般を扱っており、CBRN対応全般についての知識を整理し、教育に用いたものである。核兵器について言及したものが多いが、それは既に『戦争責任研究』で紹介してきたものを補完するものである。
・「部外秘 読書資料 7-1-4CBR戦の参考」1959年 防衛研究所
・「部外秘 参考資料 CBR講習資料」作成日時不詳 陸上幕僚監部化学課


CBRNとはchemical weapon:化学兵器、biological weapon:生物兵器、radiation:放射能物質、nuclear weapon:核兵器を意味する。従来はCBRだけで用いられることが多かったが、近年は核兵器Nを加えてCBRN(日本語ではシーバーンと発音する)として用いることが多くなっている。



1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

4、日本本土も汚されている

Ⅱ 自衛隊と生物・化学兵器―その思想と作戦

1、自衛隊の装備・訓練を探る

国会におけるBC兵器論争

〇楢崎委員  私はいじめるつもりはありません。これは相当毒性があるから、溶剤として使う場合にも気を付けろという意味なんですよ。いいですか、使ったあとで気を付けたって遅いです。何を言うのですか。いいですか、毒性について言いましょうか。短い時間に多量の蒸気を吸入すると急性中毒をおこすことがある。その初期症状として目、鼻、のどに刺激を感じ、次いで頭痛、目まい、混迷、悪寒、嘔吐などが起こる。この時直ちに蒸気から離れないと人事不省になる恐れがある。この溶剤に使われた四塩化エチレンというものはこういうものです。


 


 

 ●昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

2001年ピュリッツァー賞受賞

 

 


※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十四章  創り直された君主制


 1945年末、天皇の側近と戦時内閣の元閣僚たちはそれぞれ独自に天皇と「国体」の維持に向けて動きつつあった。例えば『朝日新聞』は、降伏過程における天皇の英雄的な殺割についての連載記事を載せた〔1946年1月13日より連載開始〕。執筆者は迫水久常、表題は「降伏時の真相」というもので、CIEによる「太平洋戦争史」の連載と同時期に掲載されたが、これは天皇擁護の問題についてGHQと日本の「穏健派」との間で基本的な合意あったことの反映でもあった。

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

●地球の異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリート(アスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

署名国・批准国

2021年1月22日現在の署名国と批准国。

 

署名国            署名日          批准日 (締約日)

ベリーズ           2020年2月6日        2020年5月19日

ベナン            2018年9月26日                   2020年12月11日

ボリビア                     2018年4月16日                   2019年8月6日

ボツワナ                     2019年9月26日                        2020年7月16日

ブラジル                     2017年9月20日

 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について






なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!



























 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!

スポンサーサイト



01/30のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/r6sZGdBRbm #アメブロ @ameba_officialより
01-30 12:21

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/qszfxx5BDB #アメブロ @ameba_officialより
01-30 12:16

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/bkFZxnuXub #アメブロ @ameba_officialより
01-30 12:15

細菌戦の系譜!! https://t.co/Z2zYcFdKxA @buooo71より
01-30 11:55

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
01-30 11:55

細菌戦の系譜!! https://t.co/2tNxgeQwAw @buooo71より
01-30 11:36

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/YnxJJ2I0nJ
01-30 11:30

細菌戦の系譜!! https://t.co/eM1efMifqZ
01-30 11:26

細菌戦の系譜!! https://t.co/ygFLYXxcel
01-30 11:24

細菌戦の系譜!! https://t.co/ApRgRKT4wa
01-30 11:23

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

細菌(生物)戦争

米中の生物兵器開発?

謎の感染拡大ー新型ウィルスの起源を追う―


20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

私が背負った昭和の業(731部隊員の父と過ごした戦後)

ひとさらい(731部隊員の父と過ごした戦後 野崎忠郎)

父は獣医師だった

ツベルクリン反応検査方法について 美馬聡昭(医師)











1月21日(木)
根岸恵子さんが「731部隊と大連黒石礁事件」についてお話しされました。
ギガファイル便をダウンロードしてご覧ください。(323日までダウンロード可能です。)


「実的刺突」の解説
「実的刺突(じってきしとつ)です。
生きた人間を杭に縛り付け、銃剣で刺し殺す訓練をこう呼びました。
38式歩兵銃に30年式銃剣を「着け剣(つけけん)」して、抵抗できない人間を実の標的として刺突する訓練です。
初年兵教育の3カ月が経った時の卒業試験が「実的刺突」でした。

「人を殺すことが出来て、初めて一人前の兵隊である」というのが皇軍(天皇の軍隊)の兵士に対する考え方でした。
初年兵にとって何よりもつらかったのは「上官の命令は、朕の命令と心得よ」との『軍人勅諭』の教えでした。天皇の命令は絶対であり、上官の命令は天皇の命令として、決して逆らわない教育が徹底されていました。
この教育は子供の時から『教育勅語』により叩き込まれ、「竹槍訓練」での実践も繰り返されました。

皇軍兵士のほとんどが「実的刺突」を経験していますが、これを語る帰還兵士は極めて稀でした。兵士としても、人間としても決して許されない殺人、虐殺だったからです。中帰連の方々は加害証言として「実的刺突」を語り伝えました。
撫順戦犯管理所での認罪教育、「鬼から人」への改造がなされたからです。これを『洗脳』と呼ぶ人がいますが、大日本帝国では「人から鬼」への『洗脳教育』が『教育勅語』によってずっとなされていたのです。

【歴史映像】戦争推進教育映画「戦ふ少国民」 昭和19年、電通制作












731細菌部隊と帝銀事件との真相1


犯人像

・毒物の取り扱いに慣れていた人物

・毒物は、青酸カリではなく、青酸ニトリールではないか。(伴繁雄が証言を覆す・・GHQの圧力?

・もし、この犯人が変装にたけていたなら、731部隊とか、研究者関係は除外されるのではないか、むしろ特務機関とかの謀略活動をやっていた人物ではないのか?

・旧軍関係者の虐殺行為はGHQと繋がっていた有末機関によって隠蔽された。

・警視庁は敗戦から3年で、日本の秘密戦部隊の残虐性を把握したが、国民には全く伏せていた!!

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【後半】質疑応答

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【前半】講演本編


明治大学平和教育登戸研究所資料館 10周年を迎えて








自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学課より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊は731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。



「人骨問題と731部隊」
講師:鳥居靖さん(軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会事務局長)

入所者479人の遺体解剖 ハンセン病療養所が報告書―熊本


ハンセン病 文書が明らかにした“遺体解剖”の事実




終戦から75周年の今、新たな動きを受けての改訂新版!

『長き沈黙【増補版】父が語った悪魔の731部隊』 
2020年11月10日初版第1刷発行 1000円+税

父は自らが隊員であった旧日本軍731部隊の罪状をマスコミに告白し、その2年後に世を去った。
父の遺志を受けて、485回にに及ぶ「語り継ぐ活動」を行ってきた著者。
「憲法改正」が声高に叫ばれ、70年間守られてきた平和憲法が脅かされる今、学び取ってほしい戦争の真実を伝える。

第1章 関東軍防疫給水部731部隊員になる
第2章 731の亡霊 私たちは何を学び取るか
第3章 悲劇を繰り返さないために 教育・学校を考える
混声合唱組曲『悪魔の飽食』



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)


悪魔の飽食:復号731


「許すな憲法破壊!院内集会」-日本学術会議会員任命拒否は憲法違反ー


「菅政権の暴走を許すな!」緊急講演:藤田高景(「村山談話を継承し発展させる会」理事長) 「攻撃型軍隊に変貌する憲法違反の自衛隊」 前田哲男さん(軍事ジャーナリスト)


中国侵略史から学ぶもの


『スパイの妻』黒沢清監督 ヴェネチア銀獅子賞に輝いた最高傑作!

映画『スパイの妻』

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した、黒沢清監督最新作『スパイの妻』。

731部隊が行なった生体実験、細菌戦を世界に訴えようとした勇気ある行動!!

世界は、もう事実を知っているのに、なぜ日本政府は、

きちんと事実を認め、謝罪しない??


