FC2ブログ

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!

   被服支廠キャンペナーズと喋ろう


【日航機墜落事故の真相】

申し込み先のメルアドが間違っていました。失礼いたしました。






●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)
















1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)






第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験



 しばらくして初めは片側であったものが、両側が犯されるようになる。軽度の不全麻痺は1週間もしくはそれ以上に及ぶ。この間に上肢の振戦がさらに進んで、全身の振戦が出現するものがある。このような状態でも回復する場合もあるが、多くは一層強度になって完全麻痺となり、弛緩状態になる。この発生も通常上肢から始まり、後に下肢に来る。最後には死に至る。




 


 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)


中国各地から支援団合流

 中国国内での細菌戦についての報道は、1997年から1999年までの 間は「経視 ニュース」が報道したのみであった。現在は多くのマスコミが細菌戦の事実に注目し、日本政府への圧力も徐々に強くなってきている。日本政府は細菌戦の事実を隠蔽しようとしてきたが、細菌戦の罪悪は多くの人の知るところとなった。

 湖南省、浙江省、上海、重慶及び香港からの裁判支援は全部で75人。これは侮れない力である。そして、その中でも、常徳支援団は主力である。







●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 

一月二七日

午前六時十分 晴 風あれど割合に暖か 不寝番十一時半至 零下十八度

午前六時十分起床す 非常にねむし 大隊当番第二日目だ 少々慣れたが忙しいのは変わらず。新聞にて社頭の雪の歌を見る  こんな神々しい静かなゆとりを読むと自分の心持まで軍隊意識が冷え込んでしまう  運悪くその歌の新聞紙を失くしてしまった。この日記に書きこんで今日一日を私らしい心持を此の中に折り込んでおきたかった。軍隊生活にも折にはこんな心持になることができるとね。

 正月の弐拾六日事件あり 場所は四平街付近。馬賊十幾名四平街に現れ第十六列車襲撃を目的としてその手段はレール一本を持ありたり。折から第十六列車に先立ち四平街を発して次の駅の貨車を引くべき機関車のみ進行し乗りしが幸い 脱線のみにて事無く 付近の馬賊は一挙にけん銃を機関車に発射しつつ目的を果たさず逃走せり  第十六列車がもしも脱線して馬賊が来たら・・・残酷性を物とせずの人ばかり 必ず恐ろしい結果になったのであろう

守備隊の必要なことが理解出来て良いかもしれないが一面大きな恥としなければならない





●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

6、今の日本では多く語られない戦争の加害を少しでも知ることはこれからの国の在り方、自らの生き方を考えるうえで大変重要であると感じました。パネル自体も難しすぎず、大変簡潔になっており、わかりやすいと感じました。

(男性、20代、市内、友人)


    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書


挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

≪先日、長崎で、原口喜久也という被爆者で詩人であった人が、骨髄性白血病であったか、診断されてから縊死したということを、ふとした機会から、その遺稿詩集の後記で知って暗然とした。・・・その原口氏が死んだのは、原爆の後遺症でなく、自らの下した死で死にたかったのではないか。すべてひっくるめて、原爆後遺症として非人間的、没個性的に一括されるのでなく、一人の生を生きた人間の、いかにもその人らしい死を、原爆の手から離して遂げようとしたのではないかと解したい。
 原口氏の健康への違和感は被爆者への詳細な検診がなければ、その病因は明らかにされなかったのであろう。単なる違和感としてのみあって、突然の死が来たのであろう。



 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

 8月9日のソ連参戦により部隊破壊と(臨江)付近に退がれ」と命令したのは関東軍参謀であった。ハバロフスク裁判での尋問調書の中で松村はその事について、「1945年8月9日あるいは10日、軍事行動開始に関連して、山田司令官は総ての実験室および貴重な細菌培養設備を絶滅することに決しましたが、これはこれらの科学実験室がソビエト軍の手に落ちないためでありました。私の部下の草地大佐によって上述の諸部隊の解消及びこれらの部隊員の京城市(南朝鮮)への引き上げに関する命令が作成され、同日、命令は山田司令官によって署名され、その遂行の為、第731部隊及び第100各部隊長宛送られました」と、部隊破壊と、隊員と「貴重な設備」を「南朝鮮」に引き揚げるようにという証拠隠滅の指示が関東軍によりなされましたことを証言している。

 

 



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


(昨日の供述書の名前は、長沼ではなくて貝沼でした。)


 堀口正雄供述書(1954年8月28日)

問:思想対策実施の結果と犯した罪について具体的に述べよ

答:在任中、私は各地の軍情、各機関の動向、労働者の動態、民心の動向に関する情報を収集している抗日地下工作員について、秘密裏に偵察して逮捕するよう命じた。1942年8月、平陽鎮地区で約10名、半截河地区で約20名、鶏寧、滴道地区で約10名、八面通、下城子、梨樹鎮地区で15名、綏陽、綏芬河地区で約15名、林口、杏樹、勃利地区で約10名、計80名前後を逮捕した。これら80名前後の地下工作員に対して、拷問を加え、「満州国軍機保護法」、「治安維持法」などに従って処理した。その内訳は、私の提案により、憲兵司令官の許可を受けて、1942年9月から43年7月までに「特移扱」でハルピンの石井部隊に引き渡した者約20名、牡丹江省及び東安省検察庁に送られ処刑された者25名、鶏寧陸軍特務機関に送られて処理されたもの20名、「満洲国」第6軍管区軍法会議に送られた者10名、我が隊で強制的に使用したもの5名である。

(1)119-2、40、1、第3号

 


●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


科学者の動員による毒ガス開発の推進


 実は、アジア太平洋戦争開戦前にこのような戦時研究員制度が不可欠であると訴えていた科学者がいた。後に第6陸軍技術研究所戦時研究員となる小竹無二雄は、41年に出版した「科学者の心境』の中で、劣った産業と国防では国家の興隆と安寧は望めないので、日本が最も劣っている問題を解決するためには、「数人の指導者が協力者を携げ、束になって各人の名誉も利益も全く顧みることなく、協力一致することより他に方法はありえない」として、大学や研究所を超えた科学者の協力関係を築いて研究を進めるべきだと提言している。

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず


  死の谷踏査記


 しかしながら、それらの遺棄された化学兵器が一体どういう情況にあるのか、一般の人々には想像しに難い。「条約」調印1周年にあたり、私たちは中国で旧日本陸軍の遺棄した毒ガス兵器が最も集中している場所の一つである吉林省敦化市ハルバ嶺に赴いて視察を行った。

 その前に、私たちは文献資料を調べ、ここに日本軍の砲弾が大量に遺棄されている理由を知った。戦争中、敦化は偽満州国の「首都」新京(長春)を守備する主要防御線上に位置し、日本軍の主力が駐屯していた。特に日本の降伏が迫っている時、関東軍は大量の武器や弾薬を運んできて、最後の抵抗を行う準備をした。しかしもっと多くの弾薬倉庫を立てる時間がなく、露天に置いておくしかなかった。この情況について、私たちは後に何人かの生き証人を訪ねた。





日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


糧穀の略奪

冷酷非情な取り立て


引地 章(ひきじあきら)

警察署長 警正

(略歴)

学歴 高等小学校卒業

所属 旧満国 図們警察署

年齢 54歳


 まもなく県公署の前が騒々しくなり、馬車や、大勢の農民たちの姿が見え、警備隊員がしきりに農民を追い払っている。農民たちはこの炎天に、バスにも乗らないで、今朝から40華里の道を歩いたり、交代で馬車に乗ったりしてきたのである。高粱笠をかぶり、単衣の白とも黒も見分けられぬ、ぼろ布を着て、裸足のもの、ぼろ靴を履いている者もあった。だが彼らの手には何もなかった。これは県城付近で、警備隊によって取り上げられていたのである。

 やがて農民の代表として村長以下5名か、曲科長に案内されて入ってきた。李村長は中肉中背で60の坂を上回っていたが、頑丈そうながっちりとした体で、眼は不屈の光を放っていた。垂れ下がった長い髭はキリッとした顔とよく釣り合って、しっかりした感じを人々に与えていた。



 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 最近の自衛隊の生物戦に関する動きを見ると、2000年5月より、自衛隊は部外有識者からなる「生物兵器への対処に関する懇談会」を開始し、翌20014月には防衛庁長官に「生物兵器への対処に関する懇談報告書」が提出されました。

 これらを踏まえ、同年5月防衛庁は庁内に「生物兵器対処に係る連絡会議」を設置し、運用面の観点から生物兵器対処に係る基本的考え方を整理し施策の全体像を示す検討を開始しました。

 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器


1 自衛隊の基本戦略


自衛隊の基本戦略


 軍隊としての自衛隊は、創設の時以来国民の目をごまかすことが最も大きな仕事であった。自衛隊法第3条がその任務を「国の安全を保つため、直接侵略及び8間接侵略に対し我が国を防衛すること」としている以上、時には国民をも敵としなければならないからでもある。