PTSDの日本兵と家族の交流館

NHK「おはよう日本」

黒井秋夫講演会

PTSDの日本兵と家族の交流館







パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」

―医学と人権を考える―

(以下、パネル展の内容)

生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)

1969年7月2日(国連:ウ・タント事務総長)

環境への影響予測不能

1、この報告の総括的な結論は数行に要約することができる。即ち、もしこのような兵器が戦争で大規模に使用されるならば、その力がいつまで持続するか、また、それらが我々の生活している社会構造や環境にどんな影響を与えるかは誰も予測することが出来ないということである。この圧倒的な危険は、これらの兵器を先に使用した国にも、攻撃された国にも同じように伴うであろう。その危険は、その国が攻撃能力の開発と並行していかなる防御手段を講じたかどうかに関係がないだろう。費用がかさむことがはっきりしているにも関わらず、どの国でもこの種の戦争の能力を何とかして開発し、獲得できるということからも、特殊な危険性が生じている。この種の兵器が急増する危険性は先進国同様、低開発国にもあるのである。

1、これらの兵器の生産が効果的かつ無条件に禁止されたならば軍備競争の勢いは明らかに弱まるであろう。多数の人命を奪うこうした兵器の使用は、1925年のジュネーブ議定書、最近では国連総会の決議など国際的な合意によって既に非難され、禁じられている。もし、戦争を目的とした化学薬品、細菌の開発、製造、貯蔵がなくなり、すべての兵器庫からそうしたものが消えうせれば効果的な国際管理のもとでの一般完全軍縮、ひいては世界平和への展望は大いに明るいものとなろう。

1、以上のことが実現すれば、国際的な不安や緊張は全般的に弱まるだろう。この報告によって、これらの兵器が使用された場合のきけんな結果が一般に知られ、目覚めた民衆が各国政府に対し早急に生物・化学兵器をなくすよう活動することを求め、その保証を得ることが、この報告書を書いた人たちの願いである。

1969年7月5日 朝日新聞)

米中の生物兵器開発?

 

 







隠された毒ガス兵器


小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           





※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!


  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    歴史改ざん(「風を読む」)


     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置



10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)







 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日


 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 







 1929(昭和4)年 実験医学雑誌第13巻雑報


雑報

学術集談会

10月20日午後1時より当所内講堂に於いて学術集談会を開催した演題下の如し

1.コレラバクテリオファージに関する研究

        吉積泰君

2.人体に於ける寄生虫の原虫病に於ける

興味ある2.3の近業  宮川米次君

(宮川君の講演の内容は総説蘭に掲出せり)

吉積君のコレラファージに関する実験成績を左の如く総括す

最後に余はデレル氏現象においてファージの増量現象を以って主現象と名づけ菌溶解現象を以って随伴減少と名付けんことを提唱す。而してデレル氏現象を広義に解すれば随伴現象即ち溶解現象を件はず唯主現象たるファージ増量現象のみを発現するものもデレル氏現象と解す可きなり。(自抄)


  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。


3部

 

第1審判決に対する中国の各界の支援の声

2章 湖南省常徳の支援者から

中日の真の友好に向けて

 

楊 万柱(常徳師範学院院長)

 

常徳の人々は、自分達の権利や正義を必ず取り戻します。これは日本政府に対して、戦争責任を認めさせる裁判です。日本が2度と以前と同じ道を歩むことのないように、そして中国と共に、平和の道を歩むことを願っております。

  



731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われて
いるのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

四月七日

 どーしても腹の虫がおさまらない。こんなには腹が立ったのは初めてだ。あらゆる罵言を以って軽機をののしった。夜であった。午後八時十分 敗れた悲しみを胸に 其の日三中隊事実上のヒロイン林軍曹の希望で 事務室横に集まった。なんという悲しき集合であろう。僕は幾多の地方に演ぜられる 青少年たちの涙ぐましい色々な競争に生まれる 悲喜劇を見たことがある。勝敗を決する男らしい心持ではあるが また之を行わねばならない社会の趨勢を考えねばならない。




大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 







挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 

Ⅲ モラリストの広島

 毎月5千円の草根木皮は彼女自身の負担である。老医師も老婦人も、原爆以前は夫婦そろって健康だった。それが、あの後めっきり弱くなったのだから、新薬ノイローゼや漢方薬愛好癖の個人差をこえて、やはりこの老夫婦は被爆による諸症状を忍耐して生きる人々であることに疑いはない。

 

唯一の戦争被爆国 日本政府は核兵器禁止条約に署名・批准してください!

  日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行


Ⅰ 731部隊


小笠原 明(おがさわら あきら)

731部隊・少年隊

〈経歴〉

1928年生まれ。

1943年4月 731部隊少年隊に入隊

1944年4月 第2部(実験部)第2課田中班に配属。ペスト菌などを宿らせ伝染させるためのノミ増殖に従事。

1945年8月 日本への撤退途中で中国人民解放軍に入隊、4年間従軍

1949年 帰国。

■この証言は石川(金沢)731部隊展(1993年11月)、栃木(宇都宮)同展(94年9月)、沖縄(那覇)同展(94年1月)、広島同展(94年3月)の『報告集』よりまとめたもの

 

 死体焼却

 

1部の岡本班には、私達の先輩が5人ほど実習に行っていましたが、聞くと毎日のように死体を処理(解剖)させられて、生きた気持ちがせんと言ってました。先輩が言うには、死体解剖したあとはきれいに縫わなくちゃならないのに、岡本班にしても、戦後金沢大の医学部長をされた石川太刀雄丸の石川班にしても、とにかく切りっぱなしの状態で、病理解剖で取った標本、肝臓とか脾臓とかいったものだけ取り除いたら、あとは全部死体焼却場に持って行って焼いておったんだそうです。


 


 『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳


六 第731部隊の各支隊

中国協和医学院教授    張学徳

中央衛生研究院副研究員  方剛

1956年5月28日   撫順にて

(1)119-2、8、1、第17号

 

前記の情況は、現地に古くから在住している老人、日本軍(原文:日寇)にしたがって鉄道建設のためにやってきた労働者、及び日本人の工場で働いたことのある人たちから聞いたものである。私自身も、孫呉一帯の日本軍兵営、飛行場、様々な工場の跡をこの眼で見た。日本軍の孫呉における軍事施設は規模が相当に大きく、以上はほんの一部の情況を述べたに過ぎない。

1)1191416、第3738


●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

3章

2 国内民間人の防毒訓練

 毒ガスに対して無防護状態の日本


これに加えて日本は、国土が狭隘な島国であり、都市に住宅が密集していることから、毒ガス攻撃や空爆を受けた場合、大きな被害が出やすいという弱点があった。もし国家が、国際法に違反して毒ガスを使用した場合は、それに対する報復攻撃がなされ、同等かそれ以上の災厄を自国民にもたらすことになりかねない。国家の指導者層が国民の置かれている状況をよく考えれば、毒ガスは使ってはならない兵器であり、戦争はしてはならないという事に気付いたはずである。





 


 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)




 

2章 地図から消えた神秘の大久野島

 最初の毒ガス被害者


「被害者」はまた「加害者」でもある

 

 風船の原料は和紙であり、工程はとても多い。第1段階は厚さ1㎜の紙を5層に貼り合わせる、第2段階は合わせた厚い紙を何回も検査し、補修し、空気が漏れないようにする。第3段階では、1枚1枚の厚紙をつなげて8mの長さにし、長い三角形に裁断する。第4段階はこの三角形の紙をつなげて球形に合わせる。第5段階では基本的な形の整った風船に空気を入れ、台に架けて満球テストを行う。風船は空気を入れると体積がとても大きくなるので、学生たちはまるで群がる蟻のように風船のまわりで働いた。1945年、日本が最後のあがきともいえる抵抗を試みていたとき、全国で製造した風船爆弾は9000個にもなるのだが、大久野島での生産は200個であった。








 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題







 

●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

謀殺(ぼうさつ)

予防注射を口実に毒殺

 

中島宗一

属官

〈略歴〉

本籍 長野県下伊那郡

出身階級 農民

最終学校名 南信学院2部卒業

学校卒業後の職業 農業

最後の所属 旧竜江省警務庁特務科

被捕日時場所 1945年10月8日 旧斉斉哈爾(チチハル)市白済工廠

 

 自分の事は棚に上げ、前科長の斎藤に責任をなすりつけ、検挙から今日までの経過を報告してから、河野は、「こうなっては、今さら出すにも出されませんし、かといって事件送致にもなりませんし」当惑気に言うのだった。

「また、なんだってそんなのをいつまでも放ったらかしていたのかね」春口から詰問されて、「私もこんなのをいつまでも放っておかずに早々処置した方がいいと思って、何回か科長に計ったのですが、何しろ科長が判然としないもんですから、つい・・・」荒木の顔をちらりと見て、弁解する河野の言葉も終わらぬうちに、「よし僕が責任を持つ。すぐ片付けてしまおう」春口は太っ腹なところを見せるかのごとく指示した。





2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?


2020年12月16日に『化学学校記事』の情報公開裁判があった。防衛省は、「衛生学校記事」と違って「化学学校記事」は、公文書として管理していないという。同じ自衛隊の中の機関誌でありながらなぜこうも扱いが違うのか?防衛省は最初「化学学校記事」は12号まではあったと主張していたが、原告が16号を提出すると、2年間も回答をしなかった。そしてやっと存在を認めた。そして20号まではいっていないと思う。何号まで発行されていたかは分からないとの曖昧な回答。

なぜ、防衛省という公的機関の機関誌の存在を、防衛省はきちんと把握できていないのだろうか?

何を隠そうとしている??


次回「衛生学校記事」情報公開裁判 2月5日(金)15:00~

419号法廷

「化学学校記事」情報公開裁判 3月3日(水)11:00~

法廷未定

自衛隊におけるCBRN対応
         長岡大学教授  兒島 俊郎

2 陸上自衛隊におけるCBRN対応

(3)教範から見えるCBRN対応

 このほか、東京女子大学学長をしていた木村健二郎による「日本RI事初め」、「陸幕長訪英時入手資料『英国陸(空)軍核戦防護関係教範』について」が含まれている。以上の紹介から自衛隊が核兵器生産能力として原発をみていたことが伺える。

 このように陸上自衛隊はCBRNに対応すべく教範の整備を進めるとともに、化学関係の体制を整備しつつ米軍の動向、特に実戦での状況について情報の収集と分析を進めていた。そして日本自身の核武装も視野に入れた原子力開発体制に強い関心を寄せていたのである。


CBRNとはchemical weapon:化学兵器、biological weapon:生物兵器、radiation:放射能物質、nuclear weapon:核兵器を意味する。従来はCBRだけで用いられることが多かったが、近年は核兵器Nを加えてCBRN(日本語ではシーバーンと発音する)として用いることが多くなっている。



1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

4、日本本土も汚されている

Ⅱ 自衛隊と生物・化学兵器―その思想と作戦

1、自衛隊の装備・訓練を探る

国会におけるBC兵器論争

〇小川国務大臣  お尋ねの四塩化エチレンは有機溶剤中毒予防規則の第2種に該当いたしております。

〇楢崎委員    今労働大臣ご指摘の通り、これは第2種に該当するのです。取扱いについては非常に大きな制限があります。それをご存知なくお使いになっておったとするならば、当然この予防規則に触れておることになります。労働大臣の御見解を承りたい。

〇小川国務大臣  これを使用いたしまする場合に、一定の許容量が規定してございますし、またこれを使用いたしまする場合の労働時間等にも規制がございます。実は規則を今広げたばかりでございますから、詳しいお尋ねの場合は少し時間を貸していただきたい。


 


 

 ●昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

2001年ピュリッツァー賞受賞

 

 


※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十四章  創り直された君主制


 CIEの「太平洋戦争史」が日本のアジア民衆との戦いという側面を軽視していたとするなら〔「太平洋戦争史」の叙述の中心はあくまで日米戦争だった〕、幣原内閣のこの不誠実な政策文書は、1931年以来の日本の中国侵略と、1940年に始まる東南アジアヘの侵略をあっさりと捨象していた。115日の戦争責任に関する閣議決定文書は、負けた戦争の原因と結果を逆転させ「ABCD包囲網」から説きおこしていた。これは、真珠湾攻撃前夜の最終局面の時期に、アメリカ、イギリス、中国、オランダが日本に対して軍事的・経済的圧迫を加えているとして用いられた用語であった。

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

●地球の異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリート(アスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

署名国・批准国

2021年1月22日現在の署名国と批准国。

 

署名国            署名日          批准日 (締約日)

アルジェリア        2017年9月20日

アンゴラ          2018年9月27日

アンティグア・バーブーダ    2018年9月26日         2019年11月25日

オーストリア          2017年9月20日       2018年5月8日

バングラデシュ         2017年9月20日       2019年9月26日


 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について






なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!

























 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!

01/29のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/yIZnD1Wwr6 #アメブロ @ameba_officialより
01-29 12:03

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/OIL7taXWBy #アメブロ @ameba_officialより
01-29 11:54

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/ycPi9BaTK9 #アメブロ @ameba_officialより
01-29 11:53

細菌戦の系譜!! https://t.co/7W9xOuMLWt @buooo71より
01-29 11:38

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
01-29 11:37

細菌戦の系譜!! https://t.co/WsbSWP78CN @buooo71より
01-29 11:23

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/ZbWo0V7avU
01-29 11:14

細菌戦の系譜!! https://t.co/W1l5ZiEFc3
01-29 11:09

細菌戦の系譜!! https://t.co/6vLomGr7u2
01-29 11:07

細菌戦の系譜!! https://t.co/jYIC8QVUSV
01-29 11:05

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

細菌(生物)戦争

米中の生物兵器開発?

謎の感染拡大ー新型ウィルスの起源を追う―


20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

私が背負った昭和の業(731部隊員の父と過ごした戦後)

ひとさらい(731部隊員の父と過ごした戦後 野崎忠郎)

父は獣医師だった

ツベルクリン反応検査方法について 美馬聡昭(医師)




日本政府は、きちんと「慰安婦問題」に向き合うべきではないのか。

元慰安婦訴訟 日本は控訴せず、判決確定 強制執行が今後の焦点











1月21日(木)
根岸恵子さんが「731部隊と大連黒石礁事件」についてお話しされました。
ギガファイル便をダウンロードしてご覧ください。(323日までダウンロード可能です。)


「実的刺突」の解説
「実的刺突(じってきしとつ)です。
生きた人間を杭に縛り付け、銃剣で刺し殺す訓練をこう呼びました。
38式歩兵銃に30年式銃剣を「着け剣(つけけん)」して、抵抗できない人間を実の標的として刺突する訓練です。
初年兵教育の3カ月が経った時の卒業試験が「実的刺突」でした。

「人を殺すことが出来て、初めて一人前の兵隊である」というのが皇軍(天皇の軍隊)の兵士に対する考え方でした。
初年兵にとって何よりもつらかったのは「上官の命令は、朕の命令と心得よ」との『軍人勅諭』の教えでした。天皇の命令は絶対であり、上官の命令は天皇の命令として、決して逆らわない教育が徹底されていました。
この教育は子供の時から『教育勅語』により叩き込まれ、「竹槍訓練」での実践も繰り返されました。

皇軍兵士のほとんどが「実的刺突」を経験していますが、これを語る帰還兵士は極めて稀でした。兵士としても、人間としても決して許されない殺人、虐殺だったからです。中帰連の方々は加害証言として「実的刺突」を語り伝えました。
撫順戦犯管理所での認罪教育、「鬼から人」への改造がなされたからです。これを『洗脳』と呼ぶ人がいますが、大日本帝国では「人から鬼」への『洗脳教育』が『教育勅語』によってずっとなされていたのです。

【歴史映像】戦争推進教育映画「戦ふ少国民」 昭和19年、電通制作












731細菌部隊と帝銀事件との真相1


犯人像

・毒物の取り扱いに慣れていた人物

・毒物は、青酸カリではなく、青酸ニトリールではないか。(伴繁雄が証言を覆す・・GHQの圧力?

・もし、この犯人が変装にたけていたなら、731部隊とか、研究者関係は除外されるのではないか、むしろ特務機関とかの謀略活動をやっていた人物ではないのか?

・旧軍関係者の虐殺行為はGHQと繋がっていた有末機関によって隠蔽された。

・警視庁は敗戦から3年で、日本の秘密戦部隊の残虐性を把握したが、国民には全く伏せていた!!

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【後半】質疑応答

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【前半】講演本編


明治大学平和教育登戸研究所資料館 10周年を迎えて








自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学課より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊は731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。



「人骨問題と731部隊」
講師:鳥居靖さん(軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会事務局長)

入所者479人の遺体解剖 ハンセン病療養所が報告書―熊本


ハンセン病 文書が明らかにした“遺体解剖”の事実




終戦から75周年の今、新たな動きを受けての改訂新版!

『長き沈黙【増補版】父が語った悪魔の731部隊』 
2020年11月10日初版第1刷発行 1000円+税

父は自らが隊員であった旧日本軍731部隊の罪状をマスコミに告白し、その2年後に世を去った。
父の遺志を受けて、485回にに及ぶ「語り継ぐ活動」を行ってきた著者。
「憲法改正」が声高に叫ばれ、70年間守られてきた平和憲法が脅かされる今、学び取ってほしい戦争の真実を伝える。

第1章 関東軍防疫給水部731部隊員になる
第2章 731の亡霊 私たちは何を学び取るか
第3章 悲劇を繰り返さないために 教育・学校を考える
混声合唱組曲『悪魔の飽食』



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)


悪魔の飽食:復号731


「許すな憲法破壊!院内集会」-日本学術会議会員任命拒否は憲法違反ー


「菅政権の暴走を許すな!」緊急講演:藤田高景(「村山談話を継承し発展させる会」理事長) 「攻撃型軍隊に変貌する憲法違反の自衛隊」 前田哲男さん(軍事ジャーナリスト)


中国侵略史から学ぶもの


『スパイの妻』黒沢清監督 ヴェネチア銀獅子賞に輝いた最高傑作!