 よく、自衛隊は「通常戦争」と「治安出動」の2つの任務を持っているというように説明される。自衛隊法でも「直接侵略と間接侵略」といった分け方をして、あたかもそのような定義があるかのような文章表現をとっているけれども、「間接侵略」などという定義はおよそ軍事的にはナンセンスである。「間接侵略」という定義を国際条約上初めて使ったのが、旧日米安保条約であり、このような定義の曖昧なものを法律とした自衛隊法は、法律としてももちろん問題であろう。




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

 こうして、アメリカは原爆の使用と、オリンピック作戦と命名された111日に開始予定の南九州侵攻作戦の準備を急いだ。86日午前815分、1機のB29が、ほとん無防備の広島を破壊し、推定10万ないし14万名を即死させ、さらに約10万名の命(その後の5年間に)を奪った。原爆の爆心は「太陽の3000倍以上の閃光」を放ち、火の玉が形成されて、熱放射線を放ち「人間、樹木、家屋を瞬時に焼き焦がした。熱せられた空気が上昇すると、冷たい空気を呼びこんで火炎の嵐となる・・・ (数時間後には)旋風によって燃えさかった炎は8平方マイル 20平方キロ〕を焼き尽くした。死の灰をたっぷりと含んだ黒く、ドロドロしたとした雨が降り始めた」。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱


最悪の地球加熱装置

―原子力発電所


 これから先は北海道の岩内町に住んでいるわが友・斉藤武一氏の話である。

「このスケソウ漁を北海道で最初に始めたのが、ウニなど魚介類の宝庫、積丹半島の西にある岩内町でした。日露戦争開戦の2年前、1902(明治35)年に漁師は偶然 スケソウの産卵場所を発見して、たらこに加工して、翌年から岩内町は繁栄を極めてきました。ところがここに異変が起こってきた。かつて日本一のたらこで繁栄したていた当時は、船が100隻もあった岩内町に、2009年の今は5隻しかない。スケソウはほとんど捕れない。世界的にも20年でスケソウは全滅して、たらこはダイヤモンドのように高価なものになると言われている。岩内のスケソウは、昔は水深150 m ぐらいを泳いでいたが、上の方の水温が高くなって、今は水深300 m 以下を泳いでいる。だから、もう捕れないんです」

 



●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 


核実験(かくじっけん,英語:Nuclear weapons testing)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持を確認したり、維持技術を確立したりするために、実験的に核爆弾を爆発させることを指す。1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)でこれは広島へ投下されたリトルボーイ3万5千発以上に相当する。





水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 





●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!




           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


スポンサーサイト



08/30のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/hcIxBxjEFp #アメブロ @ameba_officialより
08-30 11:30

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/LC5fSILhBL #アメブロ @ameba_officialより
08-30 11:26

細菌戦の系譜!! https://t.co/xEeLxx88kR @buooo71より
08-30 11:18

細菌戦の系譜!! https://t.co/i6chGFPu2Q @buooo71より
08-30 11:02

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/1uwQYJJwog
08-30 10:54

細菌戦の系譜!! https://t.co/W4jOTMttTG
08-30 10:48

細菌戦の系譜!! https://t.co/a9jK7ZGZby
08-30 10:46

細菌戦の系譜!! https://t.co/90dngCxNPv
08-30 10:44

細菌戦の系譜!! https://t.co/90dngCxNPv
08-30 10:44

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!



【日航機墜落事故の真相】

申し込み先のメルアドが間違っていました。失礼いたしました。






●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)














1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)






第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験



 表3は左に猿とした体重、右に50倍した体重を記載したものである。これだと宮川の論文と一致し、大人のマルタも子どものマルタもいることが一目瞭然である。カニクイザルは東洋人マルタ、アカゲザルは白人マルタと理解できる。

 脳接種の結果では、幼弱な南洋尾長猿(東洋人マルタ)の潜伏期間は、短いものは4,5日、長くとも1週間から10日前後であった。まず注入した脳側の上肢に不全麻痺を起こしてくる。通常上肢は下肢よりも早く症状を示した。



 


 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)


中国各地から支援団合流

 そこにいた人は以前会ったことがある人がほとんどで。私は早速挨拶して回った。しかし中には思いがけない人もいて、大変驚かされた。重慶テレビ局記者の徐涛さんである。私たちが初めて会ったのは、2001年に行われた、細菌戦訴訟の原告と弁護士の杭州会議の時であった。当時私は、なぜ重慶テレビが細菌戦訴訟の会議に来ているのか、首をかしげたものであるが、それには次のような理由があったのだった。日本軍は重慶に無差別爆撃を実施し、民衆に甚大な被害をもたらした事実があった。重慶の人々は日本政府は今回どのように戦争責任問題を解決するか大変注目しているのであった。今回は細菌戦の一審判決であり、判決の結果を知るために、徐さんたち重慶の方々は、はるばる日本にやってきたのである。徐さんは重慶からの支援代表としての 来日であった。







●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 



一月二六日

晴 風なし 午前六時起床  零下二九度  じっとしていられない具合だ  山口竜之助氏より便り及加藤家よりの最近便り   写真が封入してあり。

僕はこんな窮屈な生活は大嫌いだ。初めての当番勤務なり。

朝から目が回りそうだ。こんなところにいれば大隊付幹部の裏面が手に取るように見える (勿論書くことを欲せない)失敗談もなければ説明談もなく無事終わつたことを喜ぶ

午後九時半床に入れども十一時半不寝番で起こされる そして珍しい山口竜之助様の所からの便りに対し返事を書く  加藤様より便りあり写宣が入っている  清治君の面影が非常に懐かしい。

何といふ寒さだろう?湯殿に行ったならば四方の壁は一寸ぐらいの雪がいつぱいにできている。湯気が氷ったのだ。濡れた手でドアの金を持ったならば金にも手を取られそうであった。大隊当番も楽ではないが  動かない覚悟なら平気なものだ  しかし週番中隊長の五円紙幣で一銭の買い物を頼まれたものは少々閉口した(マッチニつ)




●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

5、とても良い企画でした。ビデオの治安維持法は法の怖さを実感できました。

【要望】照明が暗いので、私のように目が悪いとよく見えない。

(女性、80代、市外、フェイスブック)平頂山、毒ガス戦、日本軍慰安婦


    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書


挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

被爆後19年、93歳で亡くなった私の祖母は、その生涯は幸福とは言えない変転を経たが、健康に終始し、まず原爆後遺症ではなさそうな、自然死を遂げた。そういう、被爆者の、原爆の影響を脱した自然死も往々にはあるということを考えて欲しい。被爆者の死は、ちょうど、8月6日の広島市がやたらと政治的な発言に満ち満ちて、静かな喪であるべきその日が余所者の支配となりかねないように、他所の政治的発言のための資料のためにだけにあるようには考えないで欲しいと思う。・・・・後遺症もなく、原爆反対の資料とされるよりも切実に、自らの普通の人間にかえりたく思っている楽天的な、被爆者もいることを忘れずにあって欲しい≫



 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

 731部隊での松村の役割の1つは、731部隊の地域への通行許可証を書くことだった。それを交付したのは彼の部下に当たる作戦部副長・宮田中佐こと昭和天皇の従兄弟である竹田宮恒徳であった。通行許可証を貰い用を済ませると、それは再び竹田宮に返還された。松村は「宮田(竹田宮)は、作戦部と第731部隊との連絡に作戦部から振り当てられていた」と述べており、竹田宮が731部隊における実験や細菌兵器開発の状況などについて関東軍司令部作戦部に報告したことが判明した。 

 



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


(昨日の供述書の名前は、長沼ではなくて貝沼でした。)


 堀口正雄供述書(1954年8月28日)

 問:鶏寧臨時憲兵隊長の任にあった際、所属下にあった憲兵分隊と分遣隊について述べよ。

答:鶏寧臨時憲兵隊長の任にあった際、鶏寧、綏陽、勃利、八面通、林口の5つの分隊と平陽鎮、綏芬河、杏樹鎮、下城子、滴道、半截河の6つの分遣隊及び梨樹鎮、老黒山分駐所を管轄していた。


●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


科学者の動員による毒ガス開発の推進


表1 戦時研究員に参加した科学者と研究担当内容

西部班

班長阪大総長真島利行:一般統制

阪大(化学)小竹無二雄:青酸製造

阪大(化学)赤堀四郎:新毒

阪大(化学)千谷利三:新毒

阪大(化学)村上増雄:新毒

京大(化学)野沢龍三郎:新毒

京大(応化)小田良平:新毒

京大(薬理)萩生規久夫:毒効力

阪大(応化)八浜義和:フラン系毒物

理研研究員 (化学)田村国三郎:新毒研究

防衛庁技術研究所編『本邦化学兵器技術史』(技研資第31号)1958年 より作成

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず


  死の谷踏査記


 1993年1月13日、パリに於いて、130カ国の代表が新しい「化学兵器兵器禁止条約」に署名し、10年後には完全に化学兵器を消滅させることを定めた。この条約の署名のために、各国の代表はすでに24年間にもわたる交渉を行ってきた。その実、1915年にドイツが初めて化学兵器を使用して以来、国際的には化学兵器使用禁止を巡って既に何度も協定が結ばれてきたのだが、多くの国にとっては、拘束力を持たないものだったのである。78年後のこの新しい条約は化学兵器の禁止及び焼却について厳格な規定を加えるもので、特に「締結国は他の締結国の領土に遺棄した化学兵器を焼却しなければならない」と強調している。これが第2次世界大戦中大量に化学兵器を使用した日本とドイツを指して言っているのは明らかである。