映画『スパイの妻』

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した、黒沢清監督最新作『スパイの妻』。

731部隊が行なった生体実験、細菌戦を世界に訴えようとした勇気ある行動!!

世界は、もう事実を知っているのに、なぜ日本政府は、

きちんと事実を認め、謝罪しない??


PTSDの日本兵と家族の交流館

NHK「おはよう日本」

黒井秋夫講演会

PTSDの日本兵と家族の交流館







パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」

―医学と人権を考える―

(以下、パネル展の内容)

生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)

1969年7月2日(国連:ウ・タント事務総長)

環境への影響予測不能

1、この報告の総括的な結論は数行に要約することができる。即ち、もしこのような兵器が戦争で大規模に使用されるならば、その力がいつまで持続するか、また、それらが我々の生活している社会構造や環境にどんな影響を与えるかは誰も予測することが出来ないということである。この圧倒的な危険は、これらの兵器を先に使用した国にも、攻撃された国にも同じように伴うであろう。その危険は、その国が攻撃能力の開発と並行していかなる防御手段を講じたかどうかに関係がないだろう。費用がかさむことがはっきりしているにも関わらず、どの国でもこの種の戦争の能力を何とかして開発し、獲得できるということからも、特殊な危険性が生じている。この種の兵器が急増する危険性は先進国同様、低開発国にもあるのである。

1、これらの兵器の生産が効果的かつ無条件に禁止されたならば軍備競争の勢いは明らかに弱まるであろう。多数の人命を奪うこうした兵器の使用は、1925年のジュネーブ議定書、最近では国連総会の決議など国際的な合意によって既に非難され、禁じられている。もし、戦争を目的とした化学薬品、細菌の開発、製造、貯蔵がなくなり、すべての兵器庫からそうしたものが消えうせれば効果的な国際管理のもとでの一般完全軍縮、ひいては世界平和への展望は大いに明るいものとなろう。

1、以上のことが実現すれば、国際的な不安や緊張は全般的に弱まるだろう。この報告によって、これらの兵器が使用された場合のきけんな結果が一般に知られ、目覚めた民衆が各国政府に対し早急に生物・化学兵器をなくすよう活動することを求め、その保証を得ることが、この報告書を書いた人たちの願いである。

1969年7月5日 朝日新聞)

 

 







隠された毒ガス兵器


小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           





※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!


  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    歴史改ざん(「風を読む」)


     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置



10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)





 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日


 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 







 1929(昭和4)年 実験医学雑誌第13巻雑報


雑報

学術集談会

10月20日午後1時より当所内講堂に於いて学術集談会を開催した演題下の如し

1.コレラバクテリオファージに関する研究

        吉積泰君

2.人体に於ける寄生虫の原虫病に於ける

興味ある2.3の近業  宮川米次君

(宮川君の講演の内容は総説蘭に掲出せり)

吉積君のコレラファージに関する実験成績を左の如く総括す

又実験的試験管内ファージ発生に関する余の実験において余はファージ発生に困難なるPAファージは酵素作用に依りて燈生するものなることを確実に立証したるを以って酵素も又特殊的刺激の1なりと信ずるものなり。

このことによってファージの発生乃至増殖には一方においては菌そのものの内因的原因と他方特殊の外因的原因とは相まって極めて重要なる因子を構成するものと思惟す。


  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。


3部

 

第1審判決に対する中国の各界の支援の声

2章 湖南省常徳の支援者から

中日の真の友好に向けて

 

楊 万柱(常徳師範学院院長)

 

 私はこの判決は不公平だと思います。何故ならば歴史事実を認めたにも関わらず行政府の謝罪や賠償責任を問わないからです。公正とは言えません。

今日の判決の結果は重大だと思います。日本の裁判所の判決が中国人民の感情に深い傷をつけました。中日友好関係の破壊にも繋がります。最も怖いのは日本の軍国主義復活を狙う右翼の増大であり、またそれによって世界の平和が侵される事は有害だと思います。

  



731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われて
いるのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

四月七日

 

丁度中隊の惨敗を憐れむかの如き 実に涙が出る様な吹雪だ ゴルフ山の中腹に来た時分であった突如でもないが東北から流れて来た一塊の雪が頭の上に来たと思うと恐ろしい。風と共に花泣かせの雪が五尺三寸八分の体と一七貫の体が四十度ぐらい横に吹き飛ばされて 其の冷たさというより痛さのほうが百倍。中隊に帰るまでには雪だるまのごとく 泣き出して帰った。



大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 







挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 

Ⅲ モラリストの広島

 しかし、それにしても、彼の新薬趣味は度を越えていた。老婦人の観察によれば、老医師は、新薬の諸々の成分が胃の中で新たに分解合成しあった挙句に発生した猛烈な毒に、内臓をドロドロに溶かされて死んでしまった。今、やはり被爆者の老婦人は、健康がすぐれないが、断固として新薬を拒否し、毎月5千円の漢方薬を飲んで、悪漢赤い血を批判し続けているのである。市内の病院が原爆症の治療に漢方薬を採用してはいないので、彼女の被爆者手帳ををもってしても、国の補助に頼ることはできない。

 

唯一の戦争被爆国 日本政府は核兵器禁止条約に署名・批准してください!

  日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行


Ⅰ 731部隊


小笠原 明(おがさわら あきら)

731部隊・少年隊

〈経歴〉

1928年生まれ。

1943年4月 731部隊少年隊に入隊

1944年4月 第2部(実験部)第2課田中班に配属。ペスト菌などを宿らせ伝染させるためのノミ増殖に従事。

1945年8月 日本への撤退途中で中国人民解放軍に入隊、4年間従軍

1949年 帰国。

■この証言は石川(金沢)731部隊展(1993年11月)、栃木(宇都宮)同展(94年9月)、沖縄(那覇)同展(94年1月)、広島同展(94年3月)の『報告集』よりまとめたもの

 

 死体焼却

 

それを裏付けるように、人体の焼却炉が私達田中班と本部の研究室の前にあって、その焼却炉から毎日毎日黒い煙が出ておりました。田中班のペスト攻撃による、死体がどんどん焼かれていったんだなあと、その時はっきりと自分で判断することが出来ました。


 


 『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳


六 第731部隊の各支隊

中国協和医学院教授    張学徳

中央衛生研究院副研究員  方剛

1956年5月28日   撫順にて

(1)119-2、8、1、第17号

 

 1945811日、大熊が4名の日本兵を率いて、飼育中の動物を焼き捨て、各種文書や書籍も全てボイラーで燃やした。

 このほか、2645部隊(民衆は東倉庫と呼んでいた)の建設が、偽康徳6年に開始され、8年に完成した。総責任者は不詳であるが、実験室責任者は中村(少尉)で、部下が5人いた。鼠飼育班長は「サガイ」という名で、部下が7人いた。製薬室及び実験室として15部屋が使われ、鼠飼育室は10部屋あった。培養していた種類としては、「蘇雀」50羽余り、白鼠、赤鼠、灰鼠などが約200匹、兎40匹余り、「江猪」50匹ほどがいた。毎週1回の順番に血を採った。更に3000名以上の労働者からも血を採った(身体検査のための採決だという名目で)。


●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

3章

2 国内民間人の防毒訓練

 毒ガスに対して無防護状態の日本


これらの実験が示すように、日本の家屋は毒ガスが室内に侵入しやすく、空襲時には防空壕の替わりにもなる地下鉄構内も安全ではなかった。また、一般の防空壕では気密性が低い為にガスマスクの着用が求めれらているが、前述したように全国民に行き渡るだけのマスクを交付することは到底不可能だったし、糜爛性ガスを防護する防護服(全身をすっぽり覆うゴム引きの防毒衣)も不足していた。






 


 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)




 

2章 地図から消えた神秘の大久野島

 最初の毒ガス被害者


「被害者」はまた「加害者」でもある

 

 島では、これらの学生は各工室に分配されたが、大部分の女学生は風船爆弾の製造にあたった。風船爆弾とは、日本が第2次世界大戦時期に研究製造した一種の兵器であり、風船が気流に乗って遠距離まで漂流することを利用して、爆弾をアメリカの領土まで運んで爆発させようとするものだ。当時アメリカのB29が経常的に日本本土を爆撃していたが、日本はこれに反撃する能力は無かった。そこで、この様な方法を用いて抵抗を行なったのだ。この種の風船は直径10m、製造の技術はそんなにも複雑ではなかったものの、大量の人力を必要としたから、学生たちはこの風船の制作に動員された。








 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題







 

●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

謀殺(ぼうさつ)

予防注射を口実に毒殺

 

中島宗一

属官

〈略歴〉

本籍 長野県下伊那郡

出身階級 農民

最終学校名 南信学院2部卒業

学校卒業後の職業 農業

最後の所属 旧竜江省警務庁特務科

被捕日時場所 1945年10月8日 旧斉斉哈爾(チチハル)市白済工廠

 

 特務科長の更迭によって中央保安局事務官であった春口宗男が新任特務科長として赴任してきたのは、日本では最後の瀬戸際に追いやられ本土作戦が盛んに宣伝され、東北では中国人民の抗日活動が益々公然と活発に行われているところであった。ソ同盟の参戦による非常事態を予想しての人民弾圧の強化が急がれていた。1945年5月末頃のことだった。事務引継ぎ関係機関への挨拶回り等を済ませ、一段落した6月半ばのある日、保安局庁舎の事務官室で春口は河野や荒木から報告を受けていた。

「警察局から留置場の整理を急いでいるので、奴を早く処置してくれって催促されているのですが、いかがですか、科長殿にお話して処置しては・・・」荒木が河野にささやくのを聞いて春口は河野に尋ねた。

「何かね」「実は、始末に困っているのが1人いるんですが・・・」








2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?