日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


糧穀の略奪

冷酷非情な取り立て


引地 章(ひきじあきら)

警察署長 警正

(略歴)

学歴 高等小学校卒業

所属 旧満国 図們警察署

年齢 54歳


引地は大声で、「君の教育が徹底しておらんからだよ」と怒鳴りつけた。安藤は「ハァ」息を呑んで直立していた。引地はタバコケースから1本取って火をつけ、押し被せるように、「佳木斯(チャムス)市の食料が輸送の都合で間に合わないから、差し当たりの便法として、依蘭県の各村にある備荒用の糧穀200トンを出すことにした。これについては農民が相当動揺するかもしれないから、注意するようにと君にも話しておいたじゃないか」「あれは近く署附を呼ぶ予定であったので連絡してなかったんです」と安藤は長い髭を撫で上げながら無理無理な愛想笑いをした。

「それだから困るんだ。だいたい特務股長は県の耳だよ。しっかりしたまえ」と投げつけるように言った。引地はぷりぷりしながら、警務股長の渡辺警佐と、石山を呼び、口やかましく陳情者に対する対策を命じた。



 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

4 私達の情報公開裁判闘争の目的

こうしたは背景の下で、既に1960年代の自衛隊の中では、「CBRChemicai,Biological,Radioactive 化学・生物・放射能)戦」を準備することの重要性が公然と強調されていました(この点は、冒頭に紹介した奈須さんの「衛生学校における生物戦隊の創設とその挫折?」に詳しいので是非ご参照ください)。

 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器


1 自衛隊の基本戦略


自衛隊の基本戦略


自衛隊がクロルアセトフェノン(催涙ガス)兵器をすでに装備していることは先に触れた。70年の反安保闘争に備えた大掛かりな暴動鎮圧訓練が裏書きするように、日本の国家権力はその政治目的(帝国主義的な)遂行のために、国民に向けて軍隊の出動を予想しており、建軍20年の自衛隊の初出陣で主権者である国民に化学兵器を使用しようとしていることを明らかにした。

 催涙兵器が化学兵器(毒ガス )でないというようなごまかしをするのならいざ知らず、現に自衛隊が装備している化学兵器は、戦用ガス、煙幕、焼夷剤兵器ともかなりの量に及んでいるのである。




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

728日、穏健派と目された重臣の米内海軍大臣は、秘書役の高木惣吉少将から、なぜ首相はこのようなばかげた声明を出すことを認めたのかと問われて次のように答えていた。

「声明はさきに出したほうに弱味がある。チャーチルは没落するし、米国は孤立におちいりつつある。政府は[ポツダム宣言を]黙殺でいく。あせる必要はない」

「あせる必要はない」とは、ポツダム宣言第5(「吾等は遅延を認むるを得ず」)を真っ向から否定するものであり、そして、7月28日の日本政府の声明に関する当時の西洋の理解をさらに補強することとなった。すなわち天皇の指導の下に、日本は他面ではあいまいな和平の予備交渉を行いつつも、最後まで戦う決意を翻すことなく、その意志を緩めることはない、というものである。鈴木の意図が誤解されることはなかったのである。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱


最悪の地球加熱装置

―原子力発電所


身近な話をしよう。たらこの嫌いな人はいますか?鱈(たら)の子なので、たらこ、という。このたらこが食べられなくなったら深刻ではないか。そのまま白いご飯で食べても美味しいし、お茶漬けでも、おにぎりでも、辛子明太子でも、日本人は大好きだ。メイフラワー号がアメリカにたどり着いた時に上陸したのが鱈のたくさん取れる場所で、ここは鱈の岬(Cape Cod)と呼ばれている。スパゲッティでも、塩味の効いたたらこは格別である。スケトウダラ(助党鱈)の卵巣を塩漬けにしたものが、たらこである。主産地の北海道では普通、スケソウと言っている。スケトウダラを朝鮮で明太(ミョンテ)と呼び、これを輸入して唐辛子漬けにしたのが辛子明太子の始まりで、今は博多名産など、様々な味付けで人気である。

 



●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 



1953年に行われたW9の発射実験。M65 280mmカノン砲を使用した。核出力は広島に投下されたのと同じ15kt。


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が


被爆した!!

       



















           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


08/29のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/aKJlMnUsCQ #アメブロ @ameba_officialより
08-29 09:39

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/RWRtbe0IrL #アメブロ @ameba_officialより
08-29 09:33

細菌戦の系譜!! https://t.co/AsXsTDBZ8k @buooo71より
08-29 09:24

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
08-29 09:24

細菌戦の系譜!! https://t.co/PwpW43hNOM @buooo71より
08-29 09:14

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/I6RTWRZzD1
08-29 09:05

細菌戦の系譜!! https://t.co/OFRY51X2sN
08-29 09:00

細菌戦の系譜!! https://t.co/HEBzH2ELOI
08-29 08:58

細菌戦の系譜!! https://t.co/BSgM9MoVPp
08-29 08:19

細菌戦の系譜!! https://t.co/BSgM9MoVPp
08-29 08:19

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!



【日航機墜落事故の真相】

申し込み先のメルアドが間違っていました。失礼いたしました。






●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)












1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)






第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験

  ところがこの実験で、南洋尾長猿(カニクイザル)なら成人雄で6‐8 kg 、赤毛猿なら成人雄で7‐10 kg である。実験に使用された猿には、成人の猿も老年に至った猿もいない。

 つくば霊長類医科学研究センターのデータによると、「雄のカニクイザル、アカゲザルの新生児体重はそれぞれ340‐400g、 450 g である。さらにカニクイザルは生後3ヶ月で約650 g、 6ヶ月で800 gになり、生後6ヶ月になったところで離乳する 。」


 


 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)


中国各地から支援団合流


8月26日午後8時、我々が後楽賓館に到着するとすでにフロントで原告代表の王選さん、浙江省原告の楊大方三、陳知法さん、張曙さん、周洪根さん、浙江省調査委員会の王培根さん、何必会さんらが待っていた。常徳支援団と浙江省支援団は合流したのである。







●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 

一月二五日

晴 寒し 休日にて図書室で暮らす。 零下二五度

起床ラッパに起こされてから 一日中寝てようと思ったが眠れない 図書室で暮らしてしまった 昨日の苦しみに引き換えて今日は呑気なこと話にならない 未だ足の方は治らないが大変楽になる。これで何も勤務さえなければ極楽だがね。外は非常に寒く外出の元気なし。ペチカ?かかえてほしいようだが一日経ってしまった。平凡な一日楽なことはない。午後四時寝に付く夕食までは白河夜船だ 何も考えたくない 歌でもと思ったが肉体が疲れれば心も疲れるらしい。歌なんていうものは 肉体も精神も揃った時初めてできるのだろう。

 内藤が分遣で二週間も勤務だ 菓子でも送ってやろうよ喜ぶだろう この寒いのにご苦労様だ。ペンを走らすさえ嫌になる。なぜこんなになるのだろう。


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

4、強制連行の背景と現在も歴史的事実を認めない人の主張を対比してあり、理解の助けになった。平頂山事件、現代も続く毒ガス被害など、知識の足りていない問題について、平易にまとめられていて、有益だった。昨年も来場しましたが、今年も充実の展示に来たかいがありました。皆様の取り組みに敬意を抱いています。(男性、50代、東京、ウェブ)【平頂山、毒ガス、強制連行】


    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書


挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 ≪・・・被爆者は全て原爆の後遺症で、悲劇的な死をとげねばならぬものであろうか。被爆者が死ぬ時、先に言った健康と心理的な被爆者の負い目とか、劣等感とかいったものを克服して、普通の人間の死、自然死を遂げることは許されないのかと考えた。私たちが死ねば、全て原爆後遺症の招来した悲惨な死であり、それは原爆への呪いを込めた、原爆反対に役立つ資料としての死であるとしか考えられないのだろうか。確かに私たちの生は、原爆に被災したために大いに曲げられ、苦しめられたことは否定できない。しかし、これは、原爆でなくとも、戦争を経過した人たちは、程度の差はあれ、舐めていることであろう。私は、特に広島の被爆者ののみの、被爆者意識という、何か甘えた感情があってはならないと自らに戒めた。自ら治療をはかり、自ら人間を回復して、原爆を受けながら、それにもかかわらず、受けない人間と同じく、原爆によらない死を我が物としたい願いを持つようになった。 