2020年12月16日に『化学学校記事』の情報公開裁判があった。防衛省は、「衛生学校記事」と違って「化学学校記事」は、公文書として管理していないという。同じ自衛隊の中の機関誌でありながらなぜこうも扱いが違うのか?防衛省は最初「化学学校記事」は12号まではあったと主張していたが、原告が16号を提出すると、2年間も回答をしなかった。そしてやっと存在を認めた。そして20号まではいっていないと思う。何号まで発行されていたかは分からないとの曖昧な回答。

なぜ、防衛省という公的機関の機関誌の存在を、防衛省はきちんと把握できていないのだろうか?

何を隠そうとしている??


次回「衛生学校記事」情報公開裁判 2月5日(金)15:00~

419号法廷

「化学学校記事」情報公開裁判 3月3日(水)11:00~

法廷未定

自衛隊におけるCBRN対応
         長岡大学教授  兒島 俊郎

2 陸上自衛隊におけるCBRN対応

(3)教範から見えるCBRN対応

 なお「原子炉の特性」では、高速増殖炉、軽水沸騰水炉、軽水加圧水炉、新型転換炉、黒鉛減速炭酸ガス冷却炉、が挙げられているが、その特性項目の1つに「プルトニウム生成量 ㎏/TONU」がある。之を見ると最初の高速増殖炉は「-」となって数値記載はない。他は順に「7.33.9.10、4.85、14」となっている。

 なお「U-235濃縮度%」という項目もあるが、これによると、高速増殖炉は、「炉心平均18」となっている。他は順に
、2.42、300、天然ウランとなり、黒鉛減速炭酸ガス冷却炉については記載がない。


CBRNとはchemical weapon:化学兵器、biological weapon:生物兵器、radiation:放射能物質、nuclear weapon:核兵器を意味する。従来はCBRだけで用いられることが多かったが、近年は核兵器Nを加えてCBRN(日本語ではシーバーンと発音する)として用いることが多くなっている。



1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

4、日本本土も汚されている

Ⅱ 自衛隊と生物・化学兵器―その思想と作戦

1、自衛隊の装備・訓練を探る

国会におけるBC兵器論争

〇赤沢国務大臣  クロルアセトフェノンの5%の液を四塩化エチレンに溶かしまして、それをリバールで60倍に水で薄めて機械的に放水しておるわけでございまして、これは各種の濃度につきまして、長い間警察でも研究した。このクロスアセトフェノンというのはご指摘の通りに、随分昔に開発されたものでありまして、こういう薬剤としては比較的に毒性もない。そこで、いろいろ試験を致しまして、一過性の刺激のあるガスであって、そう生命に別条があるとかいうものでないということで、承知をいたしております。

〇楢崎委員  困りますよ、こういう答弁は。私は、クロルアセトフェノンのことを聞いていないのです。四塩化エチレンの事を聞いているのです。あなた方が使った催涙液の5%がクロルアセトフェノンで、95%が四塩化エチレンじゃありませんか。四塩化エチレンのことを聞いていおるのです。何をそういう答弁をするのですか、時間が無いと言われておるのに、あなたはこれを溶剤として使ったのでしょうか。溶剤として使うことをあなたは責任を持って命じた。だから、これは有機溶剤のーいいですか、有機溶剤中毒予防規則に該当するかどうか、これをきいておる。


 


 

 ●昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

2001年ピュリッツァー賞受賞

 

 


※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十四章  創り直された君主制


東久邇が辞職したあと、幣原首相はさらに歴史の修正を試みた。1945115日、幣原内閣は、その後、保守政治家たちの戦争の主要な柱となった戦争責任に関する文書を閣議決定した。「戦争責任等に関する件」と題されたその文書は、保守主義者たちが「大東亜戦争は帝国が四囲の情勢に鑑み已むを得ざるに出でたるもの」と信じていたことを浮き彫りにした。 これは、米英に対する東条内閣の奇襲攻撃が自衛のためだったというに等しいものだった。文書はさらに、天皇はつねに平和を愛する立憲主義者であり、真珠湾攻撃に関する実施細目についても知らされていなかった、というひどい偽りを公式見解として採用していた。


 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

●地球の異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリート(アスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

内容

 1条 禁止 - 締約国による核兵器や核起爆装置の開発・実験・生産・製造・取得・専有・貯蔵の禁止

·第2条 申告 - 締約国から国連事務総長への過去・現在の状況の申告義務、申告内容の事務総長から全締約国への送付

·第3条 保障措置 - 国際原子力機関との保障処置協定の締結

·第4条 核兵器の全面的な廃絶に向けて - 核兵器廃止国の廃止検証など

·第5条 国内の実施 - 締約国の義務履行処置

·第6条 被害者に対する援助および環境の修復 - 核兵器被害者への適切な援助、汚染地域の修復

·第7条 国際的な協力及び援助 - 他の締約国との協力と相互援助

·第8条 締約国の会合 - 効力発生後1年以内、以後は原則2年ごと

·第9条 費用 - 締約国およびオブザーバー国の費用分担

·第10条 改正 - 締約国による改正提案、改正手続き

·第11条 紛争解決 - 条約の解釈・運用に関する締約国間の紛争の解決手順

·第12条 普遍性 - 締約国から非締約国への当条約への参加の推奨

·第13条 署名 - 当条約は2017年9月20日より著名可能

·第14条 批准、受諾、承認、加盟 - 署名国による批准・受諾・承認の必要性

·第15条 効力発生 - 50番目の批准後に90日で発効

·第16条 留保 - 各条項への留保禁止

·第17条 有効期間と脱退 - 有効期間は無期限、脱退は通告後12ヵ月

·第18条 別の合意との関係 - 当条約と両立する限り、既存の国際協定に影響しない

·第19条 寄託者 - 寄託者は国連事務総長

·第20条 正文 - 6カ国語ひとしく正文


 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について






なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!























 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!

01/28のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/pEG8TkQTjI #アメブロ @ameba_officialより
01-28 11:25

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/oYVDoiqLbG #アメブロ @ameba_officialより
01-28 11:21

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/U1q3VXVQU5 #アメブロ @ameba_officialより
01-28 11:20

細菌戦の系譜!! https://t.co/abtOBe7A9J @buooo71より
01-28 11:02

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
01-28 11:01

細菌戦の系譜!! https://t.co/aJouzS4B5V @buooo71より
01-28 10:51

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/ed5Usxcu9f
01-28 10:46

細菌戦の系譜!! https://t.co/Vj51IOIYqt
01-28 10:37

細菌戦の系譜!! https://t.co/ZlMZN9aZXz
01-28 10:35

細菌戦の系譜!! https://t.co/zhKcZBQwaM
01-28 10:34

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

細菌(生物)戦争

米中の生物兵器開発?

謎の感染拡大ー新型ウィルスの起源を追う―


20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

私が背負った昭和の業(731部隊員の父と過ごした戦後)

ひとさらい(731部隊員の父と過ごした戦後 野崎忠郎)

父は獣医師だった

ツベルクリン反応検査方法について 美馬聡昭(医師)




日本政府は、きちんと「慰安婦問題」に向き合うべきではないのか。

元慰安婦訴訟 日本は控訴せず、判決確定 強制執行が今後の焦点







1月21日(木)
根岸恵子さんが「731部隊と大連黒石礁事件」についてお話しされました。
ギガファイル便をダウンロードしてご覧ください。(323日までダウンロード可能です。)


「実的刺突」の解説
「実的刺突(じってきしとつ)です。
生きた人間を杭に縛り付け、銃剣で刺し殺す訓練をこう呼びました。
38式歩兵銃に30年式銃剣を「着け剣(つけけん)」して、抵抗できない人間を実の標的として刺突する訓練です。
初年兵教育の3カ月が経った時の卒業試験が「実的刺突」でした。

「人を殺すことが出来て、初めて一人前の兵隊である」というのが皇軍(天皇の軍隊)の兵士に対する考え方でした。
初年兵にとって何よりもつらかったのは「上官の命令は、朕の命令と心得よ」との『軍人勅諭』の教えでした。天皇の命令は絶対であり、上官の命令は天皇の命令として、決して逆らわない教育が徹底されていました。
この教育は子供の時から『教育勅語』により叩き込まれ、「竹槍訓練」での実践も繰り返されました。

皇軍兵士のほとんどが「実的刺突」を経験していますが、これを語る帰還兵士は極めて稀でした。兵士としても、人間としても決して許されない殺人、虐殺だったからです。中帰連の方々は加害証言として「実的刺突」を語り伝えました。
撫順戦犯管理所での認罪教育、「鬼から人」への改造がなされたからです。これを『洗脳』と呼ぶ人がいますが、大日本帝国では「人から鬼」への『洗脳教育』が『教育勅語』によってずっとなされていたのです。

【歴史映像】戦争推進教育映画「戦ふ少国民」 昭和19年、電通制作












731細菌部隊と帝銀事件との真相1


犯人像

・毒物の取り扱いに慣れていた人物

・毒物は、青酸カリではなく、青酸ニトリールではないか。(伴繁雄が証言を覆す・・GHQの圧力?