 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

 細菌兵器製造増加に関する陸軍省の司令が関東軍司令部にきたのは1944年5月だった。山田司令官により命令を伝達された松村は、山田名義で731部隊隊長宛てに命令を伝授し、 参謀長名義で設備用必需材料を731部隊に確保するよう、関東軍司令部第4部に伝達した。

 作戦部長であった松村のもとには、731部隊と100部隊(関東軍軍馬〈獣〉防疫廠)の両部隊から細菌兵器の研究と製造上の各種の問題について報告が届けられた。細菌兵器の実用に関する報告は松村の元に、謀略工作を目的とする細菌兵器の使用に関しては、情報(諜報)部長のもとに報告があったという。そしてそれを関東軍参謀長もしくは司令官に報告した。



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


長沼一郎供述書(1954年10月14日)

問:平陽鎮憲兵分遣隊で警務主任していた際、どんな犯罪行為を犯したか。

答:1942年7月、平陽鎮憲兵分遣隊の平島特高主任が、4名の地下工作員を逮捕した。私は部下に命じて監禁、監視させた。石井部隊を送りを申請し、許可が下りてから、部下にその4人を石井部隊に護送させ、殺害に至らしめた。

(1)119‐2、853、1、第4号


●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


科学者の動員による毒ガス開発の推進


表1 戦時研究員に参加した科学者と研究担当内容

東部班

班長東大(薬学)朝比奈泰彦:一般統制

東大(薬学)石館守三:新毒研究

東大(応化)牧鋭夫:新毒研究

東大(解剖学)小川鼎三:毒効力

東大(血清学)緒方富雄:毒効力

東大(植物)田宮博:毒効力

東工大(染料)林茂助:新毒

東工大(窯業)河島千尋:青酸合成装置

東北大(化学)野村博:砒素系・アミン系新毒

東北大(化工機)八田四郎次:化学装置

北大(化学)堀内寿郎:青酸合成

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず


  死の谷踏査記


「ご存知のように、中国人民は歴史上、外国の使用した化学兵器の被害を受け、今日に至ってもなお外国が中国に遺棄した化学兵器によって甚大な損失と威嚇を被っているのであります。」

「半世紀近くもの間、我が国では、なおしばしば外国の遺棄した化学兵器が発見されております。こうした化学兵器は中国人民の生命の安全、財産並びに生態環境に対して重大な危害を及ぼしております。関係国が一貫して自分の遺棄した化学兵器の情況について明らかにしないために、人々はこうした化学兵器を発見しても事前に必要な防護措置をとるすべがなく、多くの人の被毒傷害を引き起こしているのであります。」

 中国が提起した、外国の遺棄した化学兵器問題の公平かつ徹底的な解決は、実際上、第2次世界対戦後ずっと棚上げされてきた懸案事項である。




日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


糧穀の略奪

冷酷非情な取り立て


引地 章(ひきじあきら)

警察署長 警正

(略歴)

学歴 高等小学校卒業

所属 旧満国 図們警察署

年齢 54歳


の日引地は、科長室で居眠りをしていた。と、突然、机の上の警備電話がジリジリとなった。びっくりした引地は、「うるさいなぁー」と呟きながら受話器を取った。双河警察署の高橋警尉からの電話である。

「双河警察署管内三道崗村の村長以下農民4,50名の者が食料の問題で、今朝早く県へ陳情に出かけました」高橋の声は少しうわずっていた。「そういう大事なことを今頃報告して何になるかッ」不機嫌に引地はがちゃりと受話器を置いた。そして「困った馬鹿者だ」とつぶやきながら特務股長を呼ぶ呼び鈴を力いっぱい押した。まもなく安藤特務股長が入ってきた。今しがたの高橋の電話を話して、「君の方へ何も言ってこないかね」となじるようにきいた。安藤は怪訝そうな顔をして、「いや何も聞いていませんが・・・・」と目をしばたいていた。




 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

4 私達の情報公開裁判闘争の目的

現に、陸上自衛隊衛生学校の金原節三学校長は、1957年に発刊した『衛生学校記事』第1号掲載の学校長訓示の中で次のように述べていました。

 即ち、「対特殊武器衛生につきましては、これが将来戦衛生勤務における極めて重要な要素」になる旨を述べていました。

 このように自衛隊は、生物戦(細菌戦)を想定した軍事的な準備の重要性を認識し、戦前の日本軍731部隊の実績の継承を意図していたことが明確になっています。

 他方、陸上自衛隊化学学校は1959年から『化学学校記事』を刊行し、毒ガス戦部隊を設ける準備を行なっていました。


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器


1 自衛隊の基本戦略


自衛隊の基本戦略


生物・化学戦争からの防護という戦術はある意味で物理的、化学的に不可能でないかも知れない。例えば謀略的に発生させられた悪性伝染病のまん延を最小限に食い止めたり、患者を治療したりということは可能であり、必要なことである。しかしながらこのような一般社会での生物・化学被害の防護には通常、軍隊以外の専門機関が当たることになるだろうし、生物・化学戦争の特徴が「何時誰が使用したか分からない」ことからも自衛隊の行っている生物・化学兵器(BCW)防護 ということは、国民にとって無縁なものである。昭和12年9月25日、大牟田市で発生した「爆発赤痢」の経験が示すように、事態は全く逆の結果となることは軍事目的から容易に理解できることなのである。




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

 日本政府は727日、ポツダム宣言を受け取ったが、これを受諾する意思をまったく示さなかった。逆に、鈴木内閣が最初に報道機関に命じたことは、同盟通信のニュースとして手直しされた宣言を配信し、政府のコメントを何も付けないことでポツダム宣言の重要性を矮小化することだった。翌728日、阿南惟幾陸相、豊田副武海軍軍令部総長らに促され、鈴木首相は、午後の記者会見で正式な声明を出し、政府がポツダム宣言を拒絶することを明らかにした。鈴木は、ポツダム宣言はカイロ宣言の「焼き直し」にすぎず、これを「黙殺」するつもりである旨を述べた。鈴木の声明の根底には、昭和天皇の戦争継続の決意と、ソ連を通じた交渉に寄せていた天皇の非現実的な期待があった。毎日、新聞に目を通してた昭和天皇が、鈴木首相とその内閣が世界に向けて発した非妥協的な態度に不快感を持ち、さらに憂慮したのであれば、おそらく木戸は、天皇との会話を詳細に綴ったその日記に、そのことを書き留めていただろう。しかし、そのような記述はなかった。木戸は昭和天皇が、いまだに日本の和平工作に対するソ連の返答を待っており、降伏するのか、よりよい条件を求めて戦争継続をするのかを決めかねていることを知っていた。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱


最悪の地球加熱装置

―原子力発電所


 全土の原発が捨てている熱量を合計すると、以上全ての一級河川の流量の水を水を3.1℃上昇させる熱量になる。今日本全土で、それだけの海水温度を上昇させているのだ。これを全く議論しない地球温暖化論とは何か、と私は全ての学者に尋ねているのである。この程度の計算は、電力のワットを熱量のカロリーに換算して、前記の河川の流量を調べれば、誰にでも確認できることである。

 



●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 


1945年7月16日に行われた人類初の核実験。詳細はトリニティ実験を参照。



水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       


















           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


08/28のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/7oj3ddrfNG #アメブロ @ameba_officialより
08-28 12:41

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/GdUwvSt8jq #アメブロ @ameba_officialより
08-28 12:36

細菌戦の系譜!! https://t.co/U1lCWC8Kgy @buooo71より
08-28 12:28

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
08-28 12:28

細菌戦の系譜!! https://t.co/EJ0Dg3c2OK @buooo71より
08-28 12:20

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/OP2ZsTwWzO
08-28 12:16

細菌戦の系譜!! https://t.co/QZ8j7g7e3b
08-28 12:12

細菌戦の系譜!! https://t.co/phpTlT8Qz4
08-28 12:09

細菌戦の系譜!! https://t.co/9MqQBNQZ5O
08-28 11:42

細菌戦の系譜!! https://t.co/9MqQBNQZ5O
08-28 11:42

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!



【日航機墜落事故の真相】

申し込み先のメルアドが間違っていました。失礼いたしました。






●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)










1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験

 本病の材料は、伝研入院患者より集めると同時に、昭和病院、警察病院、帝大病院、陸軍医学校病院などの厚意によって得た。今日までに使用したものは、総数20例で、10例は動物に接種せず、その他の検索に使用した。種々の動物に接種法を変えていったが、猿の脳内接種が最も顕著な所見が得られた。

 使用した猿は、南洋尾長猿(カニクイザル)や赤毛猿であったが、そのうち特有な脳症状を呈したものは常に幼弱な猿であった。老年に達した猿は、その症状が確実ではない。体重は1 kg 以下、特に700 g のカニクイザルが最も良いと思われる。赤毛猿は比較的大きかったから、感染させても顕著な症状は出なかった。

 


 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)

裁判支援団を結成

 団長は 常徳市政治協商委員会副主席の蒯定勛、副団長は常徳市人民大大会代表常務委員会副主任の向啓国、顧問は常徳師範学院院長の楊万桂、秘書長は常徳市外事弁公室副主任の陳玉芳である。私は随行記者として、支援団に入り、常徳出身ではない唯一の常徳支援団の一員となった。

 常徳支援団の目的は3つある。第1に日本政府に謝罪と賠償を求めること、第2に日本の裁判官に公正な判決を求めること、第3に日本の国民に真実を知らしめることであった。







●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 

一月二四日

 足は痛く演習あれども気合かからず 城外の東側半里くらいの所に遼陽会戦第四軍の戦績と二拾戦隊の記念碑あり 講和を聞きつつ堡塁を見る。

 城壁・・・約三拾位の遼陽城の城壁の外を通りながら日本町に急いだ。市民の心からのもてなしを受けつつ午前十一時四十五分二十四列車でかりにむす?夢の楽しさ。

 鞍山駅に着いた時はほとんどびっこを引いたのだ。大隊本部や初年兵に出迎えられて兵舎に入ったのが丁度〇時二十分 実際嬉しかった。入浴はできるし 水も安心して飲めるし なんと嬉しいことか。


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

3、毎年拝見しております。戦争の後始末もまだできていない日本に皆様のご尽力に敬意を表します。今年はまた、平頂山事件について知ることができました。次回は友人たちに働きかけ、一緒に来たいと思います。むやむやにされていく大日本帝国の残虐な行為を私たちは見据えて、伝えていく必要があると思います。(不明、年齢不詳、不明、友人)


    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書


挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 ≪大江氏のいう、広島の被爆した医師は、―後遺症に直面して絶望的にならざるを得ぬ医師は、また、自らの運命を直視してそうならざるを得ず、しばしば原爆症はなくなったとか言った楽天的な報告を行いその後で、苦い訂正を繰り返したはずであった。しかし、私は、爆心地より1 km 半にありながら、いささかの後遺症はあったが、現在、まず健康であり、父母も、同じく被爆した当時の女学校2年生の妻、また昭和30年代に生まれた3人の子供も、全て健康であるところから、できるだけ、後遺症の発現のないことで楽天的であろうとした。そのためであろうか原爆の文学と呼ばれるものが、ほとんど、回復不能な悲惨な人たちの物語であり、後遺症の症状、心理の描写であるより他に、ありようがないのか以前から訝っていた。例えば、被爆して、一通りの悲惨な目にあった家族が、健康を回復し、人間として再生できたという物語はないものだろうか。


 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

 松村知勝は、ハバロフスクで開かれたソ連の軍事裁判で数々の貴重な証言を行った。彼は「一般の戦犯は中佐以上が15年が通り相場であった。総司令官(山田乙三)を被告とするなら、私も当然被告に入るべきだろう。私に対する取り調べでもこれに触れたが、知らぬ存ぜぬで押し通すとそれ以上追求しなかった」と著書の中で述べている。

 彼は部隊との関係について「梅津(美治郎)司令官、次いで1944年7月月以降(司令官だった)山田乙三は、第731部隊の業務の統括に際して、その戦略上の諸問題に関しては、私を長とする作戦部隊を通じて、又科学技術上の諸問題に関しては、細菌学の分野における科学技術的研究の諸問題、細菌専門家の要員の養成問題、更に防疫勤務及び給水の諸問題等を取り扱っていた関東軍司令部軍医部長梶塚隆二中将を通じて行っていました」と言及し、関東軍司令部作戦部の指導は「細菌兵器の研究及び製造の諸問題について」だったと述べている。



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


田上惟敏供述書(1954年8月10日)

問:中国人を石井部隊に送って細菌実験に供したことがあるか。

答:ある。1942年6、7月頃、図們憲兵分隊長の任にあった際、小林曹長に命じて 図們駅で中国人1名を逮捕させた。拷問を加えた後、私から上に報告し、憲兵隊司令官の許可を受けた上で、石井部隊に送って細菌実験に供した。

問:当時、石井部隊が何をする所であったか知っていたか。

答:当時、石井部隊が細菌部隊であると知っていた。

問:では、なぜ中国人を石井部隊に送ったのか。

答:一つは反日勢力を鎮圧するため、もう一つは「死刑判決を受け、かつ家族のいない抗日工作員は、全て石井部隊に送ってよい」、という憲兵司令部から1940年に出された指示があったからである。

(1)119‐2、501、1、第4号



●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


科学者の動員による毒ガス開発の推進


1944(昭和19)年2月、「決戦兵器」として新しい毒ガスの要望が高まり、第6陸軍技術研究所に戦時研究員が設置され、研究員の選択は朝比奈泰彦薬学博士と真島利行理学博士に依託された(防衛省技術研究所編「本邦化学兵器技術史」)。軍ではなく、学者に研究員を選択させていたのである。その陣容は表1の通りであるが、研究内容を見ると青酸の合成研究も含まれていることから、新毒ガスに匹敵するものとして青酸の大量合成が重視されていたことが分かる。

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず


  死の谷踏査記


1991年11月、日本の共同通信社北京駐在記者は次のような ニュース を送った。


「日本軍は第2次世界対戦で敗れた際、大量の毒ガス弾を中国国内の十いくつかの都市に捨てていった。戦後、これらの毒ガス弾は中国東北部の敦化市郊外に集めて埋められた」


 当時、国連の軍縮会議化学兵器特別委員会では化学兵器禁止条約調印を巡って慌ただしく作業が進められているところだったため、このニュースはすぐさま世界の世論の注目を引き起こした。各国代表は地図を取り出して、「敦化」がどこにあるのか探した。まもなく、中国代表は1992年2月18日に、国連軍縮会議に1つの資料を提出し、次のように指摘した




日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


糧穀の略奪

冷酷非情な取り立て


引地 章(ひきじあきら)

警察署長 警正

(略歴)

学歴 高等小学校卒業

所属 旧満国 図們警察署

年齢 54歳


引地が旧三江省依蘭県公署警務科科附警正として着任したのは、1941年3月初めで、それからもう1年半もなろうとしていた。

 7月中旬の真昼の太陽は、ジリジリと屋根瓦を照りつけていた。打ち続く干ばつに、道路は砂埃がたち、畑にある野菜の葉は黄色にカサカサと縮み、この分で10日も続いたらコーリャンも粟も半作になるだろうと、農民たちの顔には暗い不安の色が浮かんでいた。




 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 ところで日本は1951年9月に締結されたサンフランシスコ対日講和条約に基づいて翌19524月に“主権回復”。その後同年中に「保安隊」が設立され、2年後の1954年に「自衛隊」が発足しました。その自衛隊は、発足当初から旧日本軍の731部隊の元幹部隊員を自衛隊に入れて細菌戦部隊が持っていた技術や知見を秘密裏に軍事情報として積極的に収集しました。

 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器


1 自衛隊の基本戦略


生物・化学兵器の自衛隊における位置


 それに比較すれば、自衛隊の生物・化学兵器の研究開発はお粗末だというのが防衛当局の説明のようである。確かに戦力としての生物・化学兵器の保有は、軍事的に見た場合取るに足らぬ存在に違いない。しかし、自衛隊が既に各種生物・化学兵器の研究を行っていることは厳粛な事実である。ここで重要なことは、その量と質の比較検討ではなくて、自衛隊が生物・化学兵器を抑止力として保有しようとする戦略なり思想を基本としていることである。

 




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

日本政府はこの宣言を読むことで、次のようなことを知らされたのである。すなわち、日本政府が「全日本国軍隊の無条件降伏」を宣言した後、戦勝国が課す一定の一方的義務〔「吾等の条件」〕を履行し、「右行動〔ポツダム宣言にしたがうこと〕に於ける同政府の誠意に付適当且充分なる保障」を提供するならば、そのとき日本は平和産業を維持し、資源に対する機会均等の原則に基づき世界貿易へ参加することが許されることになっていた。同宣言は「右以外の日本国の選択は迅速且完全なる壊減」であると結ばれていたが、原爆に関する警告はいっさい書かれていなかった。また第12項は、次のように述べていた。「前記諸目的が達成せられ且日本国国民の自由に表明せる意思に従ひ平和的傾向を有し且責任ある政府が樹立せらるるに於ては連合国の占領軍は直に日本国より撤収せらるべし」。しかしながら、この条項からはグルーが固執した「これには現皇室下における立憲君主制を包含する」という言葉が削除されていた。結局、天皇の地位は保障されず、無条件降伏の政策には変更がなかったのである。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱


最悪の地球加熱装置

―原子力発電所


日本の大河である一級河川は109ある。北から南まで、天塩川、渚滑川、湧別川、常呂川、網走川、留萌川、石狩川、尻別川、後志利別川、鵡川、沙流川、釧路川、十勝川、岩木川、高瀬川、馬淵川、北上川、鳴瀬川、名取川、阿武隈川、米代川、雄物川、子吉川、最上川、赤川、久慈川、那珂川、利根川、荒川(東京都・埼玉県)、多摩川、鶴見川、相模川、富士川、荒川(新潟県・山形県)、阿賀野川、信濃川、関川、姫川、黒部川、常願寺川、神通川、庄川、小矢部川、手取川、梯川、狩野川、安倍川、大井川、菊川、天竜川、豊川、矢作川、庄内川、木曽川、鈴鹿川、雲出川、櫛田川、宮川、九頭竜川、北川、由良川、淀川、大和川、円山川、加古川、揖保川、紀の川、熊野川、千代川、天神川、日野川、斐伊川、江の川、高津川、吉井川、旭川、高梁川、芦田川、太田川、小瀬川、佐波川、吉野川、那賀川、土器川、重信川、肱川、物部川、仁淀川、四万十川、遠賀川、山国川、筑後川、矢部川、松浦川、六角川、嘉瀬川、本明川、菊池川、白川、緑川、球磨川、大分川、大野川、番匠川、五ヶ瀬川、小丸川、大淀川、川内川、肝属川。

 



●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 ニウエ           

 

2020年8月6日

Total

81

43


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       
















           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


08/27のツイートまとめ

buooo71

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/zw0EGyyypl #アメブロ @ameba_officialより
08-27 10:02

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/iL52z3euku #アメブロ @ameba_officialより
08-27 09:52

細菌戦の系譜!! https://t.co/wWVnobx8mp @buooo71より
08-27 09:44

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
08-27 09:43

細菌戦の系譜!! https://t.co/j3TfkkyHLW @buooo71より
08-27 09:33

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/yu6KQzuo6m
08-27 09:29

細菌戦の系譜!! https://t.co/27C6vj527U
08-27 09:26

細菌戦の系譜!! https://t.co/KinPXLv4PQ
08-27 09:24

細菌戦の系譜!! https://t.co/SKnLKw0cZt
08-27 09:22

細菌戦の系譜!! https://t.co/SKnLKw0cZt
08-27 09:22

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!



【日航機墜落事故の真相】





●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)








1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験

  昭和の初め伝研の病院でも、この病気を見ることが稀ではなかった。伝研では三田村篤志郎の発議により、この病気を研究所として特に研究すべきものと決めた。リンパ節の病変が単なる膿瘍ではなく組織球(マクロファージ)が多数集まっているので、おそらくウイルス性の疾患であって、マクロファージの中に、病原体が見つかるであろうと予想を立てていた。当時この研究は、フランスをはじめヨーロッパ諸国でも始まっていたので、病原体発見の先陣争いとして非常に急いで研究された。


 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)

裁判支援団を結成

今年の6月、日本の弁護団から一枚の FAX をもらった。その内容は、平和の力を示し、裁判官に公正な判決を要求するために、判決の際、中国の人々に支援に来て欲しいと言う要請であった。

 そのような要請を受けて、早速、常徳と浙江省の細菌戦被害調査委員会は行動を開始した。常徳の支援団は全部で46名であり、メンバーの中には、人民代表大会の代表、政治協商委員、公務員及び工商界、医療衛生界、教育界からの市民代表があり、原告、被害者の親族代表もいた。







●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 

一月二四日

晴 風なし 午前十時 遼陽着 市民覧迎会あり 第二十四列車帰隊。

午前六時半 蛾美庄出発最後のコースなり 約三里はるかに白塔を見つつ雪と氷の上を急ぐ。嬉しさを多分に味わった。軍隊を代表する軍旗よりもまたは大隊旗よりも まず何より国家を代表する日の本こそ軍隊にあっては嬉しいものの存在であろう。部落から部落へ 通り抜ける時は日の丸こそ実に私たちの立場をはっきりと浮かしてくれる。


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

2、今朝の新聞を見て、ここに来ました。昼には帰らなければならないので、1時間も見たら帰る予定でしたが、1時間半見学しました。それでもこれらの資料を見て読むのには時間が足りませんでしたが、またこの展示館が次も開催されることを願って今日は帰ります。戦争は本当に人を人でなくしてしまいます。日本は被害だけでなく加害の多くあったことは何となくわかっていたつもりですが、あまりのひどさに自分の想像の甘さを反省しました。そしてこれらのことがほとんど日本で知らされず、日本人は知らないことをとても恥ずかしいと思います。中には加害を反省する日本人の言葉もありましたが、どんなことがあっても許されない行為ではなかったと思います。でも、そうしたことが起きてしまう戦争は絶対に起こしてはならないと改めてよく感じました。

【要望】またこの展示会を続けてほしいです。今日のように夏休み(今年は違うけど)がいいです。スタッフの方々が丁寧に解説して下さり、なお理解できました。この展示会に感謝いたします。

(女性、60代、藤沢市、神奈川新聞)


    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書


挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 松坂氏は、広島の同人誌『歯車』最近号に、深田獅子雄という名において、次のように書いているが、それは僕への手紙における氏の考え方、感じ方をもっと直截に明らかにするものであって、僕は、そこにもまた、広島の外の人間への広島内部からの正当な批判の声を見出す。これは、言わば広島の若い知識人の正当防衛の声である。僕は自分の文章が、次の文章と合わせ読まれることを望んでいる。

 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

第一部で「細菌戦の権威石井四郎軍医中将のこと」ことに1ページを設けているのは、彼にとって731部隊は関東軍参謀として記憶に削れぬ1コマであったからだろう。中国東北部の平房に細菌戦部隊の設置を認めさせた時のことについて、松村は石井をこのように思い起こしている。

 

彼(石井四郎)は若い頃から奇行に富み、軍医学校教官時代、筆者が参謀本部編成班に勤務中の昭和12年頃もおしかけてきて、防疫給水関係の予算とか編成とかに強力な要求をしたものである。そのためには例えば、人間の小便から作った塩だと言ってなめて見せたり、汚水から取ったという清水を飲んで見せたりして参謀本部のお偉方を驚かせて、防疫給水部の編制の拡大強化を図った。全国の医科大学を巡礼して、優秀な医者の卵を軍医として獲得するのに奔走したり、とにかく大変に企画力に富み実行力豊かな人であり、その意志の強さはまさに辻参謀に匹敵すると評判であった。




・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


東一兵自筆供述書(1954年7月16日) 

1942年5月、大肚子川憲兵分隊は、中国愛国者劉某(男、45歳、仏爺溝た炭鉱労働者)を、いわゆる「ソ連諜報工作員」であるという名目で、ハルピンの石井部隊に送って 殺害に至らしめた。

私は兵器廠から派遣された憲兵であったが、班長篠田重稔准尉及び通訳方国万の3人で、前記の被害者に対して尋問を行った。ソ連当局の彼に対する指示の内容を調べるため、そろばんの上に躓かせ、竹刀で背中を殴り、後ろ手に縛って天井から吊るし(上大挂〔このような拷問の中国名〕)、竹刀で殴るなど、残酷な拷問を加えた。その結果、彼の背中に青あざができ、血がにじみ出て、両肩を脱臼した。一か月後、少し傷が癒えると、畠山伍長に命じて石井部隊まで護送させた。搬送に先立ち、私が縄や手錠を用意した。

(1)119-2、283,1、第5号 




●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


科学者の動員による毒ガス開発の推進


戦局は、連合軍の反攻で次第に悪化し、43年中期以降、日本軍とアメリカ軍の間で毒ガス戦を巡って切迫した状況となるが(これについては第6章で検討する)、戦争末期に第6陸軍技術研究所では科学者を動員した新毒ガスの開発をより一層推進していった。

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

埋めるー中国の毒ガス弾に対する処理

 

隠れた災難はなお消えず

1991年5月、河北省石家庄付近の藁城市中学で学生寮を立てていた際、1 m半の深さまで掘り進むと、突然、表面にすでにたくさんの錆びが生じている砲弾が見つかった。錆び方がひどく、弾頭と弾体がほとんど分離しているものもあった。その中の砲弾一個は表面に「大阪」の2文字が見分けられた。当時工事現場には100人余りがいたが、彼らは手でじかに砲弾を150mほど離れた倉庫まで運んだ。ところが、その後頭痛や吐き気を訴えるものが何人かいた。こうした症状が何日も続いたため、人々の注意を引き、検査が行われた結果、これらの砲弾には「ホスゲン」が含まれており、毒ガス砲弾の一種であることが明らかになった。この時初めて人々は、この学校が戦争中は日本軍の訓練場であったことを思い出したのである。




日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


焼け火箸ー拷問の挙句に斬首

佐藤五郎
分隊員 上等兵

(旧部隊名)第59師団第109大隊

●・・・筆者からの一言(昭和57年7月)