・もし、この犯人が変装にたけていたなら、731部隊とか、研究者関係は除外されるのではないか、むしろ特務機関とかの謀略活動をやっていた人物ではないのか?

・旧軍関係者の虐殺行為はGHQと繋がっていた有末機関によって隠蔽された。

・警視庁は敗戦から3年で、日本の秘密戦部隊の残虐性を把握したが、国民には全く伏せていた!!

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【後半】質疑応答

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【前半】講演本編


明治大学平和教育登戸研究所資料館 10周年を迎えて








自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学課より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊は731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。



「人骨問題と731部隊」
講師:鳥居靖さん(軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会事務局長)

入所者479人の遺体解剖 ハンセン病療養所が報告書―熊本


ハンセン病 文書が明らかにした“遺体解剖”の事実




終戦から75周年の今、新たな動きを受けての改訂新版!

『長き沈黙【増補版】父が語った悪魔の731部隊』 
2020年11月10日初版第1刷発行 1000円+税

父は自らが隊員であった旧日本軍731部隊の罪状をマスコミに告白し、その2年後に世を去った。
父の遺志を受けて、485回にに及ぶ「語り継ぐ活動」を行ってきた著者。
「憲法改正」が声高に叫ばれ、70年間守られてきた平和憲法が脅かされる今、学び取ってほしい戦争の真実を伝える。

第1章 関東軍防疫給水部731部隊員になる
第2章 731の亡霊 私たちは何を学び取るか
第3章 悲劇を繰り返さないために 教育・学校を考える
混声合唱組曲『悪魔の飽食』



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)


悪魔の飽食:復号731


「許すな憲法破壊!院内集会」-日本学術会議会員任命拒否は憲法違反ー


「菅政権の暴走を許すな!」緊急講演:藤田高景(「村山談話を継承し発展させる会」理事長) 「攻撃型軍隊に変貌する憲法違反の自衛隊」 前田哲男さん(軍事ジャーナリスト)


中国侵略史から学ぶもの


『スパイの妻』黒沢清監督 ヴェネチア銀獅子賞に輝いた最高傑作!

映画『スパイの妻』

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した、黒沢清監督最新作『スパイの妻』。

731部隊が行なった生体実験、細菌戦を世界に訴えようとした勇気ある行動!!

世界は、もう事実を知っているのに、なぜ日本政府は、

きちんと事実を認め、謝罪しない??


PTSDの日本兵と家族の交流館

NHK「おはよう日本」

黒井秋夫講演会

PTSDの日本兵と家族の交流館







パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」

―医学と人権を考える―

(以下、パネル展の内容)

生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)

1969年7月2日(国連:ウ・タント事務総長)


はかり知れぬ国の費用

1、さらに、生物・化学兵器は他の兵器の安価な代用品ではない。これらの兵器の開発、生産、貯蔵によって国の費用は増えることになる。その費用は、もちろん正確に見積もることはできない。それはその国の工業力によるだろう。一部の国はその費用に耐えられるかもしれないが、実験や運搬手段の開発に振り向けなければならない財源を考慮すれば、どうしても耐えることのできない国もあろう。しかも、世界で最も富んだ国でも、費用をどれほどかけようとも、防御態勢を完全に確保することはできないだろう。

1、生物・化学兵器は、その力の規模、持続期間の何れについても、その多様さを予測できないものであり、更に、これらに対する確実な防御措置をとることはできないのであるから、こうした兵器を世界中からなくすことは、どの国の安全をも損なうことにはならないであろう。如何なる生物・化学兵器も、ひとたび戦争で使用されると、同種の、より危険な兵器や、他の大量殺りく兵器の使用という深刻なエスカレーションの危険が出てくるだろう。端的に言えば、生物・化学兵器と、それに対する防御手段の開発は、必ずしもそれに見合う安全保障の利点を伴うことなく、経済的な負担となる。

 

 







隠された毒ガス兵器


小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           





※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!


  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    歴史改ざん(「風を読む」)


     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置



10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)









 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日


 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 







 1929(昭和4)年 実験医学雑誌第13巻雑報


雑報

学術集談会

10月20日午後1時より当所内講堂に於いて学術集談会を開催した演題下の如し

1.コレラバクテリオファージに関する研究

        吉積泰君

2.人体に於ける寄生虫の原虫病に於ける

興味ある2.3の近業  宮川米次君

(宮川君の講演の内容は総説蘭に掲出せり)

吉積君のコレラファージに関する実験成績を左の如く総括す

余がファージ増殖性より観たる菌群を次のく類別せんとす。

第1群特殊の刺激を外界より受くることなく自動的にファージを産生する菌群。例えば抵抗性コレラファージ産生菌。

第2群自動的にファージを産生する能力を有せざるも外界より特殊の刺激を受くるとき並びに始めてファージ増殖性を発揮する菌群。例えば非抵抗性非産生菌。

3群自動的にファージを産生する能力を有せず又外界より特殊の刺激を受くるとも全くファージ増殖性を発揮せざる菌群。例えば抵抗性非産生菌並びに外界より特殊の刺激と言えるはファージはその1つなり。



  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。


3部

 

第1審判決に対する中国の各界の支援の声

2章 湖南省常徳の支援者から

中日の真の友好に向けて

 

楊 万柱(常徳師範学院院長)

 

 湖南省の徐徳師範学院院長の楊万柱と申します。今回私達46名は原告団を応援する為、正義の為に日本に参りました。

 私は今回の判決に対して非常に怒りを感じています。この怒りは原告のみならず、中国の全人民が感じているでしょう。中国の常徳でも、人々が裁判の結果を知り、彼らも怒りを感じています。 

  



731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われて
いるのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

四月六日

涙の出る様な苦しみをなめた予行演習の後とて 勝つ事は胸に災えていた。段々進んで小銃者が終わった時は予期した通り大隊の一等であった。

然し之を一大視するのは大間違いだった。何分三中隊の軽機と来た日にはなっていない、腹が立って仕方がないのだ 此の時ぐらい淋しい思いをしたことはなかった。泣きっ面に蜂でもあるまいが 敗れて帰る 悲惨ななきがらに向かって本当にひどく雪が吹き付けた



大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 







挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 

Ⅲ モラリストの広島

 かくのごとく悪漢赤い血は戦後栄えたが、老婦人の医師であった夫君は、戦争中、町会の指導者として活動したという理由で追放されてしまった。老医師は、≪俺は男がすたった!≫と慨嘆し、失意のうちに、新薬さえ見れば全て買い込んで、どんどん飲んでしまうという、医師らしからぬ神経症の虜となった。

原爆投下後の数日間、老医師は広島で最も献身的に救護活動したあの町医者たちの一人だったし、もとより彼もまた被爆したのだから、彼が新薬さえ見ればそれを大量に注文し服用したくなったからとといって不自然ではない。

 

唯一の戦争被爆国 日本政府は核兵器禁止条約に署名・批准してください!