人間とは本来、平和な生活を築くためにのみ存在するのです。にもかかわらず、戦争もまた人間が引き起こすのです。戦争を知らない若い人たちに、かつて私たちの犯した過ちを2度と繰り返さないよう、私たちが犯した過ちをありのままに正しく理解していただき、平和を築くための糧としていただき、反戦平和のために手を繋いでくださることを願ってやみません。(佐藤五郎) 


 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 日本の侵略戦争の残虐さを象徴する「731部隊」問題について、戦後1950年代から国会で繰り返し取り上げられてきました。

 しかし現在まで日本政府は「731部隊等の部隊の存在は認める。だが同部隊が細菌戦部隊であったことを裏付ける証拠は見つかっていない」と強弁し続けています。

 このように日本政府は、731部隊が細菌戦部隊であることを裏付ける証拠を隠蔽して731部隊の加害行為の被害者に対する謝罪を拒んできました。

 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器


1 自衛隊の基本戦略


生物・化学兵器の自衛隊における位置


 アーカンソー州にあるパイン・ブラフの陸軍化学兵器基地では、毒ガスのの研究が進められており、最近では放射能剤を使用した兵器(核融合反応によるエネルギーの応用でない)や、人間の生殖機能を完全に破壊したり、生きながらの廃人にしたりといった兵器の研究もすでに実用テストの段階に達しているとさえ言われている。




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

1945年7月26日に出されたボツダム宣言は、日本降伏の早期実現を目指し、最後通牒の形式をとった。ポツダムで、トルーマンはチャーチルの助言にしたがい、無条件降伏の原則を実施するために、その言葉を定義した。トルーマン大統領は、日本の指導者が愚かな行為に走らぬよう、日本が降伏する以前に「無条件降伏の諸条件」を声明することに同意した。そして、その第4番目の条件として「日本国軍隊は完全に武装を解せられたる後各自の家庭に復帰」するとの柔軟な対応を認めることに同意したのだった。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱


最悪の地球加熱装置

―原子力発電所


「電力の1/3は原子力です」と言う前に、「原発は発電量の2倍の熱量で海を加熱している」と言うべき重大事である。このようにして起こっている海水の温度上昇を、日本の一級河川に置き換えて考えてみよう。 

 



●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 バヌアツ

2017年9月20日

2018年9月26日

 ベネズエラ

2017年9月20日

2018年3月27日

 ベトナム

2017年9月22日

2018年5月17日

 ザンビア

2019年9月26日


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       














           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


08/26のツイートまとめ

buooo71

細菌戦の系譜!! https://t.co/kld62hcnPK @buooo71より
08-26 12:10

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
08-26 12:10

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/bWoXQEsfHO #アメブロ @ameba_officialより
08-26 12:07

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/v5pDVsgKqk #アメブロ @ameba_officialより
08-26 12:02

細菌戦の系譜!! https://t.co/mFNkW6H6Zz @buooo71より
08-26 11:10

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/nanETUmHtk
08-26 11:07

細菌戦の系譜!! https://t.co/f1xnzggrog
08-26 10:57

細菌戦の系譜!! https://t.co/ZU2P5NlQ1P
08-26 10:55

細菌戦の系譜!! https://t.co/BwUCZet3XE
08-26 10:53

細菌戦の系譜!! https://t.co/BwUCZet3XE
08-26 10:53

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!



【日航機墜落事故の真相】


日本政府は731部隊の免責の為に、アメリカの原爆威力調査に全面協力する!!



●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)






1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験

  第4性病の共同研究者だった石井信太郎が、この研究は伝研の特殊研究として採用されたテーマの一つであったことを認めている。特殊実験だから、実験に供されたのは当然マルタである。

 第4性病とは、梅毒、軟性下疳、淋病に次ぐ第4の性病という意味であり、1931年に正式な独立した性病であることが、ほぼ明らかになった。

 数日な数週間の潜伏期の後に、小水疱、小丘疹からなる初期感染巣ができ、局所リンパ節に広がって炎症、化膿を起こす。男性では鼠径リンパ節、女性では骨盤内リンパ節が犯される。慢性の経過を取ると、非常に複雑な症状を示すようになる。初めは熱帯のみに存在すると考えられていたが、温帯にも寒帯にも広く発生した。その本体は濾過性であり、通常の細菌用の培地では利用できないというにとどまっていた。 


 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)

はじめに

東京地方裁判所は、2002年8月27日、731部隊細菌戦国家賠償請求訴訟の判決において、原告、弁護団の提出した細菌戦の事実を認定した。しかしながら、原告の請求(謝罪と賠償)に関しては全面的に棄却した。原告代表王選さんは、内外マスコミに対して、「これは矛盾かつ不公平な判決であり、我々はもちろん控訴する」と述べた。控訴は8月30日東京高等裁判所に受理された。私は湖南経済テレビ局の記者會海波であるが、取材の為、常徳応援団と共に東京まで随行し、この判決の全過程を目撃したので見聞録を記す。







●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 

一月二三日


 写真屋(鞍山斉藤)に小見出しを入れて写真撮る 楽しい 宿営地は未だ二里余りだ。山から山 谷から谷 平康里至二里を快適行く。平康里は非常に小さき故 今一里蛾点庄で宿営だ。八里余りも雪道を歩いておまけに宿営衛兵で寝ずの番だ。兵隊商売止めだ。

 この部落は守備勤務上非常に大切な部落だ 馬賊が非常によく出て困る所 明日は午前6時半出発 最後の道 遼陽に行く 僕の泊まった所は非常に綺麗な家で、大変日本化して主人は日本語が非常に上手だ。そして親切だ。やはり日本の様子を少しでも知れば大変理解しているらしい。出来うる限り支那人と付き合うことは大切であると教えられる。


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

1、説明していただき良く分かりました。ありがとうございました。このようなパネル展を開いてくださる努力を感謝します。(男性、80代、市内)


    

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書


挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

・・・・沈黙することの不可をほとんどあらゆる思想家、文学者が口にして、被爆者に口を割ることを勧めました。私は私たちの沈黙の感情をくめないこれらの人々を憎悪していました。私たちは8月6日を迎えることはできません。ただ静かに死者と一緒に8月6日をおくることのみできます。ことごとしく8月6日のために、その日の来るのを迎える準備に奔走できません。そういう被爆者が沈黙し、言葉少なに、資料として残す、それを8月6日、一日限りの広島での思想家には理解できぬのは当然です≫

 これは広島について沈黙する唯一権利を持つ人々について書いた僕のエッセイに対する共感の言葉として書かれた手紙ではあるが、僕はそれに励まされながらも、同時に広島の外部の人間である自分の文章全体に、最も鋭い批判のムチが加えられたことにも気付かざるを得ない。

 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

松村友勝は11年4ヶ月という長い歳月、ソ連に抑留されていた。帰国したのは1956(昭和31)年のことである。それからおよそ20年後に、彼は『関東軍参謀副長の手記』(芙蓉書房)を出版した。そこで彼は


歴史の真実を究明することは至難の技である 。公式の資料は正しいものと思うが、裏面の経緯などは分からない。5人の手記は当時のものであれば、その人に関する限り正しいものであろうが、個人の得ている知識は必ずしも全般を尽くしていない。後日の記録となると、人間の記憶はそれほど信頼できるものではない。忘却があり思い違いがある。とかく自己に都合の悪い点は、悪意からではなくても忘れ去り、あるいは後日考えたことを王子から考えていたように思い違いをする。この意味で私の手記は、本格的な資料としての価値はすこぶる乏乏しいかもしれない。しかし全般的な空気を知り、傍証とするだけの意味はあると信ずる。世の軍事史研究者が広く資料を集め、比較対対照の上真実を究明するための参考ともなれば幸いである。

 

と書き記している。




・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


萩原英夫供述書(1954年9月25日)

問:老黒山憲兵分遣隊及び分隊で軍警班員、特高班員及び庶務主任をしていた際の犯罪行為について述べよ。

答:1942年1月、分遣隊の三浦卓伍長が、老黒山西村の国際運輸株式会社で、中国抗日工作員許某を逮捕した。当時私は分遣隊長の命令によって、三浦卓とともに尋問にあたり、その後、同人をハルピンの石井部隊に送って殺害に至らしめた。同年3月、三浦拓が再び老黒山第16野戦貨物場で中国抗日工作員1名を逮捕した。私と三浦卓の2人で一緒に尋問を行い、その後、三浦卓がハルピンの石井部隊に護送して殺害に至らしめた。


1942年8月、私は老黒山南村で偵察中に中国抗日工作員康永昌を発見した。彼は羅子溝に逃げたがそこで警察に逮捕された。私は分隊長米倉憲一の命令に従って、彼を連れ帰り、拷問を加えた後、石井部隊に送って殺害に至らしめた 。

 1943年5月、小川五男兵長が老黒山駅付近で中国抗日工作員1名を逮捕した。私は軍隊長の命令に従ってその男を監禁し、その後、石井部隊に送って殺害に至らしめた。 

(1)119-2、944、1、第4号




●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


科学者の動員による毒ガス開発の推進


1943年4月に、第6陸軍技術研究所は10名の科学者に研究事項を依託したが、担当者と研究内容は、東北大(応化)原龍三郎(青酸合成〉、北大(応化) 岡本剛〈アセチレンよりエチレン合成〉、東大(化学)木村健太郎〈毒物性状〉 、東大(化学) 水島三一郎〈毒物性状〉、東大(化学)鮫島実三郎〈煙の研究〉、東大(応化) 厚木勝基〈防毒衣材料〉、東大(応化)宗宮尚行〈検知研究〉、名大(医学)勝沼精蔵〈毒効力・治療〉、阪大(病理)木下良順〈毒効力〉、阪大(化学)呉祐吉〈毒物性状〉であった。(防衛庁技術研究所編『本邦化学兵器技術史』)。

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

埋めるー中国の毒ガス弾に対する処理

 

隠れた災難はなお消えず

 50年代はじめに上記のような被毒事件が起きたのは、戦争が終わって間もない頃で、その危害がまだ続いており、予測は難しいものの、まだしも想像できるのだが、戦争が終わって30年、40年ないし50年を経過した後、再びあのような傷害事件が起こるとは、驚愕すべきことだ。だが事実をかくも冷酷無情である。 

 1982年7月17日、黒竜江省東部の牡丹江市のとある基盤工事現場で、労働者たちが忙しく施工に携わっていた。地表の土を掘り返すと 、鉄製の円筒が4つ姿を現した。上にはネジで締められた口があって開けられるようになっていた。労働者たちは中に何が入っているのか知りたくて、ネジをひねった。ところがなんと、開口部から突然3 m の高さまで液体が噴き出て、周りにいた5名の労働者の身体に跳ねかかったのである。彼らは翌日病院に送ら彼らは、今もなお重い後遺症が残っており、一人の労働者は既に失明した。





日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


焼け火箸ー拷問の挙句に斬首

佐藤五郎
分隊員 上等兵

(旧部隊名)第59師団第109大隊

●・・・筆者からの一言(昭和57年7月)

「戦争」それはどんなに憎んでも憎みきれるものではありません。特に、それが侵略戦争であればなおさらです。侵略する軍隊は人間を狂わせてしまいます。狂わなければ、侵略の目的を達成できないのです。私もまた、日本帝国主義の侵略者として、数々の非人間的犯罪行為を犯して参りました。私は今、私自身の体験を通して、戦争とはこのようなものだということを知っていただきたいと願っており、このようなことが二度と引き起こされてはならないし、引き起こすことを許してはならないと、反戦平和を 訴え続けております。


 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

3 『化学学校記事』裁判の問題点と争点

裁判になっても不誠実な態度をまだまだ続けようと言うのです。許せません!!

 私達は、これに対し“『化学学校記事』第16号の編集・執筆者は、化学学校の校長、副校長、研究部員なので、『化学学校記事』第16号の編集・執筆の関係者と化学学校の20年史、40年史である『20年のあゆみ』『40年のあゆみ』に掲載されている1973年から1995年3月の間の化学学校の校長、副校長、研究部の役職員の名前を挙げて聞き取り調査を行なうべきだ”と求めています(末尾年譜参照)

 ところが、つい最近被告は「本件訴訟の争点と関連性がない」等と開き直って私達の要請に誠実に応じようとしません。

 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器


1 自衛隊の基本戦略


生物・化学兵器の自衛隊における位置


 その生物学兵器基地ではサル、モルモット、ハツカネズミ、ウサギなどの実験動物を使ってペスト、破傷風などの細菌、ウイルス、毒素を戦略的攻撃兵器として開発研究しており、実験に供される動物は、年間70万頭に上ると言われている。最近では、航空宇宙学の研究と共に並行したさらに強力な生物剤の開発が始められたと言われる。




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

グルーはすぐさま国務省の同僚の「中国グループ」から猛烈な反発を受けることとなった。 彼らは天皇を擁護し、将来にわたって皇室の存在を保障することは、日本ファシズムの本質との妥協に他ならないと主張した。彼ら、つまり、ディーン・アチソンや詩人で後に議会図書館に勤務するアーチボールド・マクリューシュ、ジェームズ・バーンズは、日本の政治情勢に対するグルーの認識が以前から間違っていること、彼が天皇や日本の保守層の「穏健派」をかばおうとしていることに気づいていた。中国派の彼らは、日本とその軍国主義や戦争の思想的な中心である天皇を、ドイツ以上に寛大に取り扱ったり、そのような寛大な処置により国内外から日本に宥和的であるとの好ましからざる印象を招くことは、特に避けたかったのである。このようりな官僚間の見解の相違は、ワシントンの最高レベルにおいてアメリカの戦争目的に関する明確な一致がなかったことを示していた。さらに重要なのは1945年春から夏にかけて、戦争目的と戦後政治との相関関係が重要視されてきたことである。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱


最悪の地球加熱装置

―原子力発電所


 温排水によって海に捨てられる熱量はどれくらいになるだろうか。2010年7月現在、商業用原子炉54基の合計で4911、2万 KW の「電気出力」を持っている。その2倍の約1億 kw の膨大な熱で海を加熱しているのが原発だということになる。この熱量を言い換えると、日本全体では毎日、広島に投下された原爆100個に相当する巨大な熱量で海を加熱しているのである。広島の原爆は一瞬で蜂を焼き尽くして跡形もなく消消し、14万人の命を奪ったが、それが毎日100個あればどうなるか 。これで海の生態系が壊れないはずがない。誰にでもわかることだ。

 



●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 トリニダード・トバゴ

2019年9月26日

2019年9月26日

 ツバル

2017年9月20日

 

 タンザニア

2019年9月26日

 

 ウルグアイ

2017年9月20日

2018年7月25日


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       












           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


08/25のツイートまとめ

buooo71

細菌戦の系譜!! https://t.co/FcJL4pwnEA @buooo71より
08-25 09:51

日中戦時に中国と日本で起こったことを書きたい!! #細菌戦
08-25 09:51

細菌戦部隊(731部隊と100部隊)パネル展を開催しませんか?⇒ https://t.co/OqvcoLSAMS #アメブロ @ameba_officialより
08-25 09:49

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/FWZFaXdmHV #アメブロ @ameba_officialより
08-25 09:45

細菌戦の系譜!!⇒ https://t.co/GkL5pWRI6b #アメブロ @ameba_officialより
08-25 09:43

細菌戦の系譜!! https://t.co/FXlMDj5H3S @buooo71より
08-25 09:31

はてなブログに投稿しました #はてなブログ細菌戦の系譜!!  - 731からフクシマまでhttps://t.co/C2thuYjgik
08-25 09:27

細菌戦の系譜!! https://t.co/dp583hxNmD
08-25 09:24

細菌戦の系譜!! https://t.co/zSU2HUNkoo
08-25 09:22

細菌戦の系譜!! https://t.co/CM3x7yz1IP
08-25 09:19

続きを読む

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

   ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!



【日航機墜落事故の真相】


日本政府は731部隊の免責の為に、アメリカの原爆威力調査に全面協力する!!

「黒い雨」訴訟 控訴に原告「非常に憤り感じる」(20/08/12)








●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)









1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験

1935年2月の雑報、19巻2号に、次のような記事が掲載されていた。

1935年1月24日(木)午後1時から 所内(伝研内) 講堂において、学術集談会が開催され、宮川米次、三田村篤志郎、矢追秀武、石井信太郎、中島壽、岡西順二郎、渡辺漸、佐藤久蔵の諸氏(彼らは第4性病第1回報告の共同研究者)より、第4性病の病原体に関する研究が報告された。来聴者多数で開会前に満員の状態であった。なお林春雄、稲田龍吉名誉教授、陸海軍の関係者の来場は注目を引いた。同講演の詳細は、本誌1月号に掲載された。

 または当日は、多数の標本について新小体の供覧があった。また病原体接種の猿の発病状態を活動写真(映画)でに如実に示した。なお同講演後東大皮膚科の長谷川宗憲(東大、1923年卒)、慶大の小林六造から追加発言があった。 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

細菌戦裁判第1審判決ドキュメント

                                 ー嵐の4日間ー

                                                      中谷真紀子 (大学生)

◆希望を捨てないー最後にー

 日本が、今後アジアの国々との関係を真剣に考え、真の国際化を実現しようとするのなら、戦後補償は避けて通れない問題である。過ちを認めて、被害者の声に耳を傾け、戦争について知ることが、私たちには強く求められている。

 そして、今後個人に対する補償が実現されたとしても、それで終わってはいけない。次の時代を担う私たち若者が、被害者の言葉を真に受け止め、その痛みを胸に刻み、戦争中に行われたことを忘れずに、さらに後世に伝えていくことこそが、日本が同じ過ちを繰り返さないためにできる被害者への償いの一つだろう。私は、これを同世代の若者に訴えたい。








●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難