  日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行


Ⅰ 731部隊


小笠原 明(おがさわら あきら)

731部隊・少年隊

〈経歴〉

1928年生まれ。

1943年4月 731部隊少年隊に入隊

1944年4月 第2部(実験部)第2課田中班に配属。ペスト菌などを宿らせ伝染させるためのノミ増殖に従事。

1945年8月 日本への撤退途中で中国人民解放軍に入隊、4年間従軍

1949年 帰国。

■この証言は石川(金沢)731部隊展(1993年11月)、栃木(宇都宮)同展(94年9月)、沖縄(那覇)同展(94年1月)、広島同展(94年3月)の『報告集』よりまとめたもの

 

“マルタ”のカルテ

早い人で3日目か4日目にはほとんど死んでおりました。長くても1週間と生きてはいなかったと思います。ペストがひどい攻撃力を持っている事を知りました。田中班が、ペスト爆弾を製造するためにいろいろな細菌攻撃(細菌感染の事)を人体を使って行っておったという事は、間違いない、と私は証言いたします。 


 


 『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳


六 第731部隊の各支隊

中国協和医学院教授    張学徳

中央衛生研究院副研究員  方剛

1956年5月28日   撫順にて

(1)119-2、8、1、第17号

 

 同部隊では鼠の飼育以外に、教育訓練も行っていた。金沢中尉が担当し、毎年2期ずつ訓練した。各期の定員は156名で、1944年から「9.3」までに、合わせて450名訓練した。

 部隊の初代部隊長は佐々木少佐で、偽康徳10年、西俊英少佐に代わった。同部隊は当初は30数名しかいなかったが、偽康徳9年には80数名に増えた。医務及び実験室担当者は氏名不詳、労務管理者は金子という名であった。ポンプ管理は一条、ボイラー管理は大熊、車庫管理は多井という名だった。


●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

3章

2 国内民間人の防毒訓練

 毒ガスに対して無防護状態の日本

さらに、1941(昭和16)年8月には茨城県の水戸射爆場で、目張りした木造兵舎や防空壕に動物を入れて催涙性ガスを焚く実験が行われたが、兵舎は床下や天井からガスが侵入し、特に気密に留意して作られた半地下防空壕は侵入されなかったが、一般の防空壕ではガスマスクが必要だと判断された。次いでこの兵舎・防空壕に対して重爆撃機3機によるイペリット雨下実験が行われたが、付近の虫はすぐに死に、数日後には木の葉が黄色くなり、風下3㎞の木が枯死したという(同上)。







 


 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)




 

2章 地図から消えた神秘の大久野島

 最初の毒ガス被害者


「被害者」はまた「加害者」でもある

 

 1941年、太平洋戦争が勃発して、日本全国が「戦時体制」に突入する中で、毒ガス工場も新しい時期を迎えた。日本政府は「徴用令」は発布し、16~19歳の青年を大量に徴用工として毒ガス工場で働かせた。1944年になると、この徴用の範囲はさらに広がり、在学中の小中学生から女学生までが徴用された。統計によればこの時期に徴用された学生は1084人で、大部分はやはり女学生であった。これらの学生たちは、小さいものは13歳から、大きくても16歳を越えてはいなかった。徴用された彼(彼女)らは、毎日いわゆる「決戦服」を着て、救急袋を肩にかけて訓練を受けた。島に行った時、製造所の所長、山中峯次が行った訓話の内容を覚えている人がいた。

「ここは、兵器生産の秘密の場所だ。君たちはどんな人にも、ここでのことを話してはならない。島を出る時は、必ず検査を受けなければならない」

 








 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題







 

●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

謀殺(ぼうさつ)

予防注射を口実に毒殺

 

中島宗一

属官

〈略歴〉

本籍 長野県下伊那郡

出身階級 農民

最終学校名 南信学院2部卒業

学校卒業後の職業 農業

最後の所属 旧竜江省警務庁特務科

被捕日時場所 1945年10月8日 旧斉斉哈爾(チチハル)市白済工廠

 

その後、荒木は彼の処置について河野や斎藤に計った。だが、既に重要容疑者のごとく報告した手前もあり、また何とかものにしたいといった未練があった。科長からは判然とした指示を受けることができないまま、保安局の独房に放っておくわけにもいかない。そこでチチハル市警察局の留置場に移し1年余りが過ぎたのである。








2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?


2020年12月16日に『化学学校記事』の情報公開裁判があった。防衛省は、「衛生学校記事」と違って「化学学校記事」は、公文書として管理していないという。同じ自衛隊の中の機関誌でありながらなぜこうも扱いが違うのか?防衛省は最初「化学学校記事」は12号まではあったと主張していたが、原告が16号を提出すると、2年間も回答をしなかった。そしてやっと存在を認めた。そして20号まではいっていないと思う。何号まで発行されていたかは分からないとの曖昧な回答。

なぜ、防衛省という公的機関の機関誌の存在を、防衛省はきちんと把握できていないのだろうか?

何を隠そうとしている??


次回「衛生学校記事」情報公開裁判 2月5日(金)15:00~

419号法廷

「化学学校記事」情報公開裁判 3月3日(水)11:00~

法廷未定

自衛隊におけるCBRN対応
         長岡大学教授  兒島 俊郎

2 陸上自衛隊におけるCBRN対応

(3)教範から見えるCBRN対応

 同じく第4号は「2 新しい米陸軍の化学関係装備品」も載せているが、新型火炎放射器や放射線測定訓練セットなどを紹介している。このように陸上自衛隊は、ベトナム戦争における米軍の活動を化学戦の観点から分析していたのである。
 また「3 原子力の過去・現在・未来」は科学評論家岸田純之介の講演を長沢3佐が整理したものであるが、その結論は「将来とも核を保有しないとしても原子力の水準は高く持ち国際的な発言力は保持しておくことである。このことは安全保障における核の傘を確実に確保する為にも必要なことである」であった。この後に長沢3佐の「原子力発電見学記」が続く。これには「日本の原子力発電計画」「原子力発電の見通し」「原子炉特性」「発電炉の建設地点」が資料として付されている。


CBRNとはchemical weapon:化学兵器、biological weapon:生物兵器、radiation:放射能物質、nuclear weapon:核兵器を意味する。従来はCBRだけで用いられることが多かったが、近年は核兵器Nを加えてCBRN(日本語ではシーバーンと発音する)として用いることが多くなっている。



1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

4、日本本土も汚されている

Ⅱ 自衛隊と生物・化学兵器―その思想と作戦

1、自衛隊の装備・訓練を探る

国会におけるBC兵器論争

〇楢崎委員  これはすぐわかることです。事務当局でもよろしゅうございますよ。それでは国家公安委員長にお伺いします。あなたはこれを使った張本人だから、この有機溶剤の取り締まり規則に触れるかどうか、お答えください。

〇赤沢国務大臣  四塩化エチレンは、アセチレンにクロールガスを作用して、作ったものですが、これは普通の洗剤の原料として使われておりますけれども、ただいま申されたものに該当するかどうかということはそこまで調べておりません。

〇楢崎委員  あなたはそういうことも調べないで、それを人体実験したのですか。どうですか、こういう法的な関係を全然警察は調べもせずに佐世保で使ったのですか。


 


 

 ●昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

2001年ピュリッツァー賞受賞

 

 


※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十四章  創り直された君主制


東久邇による総懺悔と挙国一致への訴えは複雑な結果を生んだ。日本人のなかには、ただちにこに納得した者もいたけれども、大多数の反応は困惑や怒りに満ちたものであった。経済的に厳しい時代状況と、戦時中に国民に強いられた犠牲がじつは著しく不平等だったという、つい先ごろ味わった経験とが結びついて、東久邇のメッセージは減殺され、国家指導者にする不信感を高める結果となった。そして、東久邇が、日本の敗北の主たる原因を敵との間の戦力と国力の巨大な格差に求めたことは、多くの国民に対して、指導者が米英と無謀な戦争を行ったという印象を抱かせる結果を招いた。


 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

●地球の異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリート(アスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

内容

 

当条約の原文は、国連公用語である英語・フランス語・ロシア語・中国語・スペイン語・アラビア語で、国際連合の公式ウェブサイトに掲載されている。

なお日本は不参加のため外務省の公式な翻訳はないが、外務省は英文、暫定的な仮訳、日本国政府の考えを掲載中。
当条約は前文と20の条文から構成される。

前文では核兵器の非人道性、全廃の必要性、安全保障上の利益、「核兵器のない世界」の達成、国際人道法、過去決議との関連、法的禁止、平和利用、教育の重要性などを締結国の認識と記載した。

 

あらゆる核兵器の使用から生ずる壊滅的で非人道的な結末を深く憂慮

いかなる場合にも核兵器が再び使用されないことを保証する唯一の方法として,核兵器を完全に 廃絶することが必要

核軍備の縮小が倫理上必要不可欠であること並びに国家安全保障上及び集団安全保障上の利益の双方に資する

最上位の国際的な公益である核兵器のない世界を達成し及び維持

あらゆる核兵器の使用は,武力紛争の際に適用される国際法の諸規則,特に国際人道法の諸原則及び諸規則に反する

1946年1月24日に採択された国際連合総会の最初の決議及び核兵器の廃絶を要請するその後の決議を想起

核兵器を法的拘束力で禁止

この条約のいかなる規定も,無差別に平和的目的のための原子力の研究,生産及び利用を発展させることについての締約国の奪い得ない権利に影響を及ぼすものと解してはならない

全ての側面における平和及び軍備の縮小に関する教育並びに現在及び将来の世代に対する核兵器の危険及び結末についての意識を高めることの重要性

 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について






なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!





















 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!

01/27のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/oCKrjwSN82 #アメブロ @ameba_officialより
01-27 12:03

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/3fZUVZIwWd #アメブロ @ameba_officialより
01-27 11:57

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/iP3YdUQTKC #アメブロ @ameba_officialより
01-27 11:56

細菌戦の系譜!! https://t.co/I6rpkrUSeD @buooo71より
01-27 11:38

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
01-27 11:37

細菌戦の系譜!! https://t.co/iJJfprcfOx @buooo71より
01-27 11:25

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/foRtAD00N2
01-27 11:16

細菌戦の系譜!! https://t.co/uWxSEfSrYJ
01-27 11:09

細菌戦の系譜!! https://t.co/0GecU8gaJl
01-27 11:08

細菌戦の系譜!! https://t.co/kCqMbg2ymR
01-27 11:06

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

細菌(生物)戦争

米中の生物兵器開発?

謎の感染拡大ー新型ウィルスの起源を追う―


20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

私が背負った昭和の業(731部隊員の父と過ごした戦後)

ひとさらい(731部隊員の父と過ごした戦後 野崎忠郎)

父は獣医師だった

ツベルクリン反応検査方法について 美馬聡昭(医師)




日本政府は、きちんと「慰安婦問題」に向き合うべきではないのか。

元慰安婦訴訟 日本は控訴せず、判決確定 強制執行が今後の焦点







1月21日(木)
根岸恵子さんが「731部隊と大連黒石礁事件」についてお話しされました。
ギガファイル便をダウンロードしてご覧ください。(323日までダウンロード可能です。)


「実的刺突」の解説
「実的刺突(じってきしとつ)です。
生きた人間を杭に縛り付け、銃剣で刺し殺す訓練をこう呼びました。
38式歩兵銃に30年式銃剣を「着け剣(つけけん)」して、抵抗できない人間を実の標的として刺突する訓練です。
初年兵教育の3カ月が経った時の卒業試験が「実的刺突」でした。

「人を殺すことが出来て、初めて一人前の兵隊である」というのが皇軍(天皇の軍隊)の兵士に対する考え方でした。
初年兵にとって何よりもつらかったのは「上官の命令は、朕の命令と心得よ」との『軍人勅諭』の教えでした。天皇の命令は絶対であり、上官の命令は天皇の命令として、決して逆らわない教育が徹底されていました。
この教育は子供の時から『教育勅語』により叩き込まれ、「竹槍訓練」での実践も繰り返されました。

皇軍兵士のほとんどが「実的刺突」を経験していますが、これを語る帰還兵士は極めて稀でした。兵士としても、人間としても決して許されない殺人、虐殺だったからです。中帰連の方々は加害証言として「実的刺突」を語り伝えました。
撫順戦犯管理所での認罪教育、「鬼から人」への改造がなされたからです。これを『洗脳』と呼ぶ人がいますが、大日本帝国では「人から鬼」への『洗脳教育』が『教育勅語』によってずっとなされていたのです。

【歴史映像】戦争推進教育映画「戦ふ少国民」 昭和19年、電通制作












731細菌部隊と帝銀事件との真相1


犯人像

・毒物の取り扱いに慣れていた人物

・毒物は、青酸カリではなく、青酸ニトリールではないか。(伴繁雄が証言を覆す・・GHQの圧力?

・もし、この犯人が変装にたけていたなら、731部隊とか、研究者関係は除外されるのではないか、むしろ特務機関とかの謀略活動をやっていた人物ではないのか?

・旧軍関係者の虐殺行為はGHQと繋がっていた有末機関によって隠蔽された。

・警視庁は敗戦から3年で、日本の秘密戦部隊の残虐性を把握したが、国民には全く伏せていた!!

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【後半】質疑応答

戦前と戦後の連続性 -帝銀事件と戦争責任-【前半】講演本編


明治大学平和教育登戸研究所資料館 10周年を迎えて








自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学課より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊は731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。



「人骨問題と731部隊」
講師:鳥居靖さん(軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会事務局長)

入所者479人の遺体解剖 ハンセン病療養所が報告書―熊本


ハンセン病 文書が明らかにした“遺体解剖”の事実




終戦から75周年の今、新たな動きを受けての改訂新版!

『長き沈黙【増補版】父が語った悪魔の731部隊』 
2020年11月10日初版第1刷発行 1000円+税

父は自らが隊員であった旧日本軍731部隊の罪状をマスコミに告白し、その2年後に世を去った。
父の遺志を受けて、485回にに及ぶ「語り継ぐ活動」を行ってきた著者。
「憲法改正」が声高に叫ばれ、70年間守られてきた平和憲法が脅かされる今、学び取ってほしい戦争の真実を伝える。

第1章 関東軍防疫給水部731部隊員になる
第2章 731の亡霊 私たちは何を学び取るか
第3章 悲劇を繰り返さないために 教育・学校を考える
混声合唱組曲『悪魔の飽食』



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)


悪魔の飽食:復号731


「許すな憲法破壊!院内集会」-日本学術会議会員任命拒否は憲法違反ー


「菅政権の暴走を許すな!」緊急講演:藤田高景(「村山談話を継承し発展させる会」理事長) 「攻撃型軍隊に変貌する憲法違反の自衛隊」 前田哲男さん(軍事ジャーナリスト)


中国侵略史から学ぶもの


『スパイの妻』黒沢清監督 ヴェネチア銀獅子賞に輝いた最高傑作!

映画『スパイの妻』

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した、黒沢清監督最新作『スパイの妻』。

731部隊が行なった生体実験、細菌戦を世界に訴えようとした勇気ある行動!!

世界は、もう事実を知っているのに、なぜ日本政府は、

きちんと事実を認め、謝罪しない??


PTSDの日本兵と家族の交流館

NHK「おはよう日本」

黒井秋夫講演会

PTSDの日本兵と家族の交流館







パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」

―医学と人権を考える―

(以下、パネル展の内容)

生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)

1969年7月2日(国連:ウ・タント事務総長)


自然のバランス崩す

1、すべての兵器は人の生命を破壊するが、生物・化学兵器は、その効果を生き物だけに対して発揮する兵器の部類に属する。生物兵器が故意に病気をまき散らすために使用できるという考えは、人々に恐怖の念を生じさせる。ある種の化学薬品や細菌は場所と時を問わず、その潜在的な力が無限であるという事実、また、それらを大規模に使用すると、自然のバランスに有害かつ取り返しのつかない影響をもたらし得るという事実はこの種の兵器の存在によって生じる不安の念と緊張感を増大させる。これらの点を考慮すると、現在続いている軍備競争に関しては、これらの兵器は独自のカテゴリーに属する。

1、今回の調査によれば、化学薬品や細菌などの数だけでなく、それらの毒性、効果の多様性の点で、生物・化学兵器の武器開発の可能性は近年かなり強まっている。一方、化学兵器が市民の騒乱規制に用いるために開発されている。また農産物の増産のためにも開発されている。これらの物質が他の化学薬品より毒性が少ないとしても、民間で間違った考えのもとに使われたり、あるいは軍事目的のもとに使用されれば、非常に危険なものとなるだろう。

他方、兵器として使用され得る一部の化学薬品は、今まで知られた中で最も致命的な毒薬なのである。一定の環境の下では、ある化学薬品が効果を発揮する地域を地理的に厳密に限ることも可能だろう。だが、条件が違えば、ある種の生物・化学兵器は、目的地域をはるかに越えてその力を発揮してしまうかもしれない。これらの物質、特に生物兵器の方がどのくらい持続し、広がり、更にどのような変化をもたらすかについて予測することはできない。

 

 







隠された毒ガス兵器


小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           





※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!


  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    歴史改ざん(「風を読む」)


     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置



10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)







 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日


 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 







 1929(昭和4)年 実験医学雑誌第13巻雑報


雑報

学術集談会

10月20日午後1時より当所内講堂に於いて学術集談会を開催した演題下の如し

1.コレラバクテリオファージに関する研究

        吉積泰君

2.人体に於ける寄生虫の原虫病に於ける

興味ある2.3の近業  宮川米次君

(宮川君の講演の内容は総説蘭に掲出せり)

吉積君のコレラファージに関する実験成績を左の如く総括す

かくして菌の溶解現象はファージの存在を立証する上においてのみ重要なる意義を有する事を並びに抵抗性ファージ産生菌を得て一層明瞭ならしめ且つファージ増殖に於ける非抵抗菌の意義はファージ増殖を速やかならしむる利あることを追加せんと欲す。以上述べ来たりたる所見に依りデレル氏現象の本態乃至機転を考察するに該現象の本態乃至機転は如何なる現由によりてファージが増殖するやの一事に帰着するものの如く思惟せらる。